Window Maker

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Window Maker
Window maker freebsd screenshot.jpg
FreeBSD5.3上で動作するWindow Maker 0.91.0
開発元 Window Maker developers
初版 1997年
最新版 0.95.7 / 2015年8月2日
対応OS Unix系
種別 ウィンドウマネージャ
ライセンス GNU General Public License v2
公式サイト http://www.windowmaker.org/
テンプレートを表示

Window Makerウィンドウメーカー)は、Unix系オペレーティングシステムでアプリケーションソフトウェアの利用を視覚的に可能にする、X Window System用のフリーでオープンソースウィンドウマネージャである。OpenStep互換環境であるNeXTSTEPGUIを模倣する事を目指している。GNUプロジェクトに所属している。

概要[編集]

デスクトップに四角いアイコンをつなげて並べる、「ドック」と呼ばれる機能が特徴。クリップの形をしたアイコンがメインとなる。

Window Makerは、他のウィンドウマネージャやOSと比較してサイズが小さく、機能が簡素である。そのため、

  • 余計な機能がなくて使いやすい
  • 操作や仕組みの理解が容易で、カスタマイズが簡単で解り易い
  • 動作が早くて軽い
  • 古いマシンでも使える

などの利点がある。

1990年代後半ごろでは、いくつかのディストリビューションで標準のウィンドウマネージャとして採用されていた(日本では、1990年代末の時点で代表的な日本産ディストリビューションであったVine Linuxで採用されていたのが有名)。 しかし2011年現在、Window Makerを標準で採用しているディストリビューションは少なくなっている。

UbuntuDebianOpenSUSEなどのメジャーなディストリビューションに後からインストールして使うこともできる。

WINGs Display Manager(WDM)や多くのdockappsなどのWINGsウィジェットを他のアプリケーションと共有して使用する。Window MakerのDock, Clipに統合されたアプレットは、AfterstepのWharfと互換性がある。

歴史[編集]

Windows Makerは、元々、AfterStepを改良してGNUstepデスクトップ環境とするために、ブラジルのプログラマー、アルフレッド・コジマ(Alfredo Kojima)によって開発された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]