System/88

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

System/88(S/88、システム/88、しすてむはちじゅうはち)は、IBMが1985年にリリースした無停止コンピュータフォールトトレラント設計コンピュータ)である。

名称[編集]

正式名称は「IBM System/88」である。

概要[編集]

IBM System/88は、ストラタスが開発したフォールトトレラント・コンピュータを、IBMOEM提供を受けたものである。全てのハードウェア(部品)を二重化(多重化)し、オンラインの業務停止を最小化したい金融、小売、製造市場などで使用された。

歴史[編集]

詳細[編集]

IBM System/88は、ストラタスコンピュータ(現 ストラタステクノロジー)のStratus/32をベースとし、IBMが以下の拡張を行ったものである。

  • IBMの周辺機器サポート(PC、プリンター)
  • ソフトウェアの拡張(多国語対応)
  • ネットワーク(Systems Network Architecture)

IBM System/88は以下の4モデルがあり、モトローラ32ビットマイクロプロセッサである68020 を搭載していた。

  • Model 80 (1-WAY)
  • Model 82 (2-WAY)
  • Model 83 (3-WAY)
  • Model 84 (4-WAY)

PL/Iで書かれた分散型のオペレーティングシステム仮想記憶に対応しており、ユーザーアプリケーションを稼働させた。ハードウェア的には二重化(多重化)されていたが、ユーザーは単体でもネットワーク内でもシングルシステムイメージで使用できた。システムは統合されたトランザクション処理機能を維持し、ユーザーは6つの言語(PL/IFORTRANCOBOLPascalBASICC)でアプリケーションプログラムを書く事ができた。

主な競合相手はタンデムコンピューターズのNonStopシリーズであった。しかし1987年頃からIBMは製品系列を4つ(PS/2AS/400RS/6000ES/9000)に集約し始めた背景もあり、このSystem/88の以前にも以後にも、IBMはSystem/88のようなフォールトトレラント専用のコンピュータは出荷していない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]