WX シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

WX シリーズ(ダブルエックスシリーズ)はエー・アイ・ソフトが開発した日本語入力システム(日本語入力FEP/IMEなど)。 WX, WXS, WXP, WXII, WXII+, WXIIIを経てWXGへと進化した。

他のFEP/IMEの辞書をインポートしたり、独自のユーザ辞書を作成できる、弄れる/遊べる辞書や、ローマ字入力やキーのフルカスタマイズという機能に加え、MAPI(マルチアプリケーションインターフェイス)を装備することで、FEPを限定していたアプリケーションでも使用できたことから、利用者は複数のFEPの辞書をそれぞれ鍛えるという非効率や、FEP/IMEの異なる操作性への習熟といった苦痛から解放された。

商用パソコン通信NIFTY-Serve(現@nifty)などのフォーラム(後にステーション)で活発な意見交換が行われ、ユーザが作成した辞書や、カスタマイズツールなども公開されるとともに、WX 本体も改良が加えられ着実に進歩を遂げた。また、約20,000人(?)の OS/2ユーザの署名活動によって、WX for OS/2が開発に至った。

@Nifty のステーション閉鎖後、インターネット上にサポートページ「e言葉」が開始されるとともに「WXG for Linux/FreeBSD 1.0β」がフリーソフトウェアとして公開され大きな話題になる。しかし、正式版の公開を待たずして閉鎖に至った。

「訳せ!!ゴマ バイリンガル Ver.3」の日英翻訳エンジンを搭載し、入力された文章をIME上で英文翻訳できるWXG Ver.4を発売したものの、製品は廃止されてしまった。

なお、エー・アイ・ソフトは2006年11月にエプソン販売に吸収合併され解散した。[1]以降、一部製品については、エプソン販売がサポートを継続しているが、WXシリーズについては既に全てのサポートが終了となっている。[2]

歴史[編集]

  • かな漢字変換機能を内蔵したワープロソフト 創文 を開発。
  • 創文αで、かな漢字変換機能をWXとして独立させる。
  • WXPをフリーウェアとして公開。
  • WXIIは、PC-9800版、東芝J-3100版、DOS/V版、Windows 3.x版が販売された。また、WXII+機能限定版がHP200LXの日本語化キットにバンドルされた。[3]
  • WXIIIは、PC-9800版、DOS/V版、Windows3.1版、OS/2版が単品販売された。他にWXIII for Windows95は、Boon Editorの付属品として販売された。
  • EPSON製のOSパッケージ(MS-DOSWindows)に付属のものはWXAと呼ばれた。
  • 辞書構造を全面的に見直し、WXGに改称。初めてWindows95対応版をパッケージ販売。
  • WXG Ver.4 for Macintoshが1999年にMac OS 8.6対応製品として発売された。後にMac OS 9対応も発表。
  • WXG for Linux/FreeBSD 1.0βをフリーソフトウェアとして公開。

対応OS[編集]

Windows 2000 / Me / XPmacOSに正式対応した製品の発表はされていない。(しかし、WXGをWindows 2000やXP、32ビット版のWindows VistaやWindows 7で使うことはできる)

関連項目[編集]

Microsoft IME(初代はWX2 for WindowsのOEM、Microsoft IME 95以降はWX3をベースに開発された。)

脚注[編集]

  1. ^ 「エプソン、エー・アイ・ソフトを吸収合併」”. Impress (2009年6月29日). 2013年10月12日閲覧。
  2. ^ 「エー・アイ・ソフト製品」”. エプソン販売. 2013年10月12日閲覧。
  3. ^ 「HP 200LX日本語化キット開発秘話」”. 関谷博之. 2013年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]