GnuTLS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
GnuTLS
GNUTLS-logo.svg
作者 Free Software Foundation
開発元 Nikos Mavrogiannopoulos, Simon Josefssonら [1]
最新版
stable 3.5.18 / 2018年2月16日(8か月前) (2018-02-16[2]
stable-next 3.6.2 / 2018年2月16日(8か月前) (2018-02-16[2]
[±]
最新評価版 [±]
リポジトリ gitlab.com/gnutls/gnutls.git
プログラミング言語 C言語
対応OS マルチプラットフォーム
対応言語 14言語 [3]
サポート状況 開発中
種別 セキュリティライブラリ
ライセンス LGPL 2.1+
公式サイト https://www.gnutls.org/
テンプレートを表示

GnuTLSGNU Transport Layer Security; グヌーティーエルエス)はSSL/TLSDTLSプロトコルフリーなライブラリー実装のひとつである。アプリケーションがネットワーク通信層を越えて安全な通信プロトコルを利用できるようAPIを提供することを目的とする。GnuTLSには以下の機能がある [4]

当初はその名の通りGNUプロジェクトの一環として開発されていたが、2012年末にGNU傘下から離脱しGNUから独立して開発が行われることになった。[5]

GnuTLSはGNU LGPLのライセンス下にあるが、いくつかの部分は GPLのライセンスを受けている。

GnuTLSはTLSのようなプロトコルをGNUプロジェクトのアプリケーションで扱えるようにすることを目的として作成された。既にOpenSSLは開発されていたが、OpenSSLのライセンスはGPLに対し非互換[6]であるため、GPLの下にあるソフトウェアはOpenSSLを使えなかった。

GnuTLSはGNOMEや、CenterIMEximMuttSlrnLynxCUPS[1]で用いられている。

脚注[編集]

  1. ^ GnuTLS”. 2013年10月29日閲覧。
  2. ^ a b GnuTLS”. 2018年5月10日閲覧。
  3. ^ 50音順にイタリア語、ウクライナ語、英語、エスペラント語、オランダ語、スウェーデン語、チェコ語、中国語、ドイツ語、フィンランド語、フランス語、ベトナム語、ポーランド語、マレー語。
  4. ^ The GnuTLS Transport Layer Security Library”. 2013年6月4日閲覧。
  5. ^ gnutls is moving [LWN.net]” (2012年12月10日). 2018年9月9日閲覧。
  6. ^ Mark McLoughlin (2004年6月22日). “The OpenSSL Licence and The GPL”. 2007年6月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]