GNUパッケージ一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

GNUパッケージ一覧では、GNUプロジェクトの一部としてFree Software Foundationによって開発・保守されているパッケージソフトウェアのうち、注目に値するを列挙する。GNUフリーソフトウェアのみで構築されたUnix系オペレーティングシステムである。これらのパッケージソフトウェアの多くは同時にLinuxカーネルを完全なオペレーティングシステムにするためにも使われている。

GNUパッケージになるとは[編集]

2013年に、リチャード・ストールマンは通例GNUパッケージになる9つの局面を認定した[1]。ただし、彼は次のような理由の場合、例外になるかも知れないと注釈をつけた[2]

  1. GNUパッケージと呼ばれるべきもの。
  2. ftp.gnu.org や他の誰でも自由なアクセスが可能なウェブサイト経由で配布されるべきもの。
  3. パッケージのホームページがGNUのウェブサイトにあるべきもの。
  4. 開発者たちがソフトウェアが他のGNUパッケージと相性が良くなるように注意を払わなければならないもの。
  5. ドキュメントがTexinfo形式であるべきもの、または簡単にそれに変換できるべきもの。
  6. GNU Guile形式であるべきもの。但しこれに関しては例外が普通にあり得る。
  7. 他のどんなフリーでないプログラム・ソフトウェアを使っていたり、フリーでないドキュメントを参照していたりするべきでないもの。
  8. GNUの専門用語を使用しているもの。例えば「オープンソース」ではなく「フリーソフトウェア」など。
  9. 保守者に簡単にコンタクト可能であるべきもの。少なくとも流暢にプログラムの問題は互換性の問題を修正ついて議論できること。

ベースシステム[編集]

GNUオペレーティングシステムには公式のベースシステムはない。GNUは1980年代にUNIXの代わりになるように計画されており、POSIXの規格を元としている。しかし、どちらの規格もかなりの大きさのベースとなるシステムを求めていた。下記のリストはより下にある節のリストよりも「核」に近いようなパッケージである。もちろん含まれているもの(plotutilsなど)と除外されているもの(標準Cライブラリ)には異論もある。

ベースシステム
パッケージ名 説明 提供されるプログラム バージョン [注 1]
bash GNUのUNIX互換のシェル bash 4.4.19[3] ウィキデータを編集(2018-2-6)
coreutils 基本的なコマンド
fileutils
chgrp
chown
chmod
cp
dd
df
dir
du
ln
ls:mkdir
mkfifo
mknod
mv
rm
etc.
textutils
cat
cksum
head
tail
md5sum
nl
od
pr
tsort
join
wc
tac
paste
etc.
shellutils
basename
chroot
date
dirname
echo
env
groups
hostname
nice
nohup
printf
sleep
etc.
8.29[4] ウィキデータを編集(2017-12-27)
cpio アーカイバー cpio 2.12[5] ウィキデータを編集(2015-9-12)
diffutils ファイル間の差分表示 diff, cmp, diff3, sdiff 3.6(2017-5-21)
findutils英語版 検索ユーティリティ find, locate, xargs 4.4.2 ウィキデータを編集(2009-6-6)
finger ユーザー情報 n/a 1.37, (October 28, 1992)
grep ファイルから文字列検索 grep 2.25[6] ウィキデータを編集(2016-4-22)
groff ドキュメント処理システム (groff) groff 1.22.3 ウィキデータを編集(2014-11-4)
GRUB ブートローダー (GRand Unified Bootloader) grub 2.02[7] ウィキデータを編集(2017-4-25)
gzip 圧縮ソフト (gzip) gzip 1.9[8] ウィキデータを編集(2018-1-7)
hurd [注 2] UNIXと同じ動作をするマイクロカーネル n/a 0.9[9] ウィキデータを編集(2016-12-18)
inetutils ネットワークユーティリティ ifconfig, inetd, Telnet, talk, rcp, rlogin, WHOIS, traceroute, ping ウィキデータを編集 1.9.4[10] ウィキデータを編集(2015-6-10)
linux-libre Linuxカーネルからソースコードを含まなかったり、難読化されていたり、プロプライエタリなライセンスの元にリリースされていたりするようなソフトウェアを全て除去したバージョン n/a 4.15.13-gnu[11] ウィキデータを編集(2018-3-25)
plotutils クロスプラットフォーム graph, libplot, libplotter 2.6 (2009年9月27日)
readline コマンドラインを読む readline 7.0[12] ウィキデータを編集(2016-9-16)
screen 端末多重接続プログラム screen 4.6.2[13] ウィキデータを編集(2017-10-23)
sysutils[注 3] ユーザー、グループ、パスワード、シェルの管理をするシステムユーティリティ add-shell, chage, chfn, chgroup, chgrpmem, chpasswd, chsh, chuser, cppw, expiry, gpasswd, grpck, gshadow, hwclock, isosize, last, lastlog, login, lsage, lsgroup, lsuser, mkgroup, mkuser, nologin, passwd, pwck, remove-shell, rmgroup, rmuser, setpwnam, vipw, wall, write 0.1.6[14] (2009年)
tar ファイルを様々な形式にできるアーカイバー tar 1.28[15] ウィキデータを編集(2014-7-27)
texinfo ドキュメントシステム n/a 6.0[16] ウィキデータを編集(2015-6-26)
time コマンドの実行時間を計測するプログラム time 1.7.2[17] ウィキデータを編集(2015-1-22)

注釈[編集]

  1. ^ 安定版。Gentooなど、ディストリビューションの中には、安定版が少々古いため開発版を使っているものもある。
  2. ^ Note that because HURD is under active development, there is no stable version. Hurd is distributed through version control systems.
  3. ^ 安定版は無い。現在のバージョンはここに挙げるのは不適切かもしれない。

ソフトウェア開発[編集]

ここに挙がっているソフトウェアは一般的にソフトウェア開発プログラミングに役立つものである。

GNUツールチェーン[編集]

その他のライブラリ・フレームワーク[編集]

次のライブラリフレームワークはよく上記のものと同時にソフトウェアをビルドするのに使われる。GUI関連は、GUIを参照。

その他のコンパイラ・インタプリタ[編集]

これらのソフトウェアはGCC以外のプログラミング言語のコンパイラ・インタプリタである。

その他の開発者用アプリケーション[編集]

ユーザーアプリケーション[編集]

次に挙げるソフトウェアは、ソフトウェア開発に従事していない人たちにとっても一般的に役立つものである。

GUI[編集]

次に挙げるパッケージはGUIデスクトップ環境ウィンドウマネージャ、それに関連付けられたグラフィックのライブラリである。

  • GIMP (GNU Image Manipulation Program) – 画像処理ソフト (Photoshopに似ている)
  • GTK+ – GIMPのために開発された、GTK+、GDK、GLibなどのライブラリのセット (GIMPやGNOMEで使われている)
  • GNOME (GNU Network Object Model Environment) – GNUの公式デスクトップ環境
  • GNUstepCocoaOPENSTEPのライブラリやグラフィカルアプリケーション開発環境
  • Window Maker – GNUstepを取り巻くウィンドウマネージャ

管理ツール[編集]

データベース[編集]

  • GnowSys
  • GNU dbm (GDBM)
  • GNU Ferret (Free Entity Relationship and Reverse Engineering Tool) – SQLデータベースデザイナー

科学関係[編集]

インターネット[編集]

A user page at a GNU MediaGoblin 0.2.0–based website

オフィス[編集]

マルチメディア[編集]

  • 3DLDF – 3Dのダイアグラム生成 (TeXに埋め込むことを意図している)
  • Dia – ダイアグラム生成
  • GnashAdobe Flashのファイルの読み書きをするプラグイン
  • GNU LibreDWG.dwgファイルの読み書きのライブラリ (CADで用いられる)
  • GNU LilyPond – 音処理アプリケーション
  • Gnu Maverik – 仮想マイクロカーネル
  • Gnu Panorama – 3Dフレームワーク、ray tracing

ゲーム[編集]

ビジネス・アプリケーション[編集]

  • GNU Health – 健康・病院に関する情報
  • GNUmed – 診療マネージャ
  • GnuCash – ファイナンシャル・アカウンティングのアプリケーション
  • GNU remotecontrol[23] – ウェブアプリケーション

フォント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Stallman, Richard (2013年4月3日). “Re: On the subject of Git, Bazaar, and the future of Emacs development”. emacs-devel mailing list.. https://lists.gnu.org/archive/html/emacs-devel/2013-04/msg00109.html 2014年8月25日閲覧。 
  2. ^ Stallman, Richard. “Re: On the subject of Git, Bazaar, and the future of Emacs development”. emacs-devel mailing list.. https://lists.gnu.org/archive/html/emacs-devel/2013-04/msg00163.html 2013年4月3日閲覧。 
  3. ^ https://git.savannah.gnu.org/cgit/bash.git/commit/?id=b0776d8c49ab4310fa056ce1033985996c5b9807; 閲覧日: 11 2月 2018.
  4. ^ [coreutils-announce coreutils-8.29 released [stable]]”. 12 1月 2018閲覧。
  5. ^ http://www.gnu.org/software/cpio/; 閲覧日: 4 4月 2017.
  6. ^ grep-2.25 released”. 11 5月 2018閲覧。
  7. ^ GRUB 2.02 release” (英語) (26 4月 2017). 11 5月 2018閲覧。
  8. ^ https://git.savannah.gnu.org/cgit/gzip.git/tag/?h=v1.9; 閲覧日: 19 1月 2018.
  9. ^ GNU Hurd 0.9, GNU Mach 1.8, GNU MIG 1.8 released.” (英語). 11 5月 2018閲覧。
  10. ^ GNU inetutils 1.9.4 released” (英語) (10 6月 2015). 11 5月 2018閲覧。
  11. ^ https://linux-libre.fsfla.org/pub/linux-libre/releases/4.15.13-gnu/; 閲覧日: 28 3月 2018.
  12. ^ "Readline-7.0 Release available"; 閲覧日: 19 9月 2016; 設立: 16 9月 2016.
  13. ^ GNU Screen v.4.6.2”. 3 1月 2018閲覧。
  14. ^ subversion repository NEWS file of sysutils retrieved 2013-07-23
  15. ^ https://directory.fsf.org/wiki/tar.
  16. ^ http://savannah.gnu.org/forum/forum.php?forum_id=8303.
  17. ^ https://directory.fsf.org/wiki/time.
  18. ^ https://www.gnu.org/software/mc/
  19. ^ GNU LibreJS”. The Free Software Foundation. 2014年12月8日閲覧。
  20. ^ GNU Software”. GNU.org. 2015年9月24日閲覧。
  21. ^ GNU Taler - Taxable Anonymous Libre Electronic Reserve”. 2015年9月24日閲覧。
  22. ^ Marston, Tim (2013年6月7日). “GNU Typist 2.9.3 released”. info-gnu. http://lists.gnu.org/archive/html/info-gnu/2013-06/msg00002.html 2013年6月9日閲覧。 
  23. ^ GNU remotecontrol”. directory.fsf.org. FSF. 2013年9月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]