IBM 5110

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
IBM5110コンピューティング・システム
IBM 5110 computer - Ridai Museum of Modern Science, Tokyo - DSC07664.JPG
発売日 1978年1月18日(38年前) (1978-01-18[1]
販売終了日 1982年3月 (1982-3)
CPU IBM PALM
前世代ハードウェア IBM 5100
次世代ハードウェア IBM 5120

IBM 5110コンピューティング・システム(IBM 5110 Computing System)は、IBM1978年に発表したポータブルコンピュータで、IBM 5100ポータブルコンピュータの後継機種である。

概要[編集]

IBM 5110は、以下の3つのバリエーションが作られた。

IBM 5110は、IBM 5100発表の3年後である、1978年1月に発表された。主な違いは、フロッピーディスクドライブ(ディスケット)、IEEE-488RS232など、より多くの入出力装置のサポートと、IBMマシンと互換性のある文字コードであるEBCDICである。これらの改良により、5100とは部分的な非互換性が発生した。

5110は、色は異なったものの、CPUIBM PALMキーボード、1024文字の表示画面など、5100と同じ構成を持った。メインメモリはユニットによって、16、32、48または64KBの容量だった。別売の磁気テープ装置やディスケットを使用することで、モデル1はテープカートリッジ当り約 204,000 バイト、または1枚のディスケット当り 1,200万バイトの情報を保存できた。モデル2はディスケットのみが使用できた。最大で2つの IBM 5114 ディスケット装置により、それぞれ最大2つのディスケットドライブを格納でき、5110 は合計で 480万バイトのオンラインのディスケット容量を接続する事ができた。モデル3は外付けの1つの IBM 5114 ディスケット装置のみが使用できた。

オプションとして、IBM 5103 プリンター、IBM 5106 補助テープ装置(モデル1のみ)、IBM 5114 ディスケット装置(最大2台のディスケット駆動機構を取り付け可能)が使用できた。

Punxsutawney Electric Repair の副社長(vice president)である Jeff Grube は、最初の IBM 5110 を1978年2月2日に受取り、彼の新しいシステムの使い易さについて、「もしあなたが、タイプができて電卓を使えるならば、5110を操作するために必要な技術の全てを持っている」と述べた。

5110ソフトウェア[編集]

5110用のソフトウェアは、ロチェスターのGlobal Software Development (GSD)チームにより設計され、GSDの伝統的な商用市場用を適切に正面からターゲットとした。このマシンの恐らく最大の驚くべき要因は、コンセプトから製造までわずか 90 日間しかかからなかった事である。この奇跡的な短期間は、後にIBM PCの開発で同様の事を行った Bill Lowe のタスクフォースのメンバーであった Bill Synes の管理のもとで達成された。5110のソフトウェアは、ビジネスシステムとして、小規模ビジネス向けの会計ソフトウェアをバンドルした。

モデル3[編集]

IBM 5110 モデル3は、IBM 5120コンピュータシステムとしても知られ、5110 のデスクトップバージョンであった。5110は1982年3月に市場から販売停止となった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「日本IBM、オフィス向けでは最小規模の5110汎用コンピューター・システム発表。」『日経産業新聞』 1978年1月19日、3面。

参考文献[編集]

  • David Mercer, "IBM: How the World's Most Successful Corporation is Managed", Kogan Page 1987 [1]
  • 「IBM 5110」『電子技術』Vol.21 No.5、日刊工業新聞社、pp.43-43。

外部リンク[編集]

先代:
IBM 5100
IBM Personal Computers 次代:
IBM 5120