rmdir

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

rmdirは、UnixMS-DOS(互換OSや、OS/2Windows等を含む)の、ディレクトリを削除するコマンドである。MS-DOS系では、rdという略称がエイリアスであるため、そちらが使われることが多い。

rmdir name_of_directory

ここでname_of_directoryは削除したいディレクトリ1つの名前である。ディレクトリの中身は空でなければならない[1]。Unixではこのコマンドに-pのようなオプションがある。これは、そのディレクトリの削除した結果、もし親ディレクトリも空になっていたら親ディレクトリも削除する。

例として、

rmdir -p foo/bar/baz

は最初にbaz/を、その後bar/を、そして最後にfoo/を削除する。つまりコマンド引数で指定したディレクトリツリー全体を削除する。

空ではないディレクトリを、その内容すべてごと再帰的に削除するにはrmコマンドの -r オプションを使う。例えば、

rm -r foo/bar/baz

DOSでこのコマンドと同じなのはdeltree、またはMicrosoft Windowsでは

rd /s directory_name

[編集]

  1. ^ 正確には、... だけでなればならない。

関連項目[編集]

参照文献[編集]

外部リンク[編集]