OS/2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
OS/2
開発元企業 / 開発者 マイクロソフトIBM
OSの系統 OS/2
開発状況 サポート終了
ソースモデル クローズドソース
最新安定版リリース 4.52 / 2002年
対応プラットフォーム x86
カーネル種別 ハイブリッドカーネル
既定のユーザインタフェース CUI, GUI
ライセンス プロプライエタリ
ウェブサイト IBM OS/2 Warp
テンプレートを表示

OS/2オーエス・ツー)は、MS-DOSおよびPC DOSの後継として、IBMマイクロソフトとの共同で開発された、パーソナルコンピュータ(パソコン)用の16ビットおよび32ビットオペレーティングシステム (OS) である。

名称[編集]

正式名称は「IBM Operating System/2(IBM オペレーティングシステム/2)」および「Microsoft Operating System/2(マイクロソフト オペレーティングシステム/2)」である。「2」は次世代のOSという意味とされる。

略称は「IBM OS/2」「Microsoft OS/2」である(「MS-DOS」のように、「MS-OS/2」と略される場合が多いが正式名称ではない)。

PC DOSとMS-DOSの場合と同様に、IBMからは「IBM OS/2」が、マイクロソフトからIBM以外のメーカーへのOEM供給版は「Microsoft OS/2」とされた(ベースは同一だが、IBM版のみに拡張版 (EE) が存在した)。

バージョン1.3以降はIBM版のみである。「OS/2 Warp」はバージョン3から付けられた名称である。

概要[編集]

OS/2はIBM PS/2と同時に発表され、IBMとマイクロソフトにより供給され、当時はMS-DOSおよびPC DOSの後継とされた、16ビットおよび32ビットのパソコン向けOSである。

以下の特徴がある。

  • バージョン1は16ビットCPU80286以上)、バージョン2以降は32ビット(CPUは80386以上。一時はPowerPC用も開発された)である
  • ファイルシステムとして、DOSのFATに加えて、途中からHPFSが追加された
  • MS-DOSコマンド類似のOS/2コマンドを持つ。
  • 最初からプリエンプティブ・マルチタスクを実現していた
  • GUI環境
  • DOS互換環境
    • バージョン1は1つのみ。80286で使用するための制約を受けてCPUのリアルモードとプロテクトモードを強引に切り替えることと[1]コンベンショナルメモリを圧迫した設計により、特に日本で不評を博した。
    • バージョン2以降は、複数(マルチ仮想DOSマシン、MVDM)。仮想86モードを使用し、複数のDOS環境をプリエンプティブ・マルチタスク環境下で稼動させる。BIOSや一部のドライバの実処理コードを別アドレス空間、MVDM上にそれらの呼び出しコードを配置したことでDOSアプリケーションが使用できるコンベンショナルメモリを広く確保できたため、WindowsのDOSコマンドプロンプトや、更にはDOS自体と比較しても、アプリケーションの動作を安定させることのできる場合があることで注目された。
  • Windows互換環境 (WIN-OS/2)。エミュレートではなく、マイクロソフトのライセンスを含むWindows本体のモジュールをOS/2のMVDM上で稼動させ、複数のWIN-OS/2同士を稼動することもできたため、互換性や、複数アプリケーションを稼動させた際の安定性は優れていた。
    • バージョン2は、Windows 3.0相当のコード(386エンハンスドモードを除く)
    • バージョン2.1以降は、Windows 3.1相当のコード(386エンハンスドモードも含む)

日本では日本電気東芝富士通AX各社などにより採用され、DOS/Vに続きOADGの標準化にも採用された。

バージョン[編集]

  • OS/2バージョン1
    • 基本版(パソコン単体での使用を想定した)と拡張版(データベース処理やホスト接続機能を含めた)が存在。
  • OS/2 1.0:1987年4月2日:IBMとマイクロソフトの共同開発。GUI非搭載。全画面のタスクスイッチ。
    • IBM OS/2 1.0:1987年12月[2]:米国で出荷開始。
    • IBM OS/2 J1.0:1988年3月[2]:IBM版OS/2 1.0の日本語版。OS/2 Standard Edition 1.0(英語版)と同時出荷。PS/55モデル5540/5550/5560/5570に対応。
    • 富士通 日本語OS/2 1.0:1988年7月:MS版OS/2 1.0の日本語版。FMR-50/60/70に対応。[3]
  • OS/2 1.1:1987年:GUIであるPM (Presentation Manager) 搭載。
    • IBM OS/2 1.1:1988年9月[2]
    • IBM OS/2 J1.1:1989年5月[2]
  • OS/2 1.2:1989年HPFS採用。ボタンやアイコンの3D表示化。DOSとのデュアルブートが可能に。拡張版にREXXが装備された。
    • IBM OS/2 1.2:1989年9月[2]
    • IBM OS/2 J1.2:1990年3月[2]:旧5550系統はサポート対象外に。
  • OS/2 1.3:1990年10月[2]:IBMの単独開発となる。Adobe Type Managerを標準実装。基本版にもREXXが搭載された。
    • IBM OS/2 J1.3:1991年3月[2]:PS/55の256色表示をサポート。
  • 1991年6月:当時主にマイクロソフトが担当し開発中だった OS/2 3.0をWindows NTと改名。
  • OS/2 2.0:1992年:主にIBMが開発を担当。Windows 3.0用のアプリケーションをサポート(WIN-OS/2)。
    • 1992年6月:IBMとマイクロソフトは、1993年9月まででOSソースの相互公開を中止することを決定。
  • OS/2 2.1:1993年:Windows 3.1が動く(WIN-OS/2がWindows 3.1相当になった)。日本語版において、IBM純正のATバスマシンだけでなく互換機もサポート対象に追加した。
    • 1993年9月:IBMとマイクロソフトのOSソースの相互公開が終了。
  • OS/2 2.11:1994年ユーザインタフェースの改善など。
    • これとV3, Connectは、WIN-OS/2の有無でパッケージが分かれる。
  • OS/2 Warp V3:1995年:Ver.3にあたる。32ビット専用化。前述のOS/2 3.0とは別物・無関係である。
  • OS/2 Warp Connect V3:1995年:Warp V3にLAN対応機能(TCP/IP、LAN Serverクライアント、NetWareクライアントなど)を追加。
  • OS/2 Warp 4:1996年[4]
    • デスクトップ版はこの後引き続き下記のWarp Server for e-businessをベースに開発続行。
  • OS/2 Warp Server for e-business:1999年:NT 4.0 Server群をシームレスに管理可能。
  • OS/2 Communications Server for OS/2 Warp, V6.1:2000年:SNAとTCP/IP間の通信を統合。
  • Convenience Package for OS/2 Warp 4 (V4.51):2001年
  • Convenience Package for OS/2 Warp 4 (V4.52):2002年

歴史[編集]

元来は、IBM PS/2のOSとして、IBMとマイクロソフトとの共同で開発されたものである。

OS/2 1.x[編集]

最初のVer.1.0ではGUIは搭載されておらず、16ビットのOS/2コマンドプロンプトとDOS互換環境をキーボードでスイッチできた。OS/2コマンドプロンプト間は最初からプリエンプティブ・マルチタスクであった。

次のVer.1.1でGUIとして、OS/2プレゼンテーションマネージャー (PM) が搭載された。外見はWindows 3.0とほぼ同一である(OS/2 PMもWindows 3.0も、IBM Systems Application ArchitectureのCUA'87準拠のため)。

Ver.1.2のリリース後、マイクロソフトはWindowsの開発に注力することになり、以降はIBMのみの開発となった。拡張版において、REXXを装備した。

1990年、IBM単独開発で更に軽量化したOS/2 1.3を発売。このバージョンにおいて、基本版にもREXXを装備する。これ以降の開発は、OS/2 2.0を主にIBMが、OS/2 3.0を主にMicrosoftがそれぞれ分担することとなる。Windows 3.0発売時、当時開発中のOS/2 3.0(後にWindows NTと改名)の主要な拡張Windows APIや拡張OS/2 APIを置き換えると決め、IBMとの緊張を生むことになる。マイクロソフトはその後、IBMとの一切の共同開発から手を引きWindows NTの開発に専念するようになった。

OS/2 2.x[編集]

1992年3月31日、IBMは世界初のパソコン用32ビットOSである、OS/2 2.00を発売。Windows 3.0互換環境 (WIN-OS/2)、複数のDOS互換環境 (MVDM) を持ち、統合プラットフォームとして一つの完成形を見る。また、ユーザインタフェースをがらりと変更し、オブジェクト指向のGUIであるワークプレース・シェル (Workplace Shell, WPS) を標準環境とした。

ワークプレース・シェルは、CORBA準拠のオブジェクト間通信技術、SOM (System Object Model) / DSOM (Distributed SOM) の上で構築されていた。SOMはオブジェクト指向ではないOSで、言語にほぼ依存せずにオブジェクト指向の機能を実現するオブジェクト管理用の開発環境である。また、ワークプレース・シェルは、操作のオブジェクト指向という点では、デスクトップに余計なもの(メニューなど)を表示させず、ユーザ側がアクションを起こしたときにしか表示されない(Warp 4以降は軌道修正でメニューバーが表示されるようになった)。

これらの技術背景により、オブジェクトの動的追跡などが可能というメリットがあるが、長期間使用していくとデスクトップが壊れたりファイル操作に時間がかかるといった問題も抱えることになった。

Ver.2.1ではWindows 3.1用のアプリケーションが動くようになった(WIN-OS/2がWindows3.1相当になった)。386エンハンスドモードを要求するWindows 3.1用のアプリケーションも動作するようになった。(Ver.2.0ではスタンダードモードのみ対応)

Ver.2.11からは、導入済みWindows 3.1環境に上書き導入することで、パッケージにWindows 3.1モジュール (WIN-OS/2) 及びそのライセンスを含まない低価格パッケージのJ2.11 for Windowsが追加され、以下の2パッケージとなった。

  • OS/2 Ver.2.11:Windows互換環境 (WIN-OS/2) を含む
  • OS/2 Ver.2.11 for Windows:Windows互換環境 (WIN-OS/2) を含まないが、導入済のWindows 3.1があれば、それをWIN-OS/2として使用できる

1993年9月、IBMとマイクロソフトのソースコードの相互公開契約が満了し、これ以降のOS/2とWindows NTは完全に分化し、それぞれ別の発展をすることとなる。

OS/2 2.11は、対抗商品となったWindows NT 3.1の完成度の低さと、Windows 3.x系との互換性の高さから、当時のパソコン用32ビットOSとしては比較的リソースを消費せず、Windows 3.1のソフトウェアがほぼ完全に動作することから「OSごと落ちない完全なマルチタスク可能なWindows3.xマシン」として利用された。また、当時のパソコン雑誌『PC WAVE』1993年9月号と『DOS/Vマガジン』1993年10月号にOS/2 2.11のベータ版 (CD-ROM) が収録された(当時はCD-ROMは雑誌の付録として認可されておらず、引換券を出版元に送付することにより入手できた)。このため、CD-ROMドライブの普及に貢献したと言われる。

1994年10月、IBMはモトローラとともにPowerPCを使ったプラットフォーム、PowerPC Reference PlatformPReP)を提唱。PReP向けにマイクロカーネル上で複数のOSを動作させる、Workplace OSの開発をIBMは表明したが、最終的には、OS/2 for PowerPCを作り上げるにとどまった。

またこのころから アップルコンピュータノベルとともに、OpenDoc(マイクロソフトのOLEとほぼ同様の機能を、高機能・マルチプラットホーム化したもの)の開発にとりかかりWarp 4に搭載されたが、後年Javaの台頭により、普及には至らなかった。

OS/2 Warp 3.x "Warp"[編集]

1995年3月に発売されたVer.3.0(マイクロソフトが開発中で放棄したOS/2 3.0とは無関係)では32ビットCPU専用となり、開発コードWarp(ワープ)を製品名としてグループウェアLotus Notesや日本語IMのWritingHeads/2等のアプリケーションを多数バンドルして発売された。ちなみに、開発コードのWarpは米国SF TVシリーズのスター・トレックに由来するもので、当時新スタートレックが放映中であったこともあり、バージョン4.0の開発コードがMerlinになるまで、スター・トレック関係の固有名詞が開発コードに使用されていた。

日本では、「DOSも走る、Windowsも走る。OS/2なら一緒に走る」(J2.11のテレビコマーシャル)「ワープを使え」という、山口智子のテレビコマーシャルが流された。IBMが家庭向けに販売していたパソコンであるAptivaシリーズにバンドルされるなど、個人ユーザー向けに最も積極的に普及のための活動が行われたのがこのころである。しかし、同年11月に発売を予定していたWindows 95の評価が固まるまで、双方の導入を見送ったユーザも多かった。

OS/2 Warp 4.x[編集]

1996年OS/2 Warp 4を発表。

OS/2 Warp 3に対して様々な改良・強化をしているが、対応デバイスが少ないという不満に対しては、「Device Driver Pak」が導入され、OS側ではOMNIプリンタードライバやGRADDなどの、ドライバを作りやすい工夫が盛り込まれた(これらの一部はWarp 3にもフィードバックされた)。また、ユーザのレベル別に内容を変えるオンラインヘルプのWarpGuideが導入されている。また、ワークプレース・シェルのUIを大幅に変更し、メニューバーの装備、WarpCenterなど、他のOSで採用されたメタファーを積極的に取り込んでいる。また、Java VMをカーネルレベルで取り込み、VoiceTypeをサポートしている。

1999年Warp Server for e-business (WSeB) を発表。

2001年OS/2 Warp 4.51を出荷(ベースはWSeB)

2002年OS/2 Warp 4.52を出荷


2005年7月にIBMは正式なサポート終了通告を発表し、2006年12月末をもって通常ルートのメンテナンスを完全に停止する事となった。

現状[編集]

IBMは2002年のWarp 4.52を最後にOS/2のバージョンアップを打ち切り、使用を続ける顧客に対してサポートを続けていた。IBMはパソコン市場ではWindowsに加えてLinuxを重視し、また、OS/2終了までのロードマップではJava環境への移行を薦めていた。

OS/2はその保守サポートにより1997年以降に主流となったパソコンのアーキテクチャ(AGPUSBDVD±Rなど)や現在発売されているプリンターやCD-RW、DVDなどの周辺機器について対応している。

なお、OS/2 WarpのOEMバージョンとして誕生したeComStation(略称:eCS)の開発が、所有者の変更を経て現在も続いている。

他機種[編集]

OS/2は、元来 IBM IBM PS/2のOSとして開発されたものだが、PC-9800シリーズFMRシリーズMulti16J3100等の国産機にも移植されている。ほとんどのメーカが1.x系で撤退したが、東芝はWarp V3まで、日本電気はWarp 4までOS/2の移植、販売を行っていた。

また、森精機製作所(現・DMG森精機)のCNC旋盤では、OS/2シリーズを操作画面に採用した工作機械を製造していた。

半導体製造装置メーカー大手の日立国際電気製の縦型拡散炉/減圧CVD装置VERTEXシリーズ、QuixAceシリーズ、ALDINNAシリーズで使用されている装置制御システムCX-3000シリーズは、SEMIスタンダード準拠のGUIのベースOSにOS/2 Warp4を採用していた。

アプリケーション[編集]

主な商用のOS/2ネイティブ・アプリケーションには以下があった。

表計算ソフト[編集]

ワープロソフト[編集]

オフィススイート[編集]

  • IBM
    • SMART(日本独自開発の統合オフィスツール。表計算、ワープロ、チャートなど。)
    • TakeFive(簡易オフィスツール。FootPrint Worksの日本語版であり、IBM Worksの前身。)
    • IBM Works(簡易オフィスツール。表計算、ワープロ、チャートなど。Footprint Worksがベースであり、OS/2 WarpのBonusPackに収録され、日本語化もされた。機能的にはMicrosoft Worksに相当する)
  • FootPrint
    • FootPrint Works(簡易オフィスツール。イギリスIBMが開発し、カナダFootPrintが販売した。英語版のみ。)
  • サン・マイクロシステムズ

ウェブブラウザ[編集]

かな漢字変換ソフト[編集]

ミドルウェア[編集]

  • IBM
    • Database Manager (DBM。OS/2 1.x 拡張版 (EE) に標準添付のDBMS。後のDB2 for OS/2 (DB2/2)。)
    • Communication Manager (CM。3270/5250エミュレーションなどのSNA接続。OS/2 1.x拡張版 (EE) には標準添付。後のPCOMM。)
    • LAN Server(ドメイン管理、ファイル・プリンターサーバ。マイクロソフト LAN ManagerのIBM拡張版。)
  • ロータス (IBMによる買収以前)
    • Lotus Notes(グループウェア。サーバおよびクライアント)
  • マイクロソフト
    • LAN Manager(ドメイン管理、ファイル・プリンターサーバ)
  • オラクル
    • Oracle Database(Oracle7 Workgroup Server for OS/2、Oracle7 Server for OS/2 )

プログラミングツール[編集]

  • IBM
    • C Set ++
    • IBM VisualAge C++
    • IBM VisualAge for COBOL
    • IBM VisualAge for BASIC
  • マイクロソフト 全てDOS & OS/2同梱版、但しOS/2用はVer 1.x向けであった。
    • Microsoft Macro Assembler 5.1-6.0
    • Microsoft C Optimizing Compiler 5.1-6.0
    • Microsoft Fortran 4.1-5.1
    • Microsoft PASCAL 4.0
    • Microsoft BASIC Compiler 6.0-7.1
  • ボーランド
    • Borland C++ for OS/2
  • サン・マイクロシステムズ
    • Java Development Kit for OS2
  • ACA
    • CA-REALIZER(OS/2 MS-WINDOWS3.1両対応ビジュアルBASICコンパイラ)

CASEツール[編集]

  • KnowledgeWare
    • IEW、ADW

ゲーム[編集]

その他[編集]

以下のDOS版・Windows版アプリケーションは、OS/2上のDOSやWindowsの互換環境で一時はサポートされていた。

脚注[編集]

  1. ^ 栗原潔 (2007年1月10日). “さらばOS/2について”. 栗原潔のテクノロジー時評Ver2. ITmedia. 2014年9月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 『日経パソコン』 1991年10月28日号、pp.173-179。
  3. ^ 「OS/2がやってきた」『ASCII』 1988年9月号、p.184。
  4. ^ 米IBM、「OS/2 Warp 4」を発表”. PC Watch (1996年9月26日). 2012年5月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

クローンプロジェクト