グレッグ・クロー=ハートマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレッグ・クロー=ハートマン
ニュルンベルクSUSEオフィスにて
住居 アメリカ合衆国の旗 アメリカ
別名 Greg K-H[1], GregKH
職業 プログラマ
雇用者 ノベル
公式サイト
http://www.kroah.com/
テンプレートを表示

グレッグ・クロー=ハートマン(Greg Kroah-Hartman)は、Linuxカーネル開発者である。彼は現在、-stable (一部リリースはLong term releaseとも呼ばれ、長期のメンテナンスが行われる)ブランチのLinuxカーネルをクリス・ライト英語版とともにメンテナンスしている[2]。主に、次のカーネルサブシステムを管理している。目下開発中のドライバが投入されるstagingサブシステム、USB、driver core、debugfskrefkobjectそしてsysfsサブシステムである[2]。また、ユーザー空間I/OをHans J. Kochとともに開発し、TTYレイヤーの管理を行っている[2]linux-hotplugのメンテナでもあり、udevプロジェクトの創設者である。加えて、彼はGentoo Linuxにおけるいくつかのプログラムならびにカーネルのメンテナンスを手助けしている。彼は、ノベルSUSEラボ部門に所属している。また現在、Linux Driver Projectに対しフルタイムで作業を行っている[3]

彼は、"Linux Device Drivers, 3rd Edition"の共同執筆者である[4]。そして、"Linux Kernel in a Nutshell"の著者である[5]。かつてはLinux Journalへ寄稿したことがある。彼はまた、LinuxカーネルとコンピュータのニュースサイトLWN.net英語版にも記事を寄せている。

クロー=ハートマンはしばしば、Linuxカーネル開発やドライバ開発に関する文書について、講演[6][7]やチュートリアル[8][9]を交え説明する。

2006年には、彼はLinuxデバイスドライバ開発を行うプログラマのために開発導入用のCDイメージをリリースした[10]

カンファレンス[編集]

LFによるインタビューにて

彼はLinuxカーネル開発の詳細な情報の説明やドライバ開発のチュートリアルセッションを多く行っている。2006年にはLinuxシンポジウムにて基調講演を行った[6]2010年六本木で開催されたLinux Foundation(LF)主催のLinuxCon Japan / Tokyo 2010[11]においては主に-stableツリーの管理についての講演を行った[12]。講演の最中にバグ修正が完了したLinuxカーネルバージョン2.6.35.7をリリースしており、その中でソースコードのトップレベルMakefileにかかれた「コードネーム」をYokohama(LFの日本法人所在地である)と名前を変えリリースした[13][14]

書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Greg K-H's Linux Stuff”. www.kroah.com. 2011年5月19日閲覧。
  2. ^ a b c Linux kernel Maintainers file”. git.kernel.org. 2010年9月21日閲覧。
  3. ^ Greg Kroah-Hartman (2007年9月27日). “Linux Driver Project Kickoff”. Kroah.com. 2009年6月20日閲覧。
  4. ^ O'reilly: Linux Device Drivers, Third Edition”. Oreilly.com. 2009年6月20日閲覧。
  5. ^ O'reilly: Linux Kernel in a Nutshell”. Oreilly.com. 2009年6月20日閲覧。
  6. ^ a b Greg Kroah-Hartman (2006年7月23日). “Linux Symposium: Keynote by Greg Kroah-Hartman, myths, lies, and truths about Linux kernel development”. Kroah.com. 2009年6月20日閲覧。
  7. ^ O'reilly Net: Current State of the Linux Kernel”. Conferences.oreillynet.com. 2009年6月20日閲覧。
  8. ^ O'reilly Net: Write A Real, Working Linux Driver”. Conferences.oreillynet.com. 2009年6月20日閲覧。
  9. ^ Linux Symposium: Write a real, working Linux driver tutorial”. freedomhectaipei.pbworks.com. 2011年2月3日閲覧。
  10. ^ Linux DDK (Device Drivers Kit)”. Kernel.org (2006年5月24日). 2009年6月20日閲覧。
  11. ^ LinuxCon Japan / Tokyo 2010”. events.linuxfoundation.jp. 2011年2月3日閲覧。
  12. ^ The Stable Linux Kernel Tree, Delivering a Stable Platform on a Constantly Moving Base : Greg Kroah-Hartman, Novell (ビデオ)”. video.linux.com. 2011年2月3日閲覧。
  13. ^ Linux 2.6.35.7 is out during the LinuxCon 2010 Tokyo conference. (Greg Kroah-Hartman)”. YouTube (2010年9月29日). 2011年2月3日閲覧。
  14. ^ Linux 2.6.35.7: Done at LinuxCon Tokyo 2010”. git.kernel.org (2010年9月29日). 2011年2月3日閲覧。
  15. ^ Mike Linksvayer (2007年1月18日). “Linux Kernel in a Nutshell: The Secret Goal”. Creative Commons. creativecommons.org. 2011年8月27日閲覧。
  16. ^ Mike Linksvayer(マイク・リンクスヴァイアー)、山田雅之 (2007年2月3日). “「Linux Kernel in a Nutshell」の隠れた目標”. Creative Commons、クリエイティブ・コモンズ・ジャパン. creativecommons.jp. 2011年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]