PS/V

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

PS/V(ピーエス・ブイ)は、日本IBMが1992年から発売していた、主に個人向けのパーソナルコンピュータのシリーズである。

呼称[編集]

正式名称はPS/V

PS/2PS/55PS/1などの「PS/」と、DOS/Vの「/V」を合わせたネーミングと思われる[要出典]。なお、PS/2、PS/55、PS/1などは略称だが、PS/Vは「PS/V」が正式名称である。

概要[編集]

PS/Vは、PS/55MCA路線(一部モデルのみでPC/ATバス)を続けていた日本IBMが、個人向け市場では本格的にPC/ATバスに復帰し、DOS/VおよびOS/2を推進したシリーズである。

PS/1がベースの日本版と考えられる。IBMの独自技術や高品質を売りにしない「IBMの販売するPC/AT互換機」であり、Aptivaの前身である。Micro Channelスロットを廃止してISAバスと一部モデルでVLバスを採用したほか、内部パーツの外部調達率を大幅に引き上げてコストダウンを図っている。1993年末にはFM TOWNS用CD-ROMソフトが動作可能なモデルや拡張カード『FM TOWNS アプリケーション・カード』が発売された[1]

モデル[編集]

  • PS/V(基本モデル)
  • PS/V Entry(下位モデル)
  • PS/V Master(上位モデル)
  • PS/V Vision(モニタ一体型。PS/55 5530等の後継。Aptiva Visionの前身)
  • Master P120 (DOS/V 5周年記念モデル P120はPentium 120Mhzの実装を意味する。)
    • 2411-P31 1995年10月 (Windows 3.1プリロードモデル)
    • 2411-P95 1995年10月 (Windows 95 プリロードモデル)

競合製品[編集]

影響[編集]

  • 個人向けモデルでも高価・高品質なイメージが強かったPS/55シリーズと異なり、「本家IBMの出した低価格なPC/AT互換機」というイメージで、日本でのPC/AT互換機およびDOS/V、更にはWindowsの拡大に貢献した。

備考[編集]

  • 日立製作所DOS/Vに参入する際、一時的にIBMからPS/VをOEMした。またリコーもPS/VのOEM販売を行った。[要出典]
  • PS/V Visionでは最初のモデルとなった1993年11月発売の2408-WMB・WMCは、CPUはIBM486SLC2の50MHzを搭載した。翌1994年5月のモデルチェンジでテレビチューナー付きモデルとなった2408-NTB・NTCからは、同じくIBM486SLC2の66MHzが採用された。また1994年10月発売の2408-NDVでは、MPEG VisionとしてMPEGカードを搭載したモデルとして発売された。

脚注[編集]

  1. ^ 「IBMがFM TOWNSシリーズ用ソフトを利用可能なPS/Vシリーズを発売」『ASCII』 1994年2月号、アスキー。

関連[編集]

外部リンク[編集]