PS/55

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
IBM PS55 logo.svg
IBM PS55 Model 5550-T.jpg
IBM PS/55 モデル5550-T
開発元 日本IBM
種別 パーソナルコンピュータ
発売日 1987年5月12日(30年前) (1987-05-12[1]
販売終了日 2001年12月31日[2]
OS 日本語DOS K3.3以降
PC DOS 3.3以降
OS/2
Windows 3.x
前世代ハード マルチステーション5550
次世代ハード PS/V
ThinkPad

PS/55(ぴーえすごーごー、パーソナルシステム/55、Personal System/55)は、日本IBM1987年から発売していた、日本仕様のパーソナルコンピュータのシリーズである。

日本独自仕様のマルチステーション5550の後継製品であるが、PS/55はPS/2をベースに日本語表示機能を搭載したため、広義にはPC/AT互換機である。主にビジネス向けのMCAモデルが中心だが、後半には個人向けのATバス(ISA)モデルも登場した。

IBM PS/55 モデル5550-T 起動音

呼称[編集]

正式名称は「パーソナルシステム/55」(Personal System/55)、略称は「PS/55」である。

「PS」はPS/2同様に当時のIBMのネーミング(メインフレームのES/9000、ミッドレンジのAS/400、UNIXのRS/6000、パーソナルシステムのPS/2)で、「55」は従来の日本仕様の「マルチステーション5550」より受け継いだ。

概要[編集]

IBMは世界的にはIBM PCファミリー(元祖IBM PC、PC/XTPC/ATなど)を発売していたが、日本では日本語表示が必要なためこれらは発売せず、代わりに日本独自仕様の「マルチステーション5550シリーズ」を発売していた。

PS/55は5550シリーズの後継として登場したが、ベースはPS/2であり、日本独自のディスプレイアダプタキーボード等を搭載した。

PS/55(広義)には大別して以下の製品系統があり、モデル名で判別できる(例:5551-S09は、SなのでPS/2系統)。

  • 5550系統(モデルA~P)
  • PS/2系統(モデルS以降。狭義のPS/55。旧5550の互換機ではない)

旧5550系統は、マルチステーション5550のアーキテクチャの製品を「パーソナルシステム/55」(PS/55)に名称変更して併売したものである。このためPS/2系統とはアーキテクチャは全く異なり、ハードウェア拡張カードディスプレイプリンターなど)も、ソフトウェアOSアプリケーションソフトウェア)も、互換性はほとんど無い。当モデルの詳細はマルチステーション5550を参照

PS/2系統は、PS/2ベースの日本仕様であり、PS/2とハードウェアおよびソフトウェアの互換性がある。1987年5月に発表されたフロアスタンドモデルの5571-Sを最初に、上位モデルより順次投入され、旧5550系統を段階的に置き換えた。当初はビジネス向けのMCAモデルのみだったが、後半は個人向けのPS/55zシリーズ、更にはATバス(ISA)モデルなども登場した。

なお、英字仕様のパソコンにもニーズがあったため、日本IBMは旧5550を発売していた1985年11月に「5160パーソナルコンピューター」(PC/XT)と「5170パーソナルコンピューター」(PC/AT)、1986年7月に「IBM PCコンバーティブル」、1987年4月に「パーソナルシステム/2」(PS/2)を発売し、日本仕様のパソコンと併せて幅広い製品展開を行った[3]

以下ではPS/2系統のモデル(モデルS以降)について説明する。

特徴[編集]

日本市場向けに以下の特徴が与えられた。

ディスプレイ・アダプター[編集]

ディスプレイ・アダプター II

旧5550から引き続き、テキスト画面は1066x725ドット(24ドットフォント、41桁25行)8色表示で、漢字ROMを使いハードウェアレベルで日本語表示に対応。グラフィック画面は1024x768ドット16色。これは後のXGAと同じ解像度だが互換性は無い。これらの機能を担うハードウェアは「ディスプレイ・アダプター」(表示装置アダプターとも言う)としてMCAカードに集約され、システム装置に標準で搭載された。

最初に発売されたモデル5570-Sのディスプレイ・アダプターはPS/2のVGAと互換性がなかったため、モデル5550-Sからこの点を改良した「ディスプレイ・アダプターII」が搭載された。これは電源投入時点ではマザーボード上のVGAが有効になり、その映像信号がディスプレイ・アダプターからスルー出力される。J-DOSの英語モードや後のDOS/VではそのままVGAを使用し、日本語モードではVGAを無効にしてディスプレイ・アダプターに切り替わる。また、新たに1024x768ドット262,144色中256色表示をサポートした。

XGA-2表示アダプター/A

シリーズ後期にはPS/2と同様のXGA、XGA-2搭載モデルも登場した。

JIS配列キーボード[編集]

5576-002型鍵盤

以下を代表とするJISキーボードが別売で用意され、本体と自由に組み合わせることができた。

  • 5576-001 - 5550の1型鍵盤と同じ配列。PC/XT相当のスキャンコード セット1は未実装。
  • 5576-002 - PC/AT後期およびPS/2の101拡張キーボードをベースに日本語化。漢字キーは Shift+左Alt。
  • 5576-003 - 5576-002からテンキーを省略した省スペースキーボード。
  • 5576-A01- 5576-002をベースに、更に101拡張キーボードとの操作性を共通化した。漢字キーは Alt+半角/全角。OADG標準キーボードとして発表された[4]

MCAバス搭載モデルに注力[編集]

PS/2では最初の発表時点でPC/ATを引き継いだATバス搭載モデルがラインナップされたが、PS/55では下位機種は5550のハードウェアを引き継ぎ、上位機種はしばらくMCAバス搭載モデルのみがラインナップされた。後にATバスモデルも追加。

OSの日本語対応[編集]

以下のOSが用意された。

  • IBM 日本語DOS K3.x (通称 漢字DOS。日本語モードのみで、PS/2互換の英語環境は別製品のPC DOSとして販売。)
  • IBM DOS J4.0、J5.0 (通称 JDOS。英語モードも含んでいる。)
  • IBM DOS J4.0/V、J5.0/V、PC DOS J6.1/V、J6.3/V、J7.0/V (通称 DOS/V。後半より追加サポートされた。)
  • IBM オペレーティング・システム/2(OS/2

なお、ベースとなったPS/2やMCAアーキテクチャ の詳細は、IBM PS/2を参照

モデル[編集]

  • タワー型(後の IBM PC Server 9x の前身)
    • 5570-S/T/V (前半のタワー。PS/55初代機にあたる5570-Sのみ、PS/2との互換性が完全ではなかったため標準では英語版のDOSやOS/2をサポートしていない[5]。)
    • 5580-Y/W (後半のタワー)
  • ビジネス・デスクトップ(後の IBM PC 300、IBM PC 700シリーズの前身)
    • 5560-W/N (上位デスクトップ)
    • 5550-S/T/V/W/N/Y/L/R (主力デスクトップ)
    • 5540-T (下位デスクトップ)
  • スモールビジネス、個人用
    • 5530-Z/S/T/U/W (ディスプレイ一体版。後の PS/V Visionの前身)
      • 5530-Z (教育市場向けとして新学社より販売され、一般販売はされなかった。80286と16ビットMCA、日本語ディスプレイアダプタを搭載した。他社の教育市場向けパーソナルコンピュータと比較し「高解像度(1024x768)のため日本語が正しく表示できる」事をうたった。後に5530-S(通称「PS/55Z」)が登場すると「PS/55Z 286」「5530-Z 286」などとも呼ばれた。)
      • 5530-S (通称PS/55Z。IBMが日本の個人向け市場で失敗に終わったIBM JX以来、最初の個人向け市場再参入モデル。80386SXと16ビットMCA、日本語ディスプレイアダプターを搭載した。5510-Zと区別するため「PS/55Z SX」「5530-ZSX」などとも呼ばれた。後にDOS/Vもサポートした。)
    • 5510-Z/S/T (ATバス搭載。日本語ディスプレイアダプターが無くDOS/VおよびOS/2専用。後のPS/Vの前身。)
  • ラップトップ
    • 5545-T (プラズマディスプレイ搭載)
    • 5535-S (DOS/Vは当モデルの専用OSとして登場した)
  • A4ノート
    • PS/55note (後のThinkPadの前身。ATバスモデルおよびMCAモデル)

競合製品[編集]

5550同様、競合は個人用・ホビー用のPC-8800シリーズや、FM-11ではなく、以下の国産ビジネス用機種であった。

影響[編集]

  • マルチステーション5550とはほとんど互換性は無かったが、5550のユーザーの大半はパッケージソフトウェア(DOS文書プログラム、3270 PC、5250 PC、一太郎、Multiplanなど)しか使っておらず、データの互換性があれば済んだため、移行できた。
  • DOS/V登場前に、PS/2キーボード・マウス、VGAモニター、3.5インチフロッピーディスク、海外のソフトウェアなどが普及した。

備考[編集]

  • PS/55の1024x768解像度は5550より引き継いだもので、XGAと解像度は同じだが互換性は無い。
  • PS/55のディスプレイは英語モードでVGA(640x480解像度など)を表示できるが、モデルによっては電源の信号を本体より受ける形になっており、市販のPC/AT互換機にはそのままでは使用できない。
  • PS/55の一部のモデルはリコーに「Iシリーズ」としてOEM調達された[6]

脚注[編集]

  1. ^ 「ワークステーション32ビット機続々登場―日本IBM、米社製と互換。」『日本経済新聞』1987年5月13日朝刊、9面。
  2. ^ マルチステーション、PS/V、PS/2、PS/55の一部保守活動中止の発表(2002年6月30日)、2016年6月2日閲覧。
  3. ^ 『日本アイ・ビー・エム50年史』、日本アイ・ビー・エム、1988年、 456頁。
  4. ^ "IBM 20万円を切った低価格DOS/V専用パソコン登場"(1991年5月7日)、2016年6月2日閲覧。
  5. ^ 「ASCII EXPRESS:日本IBMがIBM PS/2互換の80386マシン3機種を発表 英語版OS/2用アプリケーションもすべて動作可能に」、『ASCII』 1988年6月号、アスキー。
  6. ^ 『日本経済新聞』 1989年9月19日朝刊、13面。

参考文献[編集]

  • 日本アイ・ビー・エム株式会社・編著『モデル5550-S/T/V技術解説書』、オーム社、1991年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]