Jami

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jami
Jami-logo-gnu-package.svg
Jamiのロゴ
リポジトリ ウィキデータを編集
対応OS Linux、Android、Android TV、Windows、macOS、iOS
種別 メッセンジャー
ライセンス GPLv3
公式サイト jami.net
テンプレートを表示

Jamiは、プライバシーを尊重したオープンソースメッセンジャーソフトウェアである[1]。メッセージ送受信などの通信はP2P形式で行われ、全ての通信はエンドツーエンド暗号化される[1]

概要[編集]

Jamiは「アカウント」を作成後、他のユーザーを連絡先として追加することでメッセージのやり取りを行う。基本的に「アカウント」の作成にメールアドレス電話番号などは必要なく、「アカウント」はローカルで作成され、アプリケーションを削除すると「アカウント」も削除される[2]。複数の端末で同じ「アカウント」を使用したい場合は「リンク」を行う。

Jamiの主な機能はメッセージの送受信、ファイルの送受信、音声通話、ビデオ通話などである。

暗号化[編集]

Jami内の全ての通信はエンドツーエンド暗号化される。これはメッセージのやり取りなどの通信が全てP2Pで行われ、サーバ等を経由していないためである。通信の暗号化には、TLS 1.3が使用されている[2]

通信形式[編集]

JamiはP2P形式で通信を行うため、メッセージを送受信したい場合はメッセージを「送信するユーザー」と「受信するユーザー」の両方がネットワークに接続している必要がある。

この場合におけるネットワークは「インターネット」または「同一のローカルネットワーク」のことで、両方のユーザーが同時にネットワークに接続していれば通信が行える[1]

また、サーバ等を経由せずP2Pで通信を行うため、他のメッセンジャーソフトウェアと比較して転送速度が高速である[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Jami” (日本語). Jami. 2020年5月16日閲覧。
  2. ^ a b よくある質問” (日本語). Jami. 2020年5月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ウェブサイト・SNS[編集]

ダウンロードリンク[編集]