IBM S/390

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

IBM S/390(IBM S/390 並列エンタープライズサーバー、IBM S/390 Parallel Enterprise Server)は、IBM1994年から1998年の間に販売した、メインフレームコンピュータのシリーズである[1]。なお、同時期の小型メインフレームであるIBM Multipriseも当記事で説明する。

概要[編集]

IBM S/390シリーズは、IBM ES/9000シリーズ後継の、IBMの当時の最上位のコンピュータである。ESA/390アーキテクチャを引き継ぎ、オペレーティングシステムVSE/ESAVM/ESAMVS/ESATPFなどを稼働できる他、更にバイポーラからCMOSプロセッサによる並列処理並列シスプレックス)に移行した。これにより1990年代には「滅び行く恐竜」とも例えられていたメインフレームの価格性能比が大幅に向上し、また設備面での省スペース、省電力、上位モデルを含めた水冷設備の完全廃止などが実現された[2]

IBM S/390シリーズ(9672)は、6世代(1G~6G)があり、COMOS移行は3Gからである。2000年にはLinuxのネイティブサポートが発表された[3]。また2000年zSeries2006年に更にSystem zにブランド名称が変更された。

IBM Multipriseは、S/390をベースにした非常に小型のメインフレームで、IBM Multiprise 2000 と 3000 がある。

モデル[編集]

IBM S/390[編集]

IBM S/390シリーズ(9672)は、以下の6世代(1G~6G)がある[4]

  • G1 – 9672-Rn1, 9672-Enn, 9672-Pnn
  • G2 – 9672-Rn2, 9672-Rn3
  • G3 – 9672-Rn4
  • G4 – 9672-Rn5
  • G5 – 9672-nn6
  • G6 – 9672-nn7

世代によってCPU命令が追加され、またバイポーラからCMOSに移行した。G1とG2はバイポーラで、G3とG4が最初のCMOS世代だがバイポーラモデルより低速だった。G5とG6でCMOSの性能がバイポーラに追いついた。

IBM Multiprise[編集]

  • IBM Multiprise 2000 - 1997年発表、型番は2003
  • IBM Multiprise 3000 - 1999年発表、型番は7060、S/390 G5ベース

備考[編集]

  • S/390の発表日(1994年4月5日)は、System/360の発表日(1964年4月7日(火曜日))の、ちょうど30年後の4月の第1火曜日である。
  • メインフレームのプロセッサのCMOS移行は、ルイス・ガースナー会長による「IBM建て直し」の成功例とされる事が多い。ただし著書「巨象も踊る」では、計画自体はガースナーがIBMに来る前からあり、それを検討し実行したと書かれている。
  • 1994年1999年、IBMと日立の提携で、IBMはS/390のCMOSプロセッサを日立に提供した[5]が、当初のCMOSは性能が低かったため、日立とアムダールはバイポーラによる高速なIBM互換メインフレーム開発に集中することで大成功を続けた。しかしS/390 G5,G6でCMOSの性能がバイポーラと逆転した影響で、日立は2000年に北米市場のメインフレーム市場から撤退し[6]2001年にIBMとのCMOSプロセッサの共同開発を発表した[7]。またアムダールも2000年後半にはIBM互換メインフレームの開発中止を発表した。

参照[編集]

  1. ^ S/390 Parallel Enterprise Server - IBM
  2. ^ メインフレームは「滅び行く恐竜」にあらず - CIO Online
  3. ^ Linuxでメインフレームのカムバックへ踏み出すIBM
  4. ^ Elliott, Jim (2004年8月17日). “"The Evolution of IBM Mainframes and VM" (PDF)”. SHARE Session 9140. 2007年10月21日閲覧。 Slide 28: "9672 to zSeries".
  5. ^ 日本IBMトピックス - 日立と汎用機での技術協力を発表 - 日本IBM
  6. ^ 日立が北米の事業方針を大転換、MFの新規営業を停止 - Nikkei BP
  7. ^ 日立と米IBM、サーバ/メインフレーム分野での包括的な提携を開始

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

IBMメインフレーム
シリーズ名 アーキテクチャ 主なモデル 主なOS 主な特徴
1952 701シリーズ - 701, 704, 709, 7090, 7040, 7094 - 科学技術計算用、真空管/トランジスタ
1953 702シリーズ - 702, 705, 7080 - 真空管/トランジスタ
1953 650シリーズ - 650, 7070, 7074, 7072 - 科学技術計算用、真空管/トランジスタ
1959 1401シリーズ - 1401, 1410, 1440, 7010, 1460 - 商用計算用、オールトランジスタ
1961 その他 - 305(RAMAC), 7030(Stretch) - ディスク装置(RAMAC)、マルチタスク(Stretch)
1964 System/360 S/360 20 - 195 OS/360, DOS/360, CP-67/CMS 汎用機アーキテクチャIC24ビットアドレッシング、仮想機械
1970 System/370 S/370 115 - 195 OS/VS(MVS), DOS/VS, VM/370 仮想記憶マルチプロセッサPPAR
1977 30x0, 4300, 9370 S/370, S/370-XA 303x/308x/3090, 43x1, 937x MVS/XA, DOS/VSE, VM/XA 31ビットアドレッシング・動的チャネルサブシステム(S/370-XA)
1990 ES/9000 S/390, ESA/390 9021, 9121, 9221 MVS/ESA, VSE/ESA, VM/ESA, AIX/ESA 64ビットデータ空間、拡張ストレージ(ES)、LPARESCONFICON
1994 S/390 ESA/390 9672/9674(G1 - G6), IBM Multiprise 2000/3000 OS/390, VSE/ESA, VM/ESA, Linux CMOS, 並列シスプレックス, UNIX互換環境(OS/390 USS)、Linuxサポート
2000 eServer zSeries z/Architecture z800/z900, z890/z990 z/OS, z/VSE, z/VM, Linux 64ビットアドレッシング、IFL、zAAP、zIIP、IPv6
2005 System z z/Architecture z9, z10 z/OS, z/VSE, z/VM, Linux IRD
2010 zEnterprise z/Architecture z114/z196, z12 z/OS, z/VSE, z/VM, Linux ブレード拡張(POWER, x86)
2015 z System z/Architecture z13 z/OS, z/VSE, z/VM, Linux
2017 IBM Z z/Architecture z14 z/OS, z/VSE, z/VM, Linux 暗号化zHyperLink