Color Graphics Adapter

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RGBとコンポジット映像でのテキスト80桁表示の比較

Color Graphics Adapter (CGA) は、IBM PC用に1981年に開発された、PC用カラーグラフィックスカードであり、後の標準となったカードである。

CGAは16Kibytesのメモリを搭載し、80x25・40x25のテキスト16色か、640x200 2色、320x200 4色の表示モードを持つ。 また、テキストモードはMDAと上位互換性を持つ。コントローラにはMDA同様モトローラMC6845を用いている。

出力は15.75kHz/60HzのTTLレベルRGBIである。IBM純正のカードはNTSC準拠のコンポジット映像出力もできる。コンポジット映像出力で80x25・640x200表示をすると滲みが出る。

INT 10h ビデオモード一覧[編集]

INT 10h ビデオモード テキスト解像度 画面解像度 色数 QBasic
00h 40x25 テキストモード 2 -
01h 40x25 テキストモード 16 Screen 0; Mode Con: Lines=25 Cols=40
02h 80x25 テキストモード 2 -
03h 80x25 テキストモード 16 Screen 0; Mode Con: Lines=25 Cols=80
04h 40x25 320x200 4 Screen 1
05h 40x25 320x200 4 (白黒) -
06h 80x25 640x200 2 Screen 2

コネクタ[編集]

CGAのコネクタは DE-9である。

DE9 Diagram.svg

ピン配置
ピン番号 機能
1 GND
2 GND
3
4
5
6 輝度
7 (予約済)
8 水平同期
9 垂直同期

信号[編集]

方式 TTLレベル
解像度 640ドットx200ライン、320ドットx200ライン
水平同期周波数 15.75 kHz
垂直同期周波数 60 Hz
色数 16