cksum (UNIX)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

cksumコマンドはUnix系オペレーティングシステムのコマンドであり,ファイルの巡回冗長検査を算出する。 cksumコマンドはSingle UNIX Specification (IEEE Std 1003.1-2008) で定められている。

check sum検査合計)という英語に由来する名前ではあるが,実際には巡回冗長検査を算出する。

使用法[編集]

オプションは取らず[注釈 1],対象のファイル郡を第1引数に指定する[2](SYNOPSIS)。 ファイルが指定されなければ標準出力を入力と見做す[2](OPERANDS)

$ cksum [ファイル...]

出力は,巡回冗長検査及び各ファイルの容量である[2](STDOUT)。 巡回冗長検査には幾つか変種があるが,cksumコマンドは国際標準化機構及び国際電気標準会議ISO/IEC 8802-3:1996「情報技術――システム間の遠距離通信及び情報交換-局所及び都市圏ネットワーク-特定の要件-3部: 衝突検出 (CSMA/CD) アクセス手法を用いた媒体検知多重アクセス及び物理層の仕様」[注釈 2]で定めるCRC誤り検出に用いられる多項式に基づいている[2](DESCRIPTION)。 多項式は以下の通り:

G(x) = x32 + x26 + x23 + x22 + x16 + x12 + x11 + x10 + x8 + x7 + x5 + x4 + x2 + x + 1

実装例[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 一部のシステムでは--helpなどプロジェクトの共通オプションを取りうる[1]
  2. ^ 2019年現在,本規格は三度の改訂を経てISO/IEC 8802-3:2017「情報技術-システム間の遠距離通信及び情報交換-局所及び都市圏ネットワーク-特定の要件-3部: イーサネット標準」となっている[3]が,cksum側の仕様書を優先した。

出典[編集]

  1. ^ GNU.
  2. ^ a b c d OG.
  3. ^ ISO - ISO/IEC/IEEE 8802-3:2017”. 国際標準化機構. 2019年9月4日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]