wc (UNIX)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

wc(ダブリューシー、Word Count の略)はUNIXオペレーティングシステムのコマンドの一種。

標準入力か指定されたファイルのリストを読み込み、各種統計情報を生成する。出力情報としては、バイト数、単語数、行数(改行文字の個数)などがある。複数のファイル名を指定した場合、各ファイルの情報と合計が表示される。

wc の実行例を以下に示す。

$ wc ideas.txt excerpt.txt 
     40     149     947 ideas.txt
   2294   16638   97724 excerpt.txt
   2334   16787   98671 total

最初のカラムは行数、2番目のカラムは単語数、最後のカラムは文字数である。

最近の wc はバイト文字を区別できる。これはUnicodeの多バイト文字を含む場合に差が生じる。どちらを表示させるかはオプションで -c-m を使うことで指定できる。

GNU wcはかつてGNU textutilsパッケージに含まれていたが、現在ではGNU coreutilsに含まれている。

使用法[編集]

   wc -l <ファイル名> 行数を表示
   wc -c <ファイル名> バイト数を表示
   wc -m <ファイル名> 文字数を表示
   wc -L <ファイル名> 最長行を表示(GNU 拡張)
   wc -w <ファイル名> 単語数を表示

外部リンク[編集]

  • wc(1) wcコマンドのmanページ JM Project
  • wc(1) man page(SunOS リファレンスマニュアル)
  • wc(1) man page(HP-UX リファレンス)