ICQ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ICQ
開発元 ICQ
最新版
10.0.46867 / 2022年6月5日 (デスクトップ)
リポジトリ ウィキデータを編集
対応OS Windows XP · Vista · 7 · 8 · 10 · macOS · Linux · iOS · Android
種別 インスタントメッセンジャー
ライセンス ICQ EULA
公式サイト ICQ.com
テンプレートを表示

ICQ(アイシーキュー)は、1996年11月15日イスラエルのMirabilis社により開発されたインスタントメッセンジャー(以下IM)である[1]。このICQという名称は、"I seek you"のフレーズに由来する。

概要[編集]

IMの草分け的存在であり[2]、2022年現在もサービスが続いているが、今日では後発のソフトウェアにシェアを奪われている。

Mirabilis社は1998年AOLに買収され[3]2010年にはロシアのDigital Sky Technologies(en:Digital Sky Technologies)(現:Mail.Ruグループ)に売却された[4]

多彩な機能と優れたユーザインタフェースが支持を受け、約4年で登録ユーザー数が1億人を越え、全盛期には世界中で1千万人以上のユーザが利用していた[5]。 一時スパム行為が蔓延したため、フィルタ機能が充実している。相手のコンピュータP2Pファイル転送が可能なことも当時としては画期的な特徴であった。現在もアップデート、また新規OSへの対応が続けられている[6]

複数の言語に対応しているものの、インタフェースは基本的に英語表示(AndroidとiOSでは日本語表示されている)であるが、そのままでも日本語メッセージを送受信できる(バージョンによっては文字化けが発生する)。かつては非公式配布による日本語化パッチも存在し[7][8]、一時的ながら公式に日本語版のあるバージョンが配布された事もあった[9]。また、互換クライアントも多数開発されている。

AOLに買収された際に、AIMとプロトコルが共通化され(OSCARプロトコル)、ICQとAIM、iChat間で相互通信が可能であった(現在のバージョンでは不可能)。

バージョン7では、Facebookチャットへの対応、Facebookの閲覧、投稿、Twitterへの投稿など、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとの連携が強化された。バージョン7.6ではGoogle トークGoogle+ユーザーとのチャットにも対応した。バージョン8ではTwitterの閲覧、投稿はできなくなったが、Jabber(XMPP)とMail.ru Agent(ru:Mail.Ru Агент)に対応し、統合メッセンジャーとも言えるほどだったが、現在これらの機能は削除されている(現在、バージョン8以前を使ってもソーシャルネットワークとの連携機能は使えない)。

2020年にはそれらの機能を一新させたICQ Newを公開している。[10]

WEB ICQ(https://web.icq.com/)(旧名:ICQ2go)という公式サービスを使用する事で、Web上からの利用も可能。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Press Releases - ICQ.com(Web archiveより)
  2. ^ ICQ以前にも同様なシステムのあるサービスやチャットソフトも存在したが、一般へのインターネット普及時の1996年に接続プロバイダに関係なくICQ登録者同士で気軽にメッセージが交換できた事から多くの人に利用されるようになり、最初に普及したIMと言える。
  3. ^ AOL、「ICQ」を買収(1998年6月8日)
  4. ^ 露投資ファンド、ICQの買収を完了: The Voice of Russia - ウェイバックマシン(2010年7月18日アーカイブ分)(2010年7月)
  5. ^ ICQの登録ユーザーが1億人を突破(2001年5月9日)
  6. ^ ICQ上で通話やビデオ通話は、現在暗号化されています(イタリア語)(2015年5月24日)
  7. ^ Windows版ICQの日本語化ソフトが登場(1998年4月1日)
  8. ^ 窓の杜 - 【特集】海外製ソフトを日本語化して使ってみよう!
  9. ^ 米ICQ、定番メッセンジャーソフト「ICQ Lite」の公式日本語版をリリース(2003年1月27日)
  10. ^ Mail.ru Group перезапустила мессенджер ICQ — РБК(ロシア語)(2020年4月6日)

関連項目[編集]

プロトコル互換ソフト[編集]

外部リンク[編集]