postmarketOS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
postmarketOS
PostmarketOS logo.svg
開発者 postmarketOS community
OSの系統 Unix系
開発状況 開発中
ソースモデル オープンソース
初リリース 2017年5月6日(2年前) (2017-05-06
アップデート方式 apk-tools
パッケージ管理 apk-tools
対応プラットフォーム ARM
AArch64
x86
x86-64
カーネル種別 モノリシックカーネル
既定のユーザインタフェース GNOME 3MATEPlasma Mobileなど
ライセンス GNU GPL v3などのフリーソフトウェアライセンス
ウェブサイト postmarketos.org
テンプレートを表示

postmarketOS(ポストマーケットオーエス、略称:pmOS)は、Alpine LinuxをベースとしたFLOSSモバイルオペレーティングシステムである。GNOME 3i3MATEPlasma MobileXfce 4などのX11WaylandベースのUIに対応している[1]。このプロジェクトではスマートフォンを10年間利用できるようにすることを目標としている[2][3]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Supported interfaces”. 2018年5月21日閲覧。
  2. ^ “スマホなどの10年使用目指すOS開発プロジェクト「postmarketOS」”. 財経新聞. (2017年8月23日). https://www.zaikei.co.jp/article/20170823/394030.html 2018年5月21日閲覧。 
  3. ^ Aiming for a 10 year life-cycle for smartphones” (2017年5月26日). 2018年5月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]