CLISP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
CLISP
作者 Bruno Haible、Michael Stoll
初版 1987年4月 (35年前) (1987-04)
最新版
2.49 / 2010年7月7日 (12年前) (2010-07-07)[1]
リポジトリ ウィキデータを編集
プログラミング
言語
Common Lisp
対応OS クロスプラットフォーム
種別 コンパイラインタプリタ
ライセンス GNU GPL v2+
公式サイト clisp.sourceforge.io ウィキデータを編集
テンプレートを表示

CLISPCommon Lisp実装で、元々はアタリの為にBruno Haibleとミヒャエル・シュトール (Michael Stoll) が開発した。現在はGNUプロジェクトの1つである。CLISPはデバッガや、ソケットインタフェース、高レベル他言語インタフェース、しっかりとした国際化サポート、オブジェクトシステム(CLOSMOP)と同様にインタプリタバイトコードコンパイラの両方を含んでいる。C言語とCommon Lispで書かれている。

Bruno Haibleは当初はCLISPをGPL下に置こうとはしなかったが、公表されているリチャード・ストールマンと交わしたEメールにあるように、彼は結局そうする事を決めた。問題となる論点はCLISPがGNU Readline ライブラリの派生物なのかどうかと言う事だった。

CLISPは非常に移植性に優れ、ほぼ全てのUnixベースのオペレーティングシステムおよび、Windowsでも動作する。インタープリタのバイトコードは普通コンパイルされたネイティブバイナリより動作が遅いが、これは大きな問題であるとは限らない(特にI/OがボトルネックとなるWeb開発のようなアプリケーションの場合)。

ポール・グレアムはCLISPをViawebスタートアップのソフトウェアを動作させる為に使った。Viawebは最初のウェブアプリケーションであり、その一部はYahoo! Storesとして未だに存在している。

公式のリリースは古くなっているが、リポジトリから最新のソースコードを入手できる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ NEWS”. GitLab. 2019年10月22日閲覧。

外部リンク[編集]