Sailfish OS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Sailfish OS
SailfishOS Screenshot1.png
開発者 ヨーラ
プログラミング言語 Qt/QML, C++
OSの系統 LinuxUnix系
開発状況 現行
ソースモデル クローズドソースのコンポーネントを追加したオープンソースのほか、サードパーティの拡張による他社ライセンスもありうる[1][2]
初版 2013年11月16日[3]
最新安定版 4.4.0.58 (Vanha Rauma) / 2022年3月29日 (10か月前) (2022-03-29)
リポジトリ ウィキデータを編集
対象市場 モバイルおよび汎用
使用できる言語 SDKとサポート文書は英語、末端デバイスのUIは21カ国語以上
パッケージ管理 RPM Package Manager[4]
プラットフォーム 32-bit64-bit ARMと64-bit x86
カーネル種別 Linuxカーネル
ユーザランド GNU
ライセンス

末端利用者向けのEULAが、使用されるオープンソースおよびコンポーネント由来の各種許諾内容を定義。

[1][2]
先行品 ノキアインテルの提携によるMeeGo
ウェブサイト sailfishos.org
テンプレートを表示
ヨーラ, Mer, Nemo Mobile 3社による合同集中作業(ハッカソン)、2012年9月

Sailfish OS (セイルフィッシュ オーエス)は、フィンランドヨーラ社によって開発されているLinuxベースのオペレーティングシステム(OS)。Merなどのオープンソースを基本とするがクローズドソースUIも含んでいる。

このOSは、2013年にヨーラ社スマートフォンで最初に出荷され[注釈 1]、続いて2015年に同社タブレット[5]および同OSとライセンス契約を結んでいる他の販売会社からも出荷された[6]。このOSは、熱心なコミュニティによってスマートフォン[7]やタブレットを含むサードパーティのモバイル端末に移植されている[8]。Sailfish OSは様々な種類の端末で使用可能であり、日本国内だとソニーモバイルコミュニケーションズXperia端末で使える仕様である[9]

経緯および開発[編集]

このOSは、ノキアインテルの提携により以前開発されていたLinux系OSのMeeGo を進化させた後継種である。中核部のMer[注釈 2]には、MeeGoの遺産といえるコードの約80%が含まれている。これを土台に、カスタムUIとデフォルト (コンピュータ)のアプリケーションを有するヨーラがOSの拡張を行なった。ヨーラとMER事業は、当時のMeeGo事業の予期せぬ頓挫につながった失敗を避けるため、メリトクラシー体制[注釈 3]を敷いている。

開発状況[編集]

Sailfish OSはヨーラによって推進され、2011年に設立された企業提携グループSailfish Alliance (OEMおよびODMメーカー、チップセット供給業者、オペレーター企業、アプリ開発会社、小売業者を結びつけるために設立)によってサポートされている[10]。2012年8月16日、同UIの公開準備が整ったと報道された。 ヨーラ社CEOのユッシ・ハルモラは「我々のUIは今や準備万端ですが、まだ非公開にします。我々は製品発売までそれを温存する予定で、現在プラットフォームの立ち上げ中なので、この事業はかなり上手く行きそうです」とZDNetのインタビューで語り[11]、その翌日には、同じくヨーラ社CEOのマーク・ディロンが最初の開発目標に達したとTwitter上で語った。

Sailfishは、2012年11月21-22日にヘルシンキでのSlushイベントで、OSのデモとして、ヨーラチームによって初披露され(世界規模のネット配信含む)、またUIやソフトウェア開発キット(SDK)も公開された。Sailfish OS SDKのα版は2013年2月末に公開され、無料ダウンロードできるようになった。

2013年9月16日、ヨーラはこのOSにAndroidのアプリケーションおよびハードウェアとの互換性を持たせたと発表した[12]。それを組み込んだ最初の電話は、2013年11月27日にヘルシンキで発売。そのイベントでは最初の450台が販売され、予約済みの端末の残り台数もほどなく出荷された。

2015年9月、ver1.1.9.28"Eineheminlampi"がリリースされ、改良されたSailfish OS 2.0のUIの主要素が追加された。Sailfish 2.0はヨーラのタブレット端末で発売され、既存デバイスについては同社公式チャンネルから2.0へのアップグレードでるように対応した。

2016年5月、ヨーラはSailfish コミュニティ向けの端末プログラムを公表し、SailfishOSコミュニティの開発者と会員をサポートした。

2018年、スペインのバルセロナで開かれたMWCでSailfish 3が発表され、日本だとXperia端末で使えるようになった[9]

ソフトウェアアーキテクチャ[編集]

Sailfish OSと同ソフトウェア開発キットはLinuxカーネルとMerを土台としている[13][14][15]。Sailfish OSには、ヨーラによってWaylandディスプレイサーバ通信プロトコル)上に構築された"Lipstick" と呼ばれるマルチタスク実行のグラフィカルシェルが入っている[16]。ヨーラは無料でオープンソースの描画デバイスドライバを使用しているが、Hybris (ソフトウェア)英語版ライブラリではAndroid向けに独自のドライバを使うこともできる[17][18]。ヨーラの掲げる目標は、Sailfishが最終的にオープンソースになることである[2]

Sailfish OSは、独自の互換性レイヤを介してAndroidアプリケーションを実行することができる[19]

ソフトウェア概要[編集]

スマホ画面で実行中のSailfish OS(ver 2.0.2.51)

UI の対応言語[編集]

公式では、ヨーラはこのUIについて14言語対応(デンマーク語,ドイツ語,イギリス英語,スペイン語,フランス語,イタリア語,ノルウェー語,ポーランド語,ポルトガル語,フィンランド語,スウェーデン語,ロシア語,中国語,香港語)を公言している。

このそれぞれに対して、OSには専用のキーボードがある。ヨーラの管轄下ではない有志コミュニティによって非公式ながらサポートされている言語が幾つかあり、合計で20以上の言語(日本語など)に対応している。追加言語は、Linuxアーキテクチャのため若干知識も要るがユーザー側でインストール可能である[20][21]

バージョン履歴[編集]

バージョン[22][23] リリース日[24] 名称[25]
v0.99.5 2013.11.13 Haaganlampi(開発者向け限定)
v0.99.6 2013.11.11 Idörpottarna(開発者向け限定)
v1.0.0 2013.11.16 Kaajanlampi(最初の公開バージョン)
v1.0.1 2013.12.02 Laadunjärvi(1回目の更新)
v1.0.2 2013.12.27 Maadajärvi (2回目の更新)
v1.0.3 2014.01.27 Naamankajärvi (3回目の更新)
v1.0.4 2014.03.11 Ohijärvi
v1.0.5 2014.04.07 Paarlampi
v1.0.6 未公開 Raatejärvi 、これはv1.0.7と同時更新
v1.0.7 2014.06.03 Saapunki
v1.0.8 2014.07.03 Tahkalampi
v1.1.0 2014.09.16 Uitukka 、オプトイン型の更新と称された
v1.1.1 2014.12.14 Vaarainjärvi
v1.1.2 2015.02.01 Yliaavanlampi
v1.1.3 未公開 Åkanttrasket、これはv1.1.4と同時更新
v1.1.4 2015.03.24 Äijänpäivänjärvi
v1.1.5 未公開 Österviken、これは公表前段階で削除
v1.1.6 2015.05.27 Aaslakkajärvi
v1.1.7 2015.06.24 Björnträsket
v1.1.9 2015.08.18 Eineheminlampi
v2.0.0 2015.10.19 Saimaa
v2.0.1 2016.01.12 Taalojärvi
v2.0.2 2016.05.13 Aurajoki
v2.0.3 2016.07.06 Espoonjoki、これはTuring Phone専用[26]
v2.0.4 2016.11.04 Fiskarsinjoki
v2.0.5 2016.12.14 Haapajoki
v2.1.0 2017.02.03 Iijoki
v2.1.1 2017.05.15 Jämsänjoki
v2.1.2 2017.09.20 Kiiminkijoki
v2.1.3 2017.10.06 Kymijoki
v2.1.4 2018.02.12 Lapuanjoki
v2.2.0 2018.05.30 Mouhijoki
v2.2.1 2018.08.31 Nurmonjoki
v3.0.0 2018.10.29 Lemmenjoki
v3.0.1 2019.01.02 Sipoonkorpi
v3.0.2 2019.03.13 Oulanka
v3.0.3 2019.04.23 Hossa
v3.1.0 2019.07.15 Seitseminen
v3.2.0 2019.10.24 Torronsuo
v3.2.1 2019.12.05 Nuuksio
v3.3.0 2020.04.01 Rokua
v3.4.0 2020.09.22 Pallas-Yllästunturi(ヨーラ社スマホ向け最終公開版)[27]
v4.0.1 2021.02.03 Koli
v4.1.0 2021.05.10 Kvarken
v4.2.0 2021.08.25 Verla
v4.3.0 2021.10.28 Suomenlinna
v4.4.0 2022.03.15 Vanha Rauma[28]

*Sailfish 1.0は、フィンランドの湖にちなんでバージョン名が付けられている[29]

  • Sailfish 2.0は、フィンランドの川にちなんで命名されている[30]
  • Sailfish 3.0 および 4.0 は、フィンランド国立公園にちなんで命名されている[31]
  • Sailfish 4.1以降は、フィンランドのユネスコ世界遺産にちなんで命名されている[32]

なお、インストール済みSailfishOSを古い(例えば工場出荷時の端末)バージョンから更新する場合に、必要なバージョン(Stop release)が幾つかある。これらを飛ばしてはならず、後続バージョンを導入する前にインストールする必要がある。これらは以前のバージョンと互換性のない新機能を提供しており、SailfishOSのインストールを不安定状態にさせないために必要なバージョンで、以下のものがある。

バージョン リリース日 名称
v1.0.2.5 2013.12.27 Maadajärvi
v1.1.2.16 2015.02.25 Yliaavanlampi
v1.1.7.28 2015.08.31 Björnträsket
v1.1.9.30 2015.10.22 Eineheminlampi
v2.0.0.10 2015.11.03 Saimaa
v2.0.5.6 2016.11.22 Haapajoki (Jolla CやIntex Aquafishonlyなど、一部端末のみ必要)
v2.2.0.29 2018.06.07 Mouhijoki
v3.0.0.8 2018.11.11 Lemmenjoki
v3.2.0.12 2019.11.05 Torronsuo
v3.4.0.24 2020.10.13 Pallas-Yllästunturi
v4.0.1.48 2021.02.16 Koli
v4.1.0.24 2021.05.27 Kvarken
v4.2.0.21 2021.09.16 Verla
v4.3.0.15 2022.02.16 Suomenlinna
v4.4.0.58 2022.05.29 Vanha Rauma

Sailfishのウェブサイトでは、移植の問題に関する知識・リンク・手順のオンライン概要が公開されている[33]

Sailfish OS上で実行するAndroid[編集]

既存のアプリに加えて、SailfishはアプリストアまたはAPKファイルを介して直接インストールすることで、大半のAndroidアプリを実行可能である。対応しているAndroidのバージョンは、ヨーラ社独自のスマホでは4.1.2、ヨーラC(携帯電話)とヨーラ社タブレットおよびXperia Xでは4.4.4 、Xperia XA2Xperia 10Xperia 10 IIでは8.1.0 と9と10である(Sailfish OSのリリース時による)[34]。これらのアプリが制御に関する Android規格に従わずに構築された場合は問題を起こす可能性があり、正しく画面表示されず使用できなくなる場合がある。

Sailfish OSは、Alien Dalvikという自社権利のAndroid互換性レイヤを使用している。それはAndroidコピーをエミュレータ (コンピュータ)しないが、代わりにAndroidオープンソース・プロジェクト(ASOP)コードをアプリとして実行するよう適合させることでそのAPIを実装している。こうすることでAndroidアプリは、何らかの知覚できる遅延もなく本来の速度で実行可能である。Sailfish は、ユーザーが臨機応変にそれを切り替えて、Sailfish 本来のソフトとAndroidソフトの両方を同時実行することが可能である[35]

Alien Dalvik 8.1以降は、LXCを活用してセキュリティを向上させている[36]

ハードウェア概要[編集]

Sailfish OSは、LinuxカーネルのサポートがありMerコアを利用したミドルウェアと互換性のあるハードウェアで使用可能である。有志コミュニティがこの手法で多くの端末にSailfish OSを移植している[37]。特定のHRPを指定する代わりに、Sailfish SDKでのVirtualBox実装がLinuxやOS XWindowsOSでの開発用に利用可能である。このバーチャルマシンの実装にはローカルリソースとローカルOS から孤立したSailfish OS全体が含まれ、実際の端末に展開する前にコード化ないし移植されたソフトウェアの動作およびパフォーマンスを簡単に評価できるようになる[38][39]

ヨーラ社端末[編集]

  • ヨーラC(携帯電話)
  • ヨーラタブレット
  • ヨーラフォン(スマートフォン)

ライセンス供与の他社端末[編集]

メーカーは、ライセンス供与されたSailfish OSを組み込んだ又はオープンソースと組み合わせたモバイル端末を提供可能である。以下は、バージョンXのSailfishが利用可能な端末機種である[40]

同志コミュニティによる他社製端末への移植[編集]

移植の比較的容易さとオープンソースのライセンスにより、Sailfish OSは他のサードパーティ社製端末へ非公式に移植されている[41]。移植者向けにハードウェア適応開発キットが公開されており、無料である[42]。これらの移植は、主にMaemoやXDA Developersの討論コミュニティで公開されており、Mer wikiでは移植リストがまとめられている[43]。ライセンス制限のため、Androidアプリ用の互換性レイヤ(Alien Dalvik)などの権利部分や拡張機能は含まれていない。ただし、例えばメーカーや販売代理店がコミュニティ版から特定端末向けに公式サポートされているバージョンに変えた場合などは、それらの追加も可能となる。当初は80以上の移植があって、依然として運用中の移植版が19存在しており(2019年3月現在)、それらはSailfish 3に更新されたことになっている。

日本国内メーカーの製品では、ソニーのXperia X Compact[44]にコミュニティ移植版がある。

Sailfish アライアンス[編集]

Sailfish アライアンスは、MeeGoの収益協調体制を支援するべくヨーラ社によって2011年に設立された門戸開放型企業提携であり、様々な目的やモバイル端末向けにヨーラや他の当事者による独自コンポーネントとmerとを組み合わせたLinux運用システムのSailfish OSを活用した、新製品や新サービスや新たなビジネスチャンスを提供している。また、SailfishOSが一部含まれるLinuxMeeGo収益協調体制の開発を続けている。

この提携は、Androidのオープン・ハンドセット・アライアンスのような他団体の競争相手と見なされている。

2011年、ノキアで働いていたMeeGoチームの一部が去り、元従業員による企業独立事業に資金提供する「ブリッジ(橋渡し)」プログラムを通じてノキアから資金提供を受けた[45][46][47]。Sailfishアライアンスは、フィンランドのソフトウェア開発会社と海外の携帯電話メーカーとの協業を模索しており、その一部が中国にある[48][49]。ニュースメディアは、中国やインド国内にあるメーカーの多くがAndroidの代替品を望んでいると報じている[50][51]

この企業提携は、「OEMおよびODMメーカー、チップセット提供企業、運用事業者、アプリ開発業者、小売業者を統合する」ことを目的としている[52]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ スマホ自体は2016年に販売休止となったが、2020年末までソフトウェアの更新は行われていた。
  2. ^ この名称には、MeeGoを再構築した(MeeGo reconstructed)という意味がある。詳細は英語版en:Mer (software distribution)#Revival with "MeeGo Reconstructed"を参照。
  3. ^ 業績主義や実力主義にあたるもので、ここでは「OSの実用性向上を最重要視して、その功績によって評価される開発体制」くらいのニュアンス。

出典[編集]

  1. ^ a b Sailfish End User License Agreement”. Jolla. 2014年11月30日閲覧。
  2. ^ a b c Sailfish License Information”. Jolla. 2015年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月25日閲覧。
  3. ^ Sailversion”. CodeRUS. 2021年11月22日閲覧。
  4. ^ Packaging Applications for Distribution”. SailfishOS.org. SailfishOS.org. 2014年2月24日閲覧。
  5. ^ Jolla Tablet: Aiming for Closure”. Official Jolla Blog (2016年1月28日). 2016年2月10日閲覧。
  6. ^ Jolla signs up India's Intex as first Sailfish OS licensee”. PCWorld. 2016年2月26日閲覧。
  7. ^ Sailfish OS on Fairphone 2 - a community driven project”. 2016年2月10日閲覧。
  8. ^ Adaptations/libhybris”. mer project wiki. 2016年9月8日閲覧。
  9. ^ a b 週刊アスキー2018年は日本へ “第3のモバイルOS”、Jolla「Sailfish OS」がXperiaに展開」2018年03月10日
  10. ^ Jolla”. 2013年11月19日閲覧。
  11. ^ Tung, Liam. “Jolla's MeeGo UI is ready to go - and it's on the hunt for mobile talent”. ZDNet.com. 2012 CBS Interactive. 2012年8月16日閲覧。
  12. ^ Bhushan, Amarendra. “Jolla Sailfish OS Now Supports Android Hardware And Applications”. CEOWORLD Magazine. 2013年9月16日閲覧。
  13. ^ SailfishOS.org”. Sailfishos.org. 2022年6月25日閲覧。
  14. ^ What is Sailfish OS? 5 Things to Know”. Blog.laptopmag.com. 2022年6月25日閲覧。
  15. ^ SailfishOS.org”. 2013年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月25日閲覧。
  16. ^ Holwerda, Thom (2014年1月30日). “From Providence to Lahaina: the Jolla review”. 2014年4月21日閲覧。
  17. ^ Jolla Brings Wayland Atop Android GPU Drivers”. Phoronix.com. 2022年6月25日閲覧。
  18. ^ SailfishOS.org”. 2013年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月25日閲覧。
  19. ^ Jolla OS Will Run Android Apps Says CEO Jussi Hurmola” (2012年8月20日). 2012年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月25日閲覧。
  20. ^ Language Settings”. Jolla com. Jolla ltd. 2016年6月14日閲覧。
  21. ^ はじめての HMD Nokia「http://nokinokia.blogspot.com/2018/07/sailfish-os-1.html Sailfish OS と日本語 その1」2018年7月21日
  22. ^ Sailfish OS release notes up to v3.3.0”. Jolla Oy. 2021年11月22日閲覧。
  23. ^ Sailfish OS release notes since v3.4.0”. Jolla Oy. 2021年11月22日閲覧。
  24. ^ Sailversion”. CodeRUS. 2021年11月22日閲覧。
  25. ^ History of Sailfish OS 1.0 by Jolla”. Review Jolla (2015年8月10日). 2021年11月22日閲覧。
  26. ^ Dream Seed「高いセキュリティをうたうTuring PhoneがSailfish OSを採用するらしい」2016年2月3日
  27. ^ Last version to support the original Jolla Phone sailfishos.org release notes for version 4.0.1 on 2021-04-21: Support for the Jolla 1 phone ended with version 3.4.0
  28. ^ [Release notes] Vanha Rauma 4.4.0” (2022年3月11日). 2022年6月25日閲覧。
  29. ^ Suomalainen, Aleksi (2013年11月28日). “Jolla system updates will be named after a Finnish lake”. The Jolla Blog. 2014年4月24日閲覧。[信頼性要検証]
  30. ^ release notes 2.0.2/Aurajoki” (2016年7月28日). 2016年10月5日閲覧。
  31. ^ Sailfish 3 is here!” (2018年10月31日). 2019年2月2日閲覧。
  32. ^ Sailfish OS Verla introduces a new sharing system, camera updates, and more” (英語). Jolla Blog (2021年9月16日). 2021年10月3日閲覧。
  33. ^ Porting/Hartmattan ? SailfishOS”. 2014年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月2日閲覧。
  34. ^ What Android apps does Sailfish OS support and how do I get them?”. 2022年6月25日閲覧。
  35. ^ McAllister, Neil (2013年11月15日). “Jolla's Android-aping Sailfish OS smartphones to land in November”. The Register (Situation Publishing). https://www.theregister.co.uk/2013/11/15/jolla_phones_to_ship_in_november/ 2013年11月16日閲覧。 
  36. ^ [release notes Sailfish X Beta (3.0.1.14) [closed] - together.jolla.com]”. together.jolla.com. 2022年6月25日閲覧。
  37. ^ https://wiki.merproject.org/wiki/Adaptations/libhybris#Smartphones
  38. ^ Tools” (英語). Sailfish OS Documentation. 2022年6月16日閲覧。
  39. ^ Installation” (英語). Sailfish OS Documentation. 2022年6月16日閲覧。
  40. ^ Sailfish X: For Which Device Models is it Available?”. Zendesk.com. Jolla Oy (2022年6月1日). 2022年6月6日閲覧。
  41. ^ Devices”. reviewjolla.blogspot.it. 2017年11月2日閲覧。
  42. ^ Hardware Adaptation Development Kit”. Hardware Adaptation Development Kit. sailfishos.org. 2016年4月14日閲覧。
  43. ^ Adaptations/libhybris”. wiki.merproject.org/wiki. merproject.org. 2015年8月28日閲覧。
  44. ^ Patcher script that applies the f5321 (Xperia X Compact) compatibility layer on top of official Sailfish X f5121 images”. github.com. 2019年3月11日閲覧。
  45. ^ “Many former Nokia employees start businesses of their own”, Helsingin Sanomat, http://www.hs.fi/english/article/Many+former+Nokia+employees+start+businesses+of+their+own/1329104331230 
  46. ^ Lunden, Ingrid. “Nokia Bridge: Nokia's Incubator Gives Departing Employees ?25k And More To Pursue Ideas That Nokia Has Not”. techcrunch.com. techcrunch.com. 2013年6月7日閲覧。
  47. ^ Tung, Liam. “Inside Nokia Bridge: How Nokia funds ex-employees' new start-ups”. zdnet.com. 2013 CBS Interactive. 2013年6月7日閲覧。
  48. ^ David Meyer. “Gigaom Jolla's MeeGo revival plans shape up with $260m ecosystem alliance”. 2022年6月25日閲覧。
  49. ^ Liam Tung. “Jolla: All eyes are on the hardware - but what about the ecosystem?”. ZDNet. 2022年6月25日閲覧。
  50. ^ Liam Tung. “Jolla gives first look at Sailfish OS as it plans assault on Google, Apple app stores”. ZDNet. 2022年6月25日閲覧。
  51. ^ Akolawala, Tasneem (2015年3月4日). “Jolla, Snapdeal form alliance to promote Sailfish OS among Indian smartphone manufacturers”. BGR India. 2018年12月17日閲覧。
  52. ^ Jolla's Sailfish OS promises multitasking, personalization and 'effortless interaction'”. engadget.com (2012年11月21日). 2012年11月26日閲覧。

外部リンク[編集]