Openmoko Linux

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Openmoko Linux
Qtmoko v26 Main.png
開発元企業 / 開発者 The Openmoko Team
OSの系統 Linuxディストリビューション
ソースモデル オープンソース
最新開発版リリース 2009年6月
対象市場 スマートフォン
カーネル種別 Linuxカーネル
既定のUI GUIGTK+Qtなど)
ライセンス GNU General Public License
ウェブサイト http://www.openmoko.org/

Openmoko LinuxとはOpenmokoプロジェクトにより開発が進められているスマートフォン向けのOSである。これはÅngström distribution英語版を基にしており、様々なフリーソフトウェアを含んでいる[1]。Openmoko Linuxの主要ターゲットとなるハードウェアはOpenmoko Neo 1973とNeo FreeRunnerであった。更に他の携帯電話プラットフォームシステムに移植した成果も既に得られている[2]

Openmoko Linuxは、2007年から2009年までOpenmoko Inc.により開発が進められていたが財政的問題により開発は中断した。その後、Openmoko用のソフトウェア開発をコミュニティが引き取り、SHRQtMokoHackable:1などを含む様々なプロジェクトが再開された。

コンポーネント[編集]

Openmoko LinuxはLinuxカーネルGNU CライブラリX.Org Serverに加え、EFLツールキット英語版GTK+ツールキットQtツールキットを利用し、illumeウィンドウマネージャ(以前はMatchboxだった)により構築される独特のGUI環境が備わっている[3]OpenEmbeddedビルドフレームワークopkg英語版と呼ばれるipkgパッケージ管理システムの改変版がソフトウェアパッケージ英語版の作成かつ管理に利用される。これは、Linuxカーネル、WebKitJavaを除くすべての内部コンポーネントがPC用ディストリビューションと比べ非標準と思われるAndroidとは大きく異なるアプローチを取っている[注釈 1]。Androidをターゲットとしたアプリケーションは実質再作成を余儀なくされ、ほとんど移植性がない。一方、Openmokoは既に多く存在するLinuxデスクトップアプリを容易に移植できる。しかしながら、指先で動作するインタフェース指向の実現や極めて小さいスクリーンを持つ環境で利用可能にするため、計算資源やスクリーンの解像度が限られる中、既存アプリケーションの実質的再作成が要求される場合もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ Androidでは、標準CライブラリにBionic、Java用にDalvik仮想マシン、新しいフレームバッファ英語版HIDやその他周辺機器を取り扱うため、新規にプロプライエタリなコンポーネントを作成し利用している。Googleはまたコミュニティに対しLinuxのコード変更などを還元していないとして非難されている。詳しくはLinuxカーネル主要開発者グレッグ・クロー=ハートマンの講演を参照せよ。 Greg Kroah Hartman on the Linux Kernel”. Google TechTalks英語版. YouTube (2008年6月5日). 2011年7月22日閲覧。

出典[編集]

  1. ^ Sean Moss-Pultz (2007年1月20日). “[openmoko-announce] Free Your Phone”. openmoko-announce mailing list.. http://lists.openmoko.org/pipermail/announce/2007-January/000000.html 2011年7月22日閲覧。 
  2. ^ Openmoko supported devices”. wiki.openmoko.org. 2011年7月22日閲覧。
  3. ^ List of software used by OpenMoko”. wiki.openmoko.org. 2011年7月22日閲覧。

外部リンク[編集]