インスタントメッセージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

インスタントメッセージ(略してIMとも呼ばれる)とは、コンピュータネットワーク(主にインターネット)を通じて利用される、コミュニケーションアプリケーションであるインスタントメッセンジャーが提供する機能の一つ。もしくは、そのソフトウェア自体の事である。

概要[編集]

名前の通り、「相手に即座に届くメッセージ」の事を指すが、 基本的に「専用ソフトウェアを必要とするチャット」だと考えれば、大筋で間違いではない。 その為、チャットと同一視される事もあり、同機能として扱われているソフトウェアも多い。 近年のクラウドサービスの普及によってWeb上だけで行えるサービスもあり、チャットとの境界はより曖昧になっている。

チャットと違う点は、基本的に第三者が入って来る事が出来ず、余所には覗き見られないと言う点である。しかし、暗号化などの対策されていない場合は盗聴・解析などによって他者に盗み見られる可能性も存在している[1]

DOSコマンドでは「NET SEND」、主にユーザー間で携帯電話メールでやり取りするような短いメッセージを送受信したり、ユーザー向けに一斉にメッセージを送るために使用する。


歴史[編集]

ユーザへのメッセージの通信という意味では1960年代半ばのMulticsタイムシェアリングシステムにおけるメッセージ通知まで遡り、UNIXコマンドのtalkを経て、 幾多のチャットシステム等と共に進化を歩んできた。

1985年に開発されたBITNETのInterchat Relay Network(en:BITNET Relay)が世界最初のインスタントメッセージングシステムと言われている(このBITNET Relayから着想を得てIRCが生まれた)。

商用サービスとしては、1989年に米国のオンラインサービスであるQ-Link(en:Quantum_Link)にてオンラインメッセージとしてIM機能が提供されている[2]

インターネット接続が普及し始めた1990年代中頃、ICQなどのインスタントメッセンジャーにより普及・サービスの競争激化を引き起こした。 2002年にはAOLが技術特許を取得している[3]

2000年代後半からのスマートフォンなどのスマートデバイスの普及、ソーシャル・ネットワーキング・サービスにおけるIM機能(及び類似機能)、クラウドサービスの普及からのIM機能をも内包した(もしくは類似した)チャットサービスの増加などにより、新たに競争が激しく行われている。


関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]