SHR (オペレーティングシステム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
SHR
開発者 SHR community
OSの系統 Unix系
開発状況 現行
ソースモデル FLOSS
使用できる言語 多言語
アップデート方式 opkg
パッケージ管理 opkg
対応プラットフォーム ARM
カーネル種別 モノリシック (Linux)
ユーザランド GNU
既定のユーザインタフェース Enlightenment's Illume 2
ライセンス メインはGNU GPL、加えて数種類の他のライセンス
ウェブサイト shr-project.org
テンプレートを表示

SHR(過去名:Stable Hybrid Release)とはOpenEmbeddedFSOフレームワークをベースにしたコミュニティー主導型のスマートフォンLinuxディストリビューションである。いくつかの違ったグラフィカルツールキットがGTK+Qtで作成できる[1][2]

システム要件[編集]

現行の安定版ではないテストリリース版がOpenmoko開発のARMアーキテクチャ搭載のNeo 1973FreeRunnerに搭載されていて、現時点ではHTC DreamHTC HD2Nokia N900Palm Preに移植されている。

搭載ソフトウェア[編集]

以下のソフトウェアがデフォルトでプリインストールされている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]