Monochrome Display Adapter

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
IBM Monochrome Display Adapter (MDA)

Monochrome Display Adapter (モノクローム ディスプレイ アダプター、MDA) は、1981年IBM PC用に開発された標準ビデオカードである。CGAとともに、IBM PCおよびその互換機用の最初の標準ビデオカードであった。

MDAには4KバイトVRAMが搭載され、80桁×25行のテキストを表示することができた。また、プリンタインターフェースを持っており、当時求められていた、テキスト表示とプリントアウトのための機能を考えると、お買い得であった。コントローラは、CGA同様モトローラMC6845を用いている。

グラフィックスの解像度としては、720×350ピクセルに相当するため、後にこの解像度でグラフィック表示を行える Hercules Graphics Card がHercules社から発売され、おりからのスプレッドシートブームと相まって爆発的な売れ行きを示したと言う。

機能[編集]

MDAの合計画面解像度は720×350ピクセルで、9ピクセル幅が80字と14ピクセルの高さが25行の文字で構成される。しかし、MDAは各ピクセルを個別に扱うことはできず、各位置に256種類の文字を表示するテキストモードのみを備える。その始めの128字は標準的なASCII文字セット。後の128字はアクセント文字、ローマン体、数学記号やグラフィック文字を含んでおり、拡張ASCIIとして知られる。この文字セットはコードページ437として知られる。フォントパターンは8KBのROMに記憶されており、ソフトウェアから変更することはできない。アスキーアートが「グラフィカル」に表示を行う唯一の方法である。

文字アトリビュート[編集]

MDAによって生成される文字は、非表示、下線、通常、明瞭(ボールド)、反転、点滅の属性を持っている。いくつかの属性は組み合わせて使うことができる。

属性 表示例
非表示 非表示
通常 通常
下線 下線
明瞭 明瞭
明瞭・下線 明瞭・下線
反転 反転
非表示・反転 非表示・反転

コネクタ[編集]

MDAのコネクタは DE-9である。ピン番号は順にソケット正面の右上から左上、右下から左下へ。

DE9 Diagram.svg

ピン配置
ピン番号 機能
1 GND
2 GND
3 (未使用)
4 (未使用)
5 (未使用)
6 輝度
7 映像信号
8 水平同期(正論理)
9 垂直同期(負論理)

信号[編集]

方式 TTLレベル
解像度 80文字x25行、720ドットx350ライン相当
水平同期周波数 18.432 kHz
垂直同期周波数 50 Hz
階調数 2-4