cmp

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

cmpコマンドラインのユーティリティであり、UNIXおよびUNIX系オペレーティングシステムで使用される。cmpは任意のタイプの二つのファイルを比較して、比較した結果を標準出力に出力する。デフォルトでは、二つのファイルが同一の場合は何も出力しない;二つのファイルが異なる場合は、最初の差異が発生した箇所のバイト位置と行番号を報告する。

オプション[編集]

cmpはコマンドラインのオプションを指定して使うことが多い。GNUバージョンのcmpは以下のようなオプションを持っている:

-b, --print-bytes 
異なるバイトを表示する。
-i SKIP, --ignore-initial=SKIP 
入力された最初のSKIPバイトを無視する。
-i SKIP1:SKIP2, --ignore-initial=SKIP1:SKIP2 
FILE1の最初のSKIP1バイトとFILE2の最初のSKIP2バイトを無視する。
-l, --verbose 
異なるバイトの全てについて、バイト位置と値を出力する。
-n LIMIT, --bytes=LIMIT 
最大でLIMITバイトまでのバイトを比較する。
-s, --quiet, --silent 
何も出力せず、終了コードのみを返す。
-v, --version 
バージョン情報を出力する。
--help 
ヘルプファイルを出力する。

返り値[編集]

  • 0 - 二つのファイルが同一である。
  • 1 - ファイルが異なる。
  • 2 - 引数にアクセスできない場合または引数がない場合。

関連項目[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]

マニュアル[編集]

  • cmp(1) - Linux JM Project
  • cmp(1) - FreeBSD jpmanプロジェクト
  • cmp(1) - OpenBSD(英語)
  • cmp(1) - SunOS リファレンスマニュアル
  • cmp(1) - HMUGリファレンスマニュアル(英語)
  • cmp - diffutilsパッケージに含まれているGNU cmpのマニュアル(英語)