IBM PCコンバーティブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
IBM PCコンバーティブル
Ibm-convertible.jpg
開発元 IBM
発売日 アメリカ合衆国の旗1986年4月3日(31年前) (1986-04-03[1]
日本の旗1986年9月(31年前) (1986-09[2]
標準価格 アメリカ合衆国の旗US$2,000
日本の旗¥506,800[2]
OS IBM PC DOSアイコンベースのカスタムシェル搭載)
電源 バッテリー: 9.6V/2400mAh (Ni-Cd)
外部電源: DC15V, 2.7A.
CPU Intel 80C88 @ 4.77MHz
メモリ 256KB RAM (最大640KB)
ストレージ 720KB 3.5インチFDD × 2
ディスプレイ モノクロ CGA互換 LCD
グラフィック 80字×25行(テキスト), 640×200, 320×200
サイズ 312(W)×374(D)×67(H)mm
重量 5.8kg
前世代ハード IBM Portable英語版
次世代ハード IBM PS/2 L40 SX
IBM PS/55note

IBM PCコンバーティブル英語: IBM PC Convertible、アイビーエム ピーシー コンバーティブル)はIBMが開発・販売した同社初のラップトップパソコンである。1986年4月3日にリリースされ、後にデファクトスタンダードとなる3.5インチ フロッピーディスクドライブ (FDD) を搭載した最初のIBM製パソコンでもあった。最近のノートパソコンのように電源管理機能を搭載し、内蔵バッテリーで駆動することができた。

本機はIBM Portable英語版の後継機で、モデル番号は51401991年IBM PS/2 L40SX、日本ではIBM PS/55noteThinkPadの前身)に置き換えられた。

前身[編集]

1983年にコードネーム"Sweetpea"としてTandy Model 100のようなラップトップが開発されたが、IBM PC互換でなかったためドン・エストリッジ英語版によって中止されたと言われている。1984年にはより大きな液晶ディスプレイを搭載したもう一つのプロトタイプ機("P-14")が開発されたが、チクレット・ルール英語版人間工学テスト)を満たさなかった。特にData General/Oneのディスプレイに劣っていた。[3]

説明[編集]

PCコンバーティブルはCPUCMOSIntel 8088(4.77 MHz駆動)、256KBのRAM(最大640KB)、2台の720KB 3.5インチFDD、CGA互換モノクロ液晶画面を搭載し、価格は2,000ドルであった。重量は5.8kgで持ち運び用の取っ手を装備していた。

PCコンバーティブルは背面に独特なISAバスベースのポートによる拡張性を備えていた。小型プリンターや映像出力モジュールなどの拡張モジュールを取り付けることができた。本機はモデムを内蔵できるが、ハードディスクを内蔵するスペースはなかった。ボディのコンセプトとデザインはドイツのインダストリアルデザイナーであるリヒャルト・ザッパーによって作られた。

コンピューターの電源ボタンを押しても電源を切ることはできず、代わりにサスペンドモードにすることができた。これは長時間の起動処理を避けるためであった。CMOS版80C88はスタティックコアを持つ。これは、システムクロックの発振を停止しても内部状態を保持できることを意味する。これによりクロック信号が再始動したときにまるでずっと電源が入っていたかのように処理を再開できた。CMOS版80C88はクロック信号停止中には非常に小さな電力しか消費しなかった。

画面はそれほど高さがなく、そのためテキスト文字やグラフィックは縦方向に通常の半分の高さに縮められた。ディスプレイは80桁x25行のテキスト、640x200ドットと320x200ドットのグラフィックモードを表示できた。ディスプレイの下にある2台のフロッピードライブの間のレバーを押すと画面を本体から外すことができた。これは1つのデスクでフルサイズのデスクトップモニターを使うのに便利で、「ドッキングステーション」コンセプトの走りであった。

評価[編集]

本機は様々な理由によりほとんど売れなかった。PCコンバーティブルは重量が重く、(新しいCMOSプロセッサーとSRAMを使用しているにもかかわらず)IBM Portableを置き換えるに値するほど速くはなく、従来機のPCの拡張ポートをアドオンカードを含め搭載せず(シリアルポートパラレルポートなど)、視認性の悪い奇特な形の液晶画面(最初の画面はバックライトが欠落していた)、また、コンパックなどの企業から80286やオプションでハードディスクを搭載したより速いポータブル機、東芝Zenith Data Systems英語版といった企業から似たようなスペックでより軽く、時に半額で、競合するラップトップ機が登場した。キーボードもまた広く批判されるものであった。

日本での取り扱い[編集]

日本では1986年9月に日本IBMより正規輸入に近い形で販売された。日本語化は行われず、またモデムや米IBMの経営・財務用ソフト「IBM Accounting Assistant Series」など一部のハードウェア・ソフトウェアはサポートの都合で販売されなかった[2]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 「携帯用パソコン発表、互換機メーカーは苦境に―IBM。」『日本経済新聞』1986年4月3日夕刊、2面。
  2. ^ a b c 岡田雅之「ハード最前線:IBM PCコンバーティブル―従来機種と互換性を保つ本格的な携帯型第一弾」『日経パソコン』 1986年10月20日号、pp.159-165。
  3. ^ Strehlo, Kevin (1985年6月17日). “The Chiclet Rule and the Green Dragon”. InfoWorld: pp. 8. https://books.google.com/books?id=sy8EAAAAMBAJ&pg=PA188&lpg=PA188&source=bl&ots=R2H3IQegBq&sig=3U-Wam66Wvx9LTP13xrt-lzslfE&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwirsc26zdjLAhUG3WMKHZbRDE84FBDoAQglMAM#v=onepage&f=false 2016年6月5日閲覧。 

外部リンク[編集]

  • IBM PC Convertible”. IBM Archives. IBM. 2016年6月5日閲覧。
  • IBM Convertible 5140”. Oh no, not another computer museum! (2003年11月26日). 2016年6月5日閲覧。
  • IBM-5140 Convertible and collection of old digital and analog computers at oldcomputermuseum.com、2016年6月5日閲覧。