IBM ES/9000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
IBMメインフレーム
シリーズ名 アーキテクチャ
IBM 701など (モデルごと)
System/360 S/360
System/370
30x0
4300
9370
S/370
S/370-XA
ESA/370
ES/9000
S/390
ESA/390
(ARCHLVL 1)
zSeries z/Architecture
(ARCHLVL 2)
System z
(z9)
System z
(z10)
z/Architecture
(ARCHLVL 3)
zEnterprise

IBM ES/9000(IBM Enterprise System/9000)は、IBM1990年から1998年の間に販売した、メインフレームコンピュータのシリーズである[1]

概要[編集]

IBM ES/9000シリーズは、IBMの当時の最上位のコンピュータであり、ESA/390アーキテクチャを最初に実装し、そのアーキテクチャをサポートしたオペレーティングシステムであるVSE/ESAVM/ESAMVS/ESAを稼働できるよう開発された。新しいハードウェアには光ファイバーを使用したチャネルであるESCONが登場した。

ES/9000ファミリーは、ESA/370ベースのモデルである、IBM ES/3090IBM 4381などの直接の後継として発表され、拡張ストレージ(ES)、LPARベクトル機構(VF)なども継承した。

ES/9000ファミリーは、ES/9021、ES/9121、ES/9221の3シリーズから構成された。ES/9000ファミリーの後継は、1994年に発表されたIBM S/390 Parallel Enterprise Serverである。なおS/390(正確にはG3)からはCMOSを使用したプロセッサによる並列処理に移行したため、ES/9000はバイポーラを使用したプロセッサの最後のシリーズとなった。

モデル[編集]

ES/9000ファミリーは以下の3シリーズと各モデルにより構成され、「ES/9021-900」のように表記された。

  • ES/9021シリーズ
    • 空冷(ES/3090の後継)
    • モデル 900 [2], -820, -720, -620, -580, -500, -340, -330
  • ES/9121シリーズ
    • 水冷、スタンドアロン(ES/4300の後継)
    • モデル -480, -440, -320, -260, -210, -190
  • ES/9221シリーズ
    • 水冷、ラックラウント(ES/9370の後継)
    • モデル-421, -211, -170, -150, -130, -120

参照[編集]

  1. ^ http://www-03.ibm.com/ibm/history/exhibits/mainframe/mainframe_FS9000.html IBM ES/9000 Characteristics. Retrieved on 17-09-2007.
  2. ^ http://www-03.ibm.com/servers/eserver/zseries/zvse/about/history1990s.html z/VSE Operating System - History. Retrieved on 17-09-2007.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]