Plotutils

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Plotutils
開発元 GNUプロジェクト
最新版 2.6 / 2009年9月27日[1]
対応OS クロスプラットフォーム
ライセンス GNU General Public License
公式サイト plotutils 公式ページ
テンプレートを表示

Plotutils (GNU plotting utilities) は二次元のベクトル形式の画像を生成し、様々な画像形式で出力するためのライブラリである。

概要[編集]

plotutils はGNU プロジェクトの一つとして開発が進められており、GPL にしたがった利用、再配布が認められている。フリーの対話的プロットソフトウェアとして知られている gnuplot は利用するためのライセンスが GPL とは非互換であり、GPL のものを利用したい場合には plotutils が候補となる。

plotutils はGNU PSPP や UMLgraph で利用されており、GNU Scientific Library の開発チームも上述の理由からその利用を推奨している[2]。また debian をはじめとする主要なLinuxディストリビューションやcygwinにもパッケージとして含まれている。C および C++言語バインディングが用意されており、ライブラリに加えて単独でデータをプロットするプログラム、画像形式を変換するプログラム、スプライン補間を行うプログラム、常微分方程式系を数値的に解くプログラムもパッケージに含まれている。なお GUI を備えたプログラムは含まれていない。

機能[編集]

サポートする出力形式[編集]

コマンドライン・プログラム[編集]

  • GNU graph (リアルタイムでデータを二次元プロットする)
  • GNU plot (GNU Metafile 形式の画像データを他の形式に変換する)
  • GNU tek2plot (Tektronix 形式の画像データを他の画像形式に変換する)
  • GNU pic2plot (pic言語 の画像データを他の画像形式に変換する)
  • GNU plotfont (サポートされている各画像形式で利用可能なフォントのキャラクタ・マップを表示する)
  • GNU spline (データのスプライン補間を行う)
  • GNU ode (一つあるいは複数の常微分方程式からなる系を数値積分する)

開発の経緯[編集]

古くは Unix に備わっていたプロット・ユーティリティから派生したプログラムがいくつかあった。ベル研からリリースされた Unix には最初から graph とプロット・フィルタが搭載されていた。また Unix の version 7 からは `graph'、`plot'、`spline' と `libplot' が標準で搭載されていた。`libplot' は当時は、出力機器に依存する機能がいくつかあった。最初にサポートされた出力機器は Tektronix の 611 ストレージ・スコープであった。1980 年以降、サポートされる機器は非常に増えた。

1989 年に `graph'、`plot'、`tek2plot'、`spline' とそれぞれの付属文書の最初の GNU 版がリリースされた。リチャード・ストールマンはその開発続行を指示し、1991 年には `GNU graphics' という名前でリリースされた。

1995 年に、`libplot' の機種依存性を解消し、`graph' をリアルタイム・フィルタとしてスクラッチから実装し直してリリースされた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公式ウェブページにはアナウンスが (9年間ほど) 出ていなかったが、GNU の公式 FTP サイトにはアップロードされていた。
  2. ^ GSL reference manual および GSL design guide 参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]