webOS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
webOS
LG WebOS New.svg
開発者 LGエレクトロニクス
プログラミング言語 CC++, Qt
OSの系統 Unix系
開発状況 開発中
ソースモデル オープンソース
対象市場 組み込み機器
プラットフォーム ARM
カーネル種別 モノリシック
既定のUI GUI (Luna)
ライセンス Apache License
ウェブサイト webOS Open Source Edition
webOS Developer
テンプレートを表示

webOSは、2009年から旧Palm(現在HPの一部門) によって開発された、スマートフォンタブレットなど携帯機器向けのオペレーティングシステムおよび LinuxWebKit を中核としたソフトウエアプラットホームである。

2011年にはHPが独自開発を放棄してオープンソース化され、2013年に韓国LGがHPから事業を取得した。LGはwebOSを主としてスマートTVのOSとして利用すると目されていたため、この取り引きはwebOSの汎用モバイルOSとしての事実上の死を意味するとメディアに評された[1]

以上の目まぐるしい変遷ゆえに、Palm webOSHP webOSOpen webOSLG webOSといった名称も用いられる。

概要[編集]

2009年1月ラスベガスConsumer Electronics Show(CES)にて初代webOS搭載機としてPalm Pre(米Sprint Nextel社2009年6月6日発売)が発表された。Palm Treoの販売低迷、モバイルコンパニオンPalm Foleoの販売中止と経営が危ぶまれていたパーム社が、Apple幹部であったジョン・ルビンスタインを経営者に迎えて起死回生を掛け開発したため、世界的に成功を収めつつあるiPhoneを強く意識した設計となっている。

iPhoneと同様にiTunesとの同期が可能(Palm Media Sync)で、マルチタッチスクリーンをサポートしている。自機とウェブ上の情報をシームレス検索する「ユニバーサル検索」・「Twitter検索」・Palm Pre、PC、Webサイト上のアカウント情報などを一元管理できる「Palm Synergy」機能を備える。

マルチタスク機能を備え、HTML5JavaScriptCSSなどのウェブ標準技術によるアプリケーション開発を前提としており、インターネットとの融合を強く意識した設計となっている。

開発環境としてwebOS SDK(Palm Mojo SDK)を提供し、Palm Pre用アプリケーションストア「App Catalog」を開設している。

従来のPalm OS開発者向けに「Classic」というPalm OS用エミュレーターも提供すると発表された。

ウェブブラウザはiPhone同様WebKitをベースにストリーミングビデオ(RTSP、H.263、H.264)をサポートする。アドビシステムズもwebOS用Flash Playerを10.1以降から提供している。

2011年7月1日HP TouchPadを発売。

2011年8月18日、HPはwebOS事業の閉鎖を発表した[2]。発売したばかりの HP TouchPad 、HP Pre 3を含め、全商品の生産終了が発表された。しかし同年9月22日にCEOに就任したメグ・ホイットマンが事業継続に再びかじを切り、12月9日にオープンソース化を発表した[3][4]

2013年2月26日、LGはwebOS事業をHPから取得した。2014年、LGの薄型TVの一部にwebOSが搭載され販売されている。

CES 2017において、LGはwebOSを用いたスマート冷蔵庫を発表した[5]

2018年3月18日、LGはwebOSのオープンソース版を発表した[6]

2021年2月24日、LGは、自社製テレビに搭載しているOS「webOS」を他社にも提供すると発表した[7]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]