LineageOS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
LineageOS
LineageOS Android Distribution
LineageOS Logo.svg
CyanogenMod 13 homescreen english.png
CyanogenMod 13 (Android 6.0 "Marshmallow") ベースであるLineageOS 13のデフォルトホームスクリーン[1]
開発者 LineageOS open-source community
プログラミング言語 C(コア)、C++(いくつかのサードパーティーライブラリ)、Java (UI)
OSの系統 Unix系
開発状況 開発中
ソースモデル オープンソース
最新開発版リリース LineageOS 14.1/13.0 / 2017年4月4日(7か月前) (2017-04-04[2]
対象市場 Android携帯デバイス用ファームウェアの置き換え
使用できる言語
アップデート方式 Over-the-air (OTA)英語版、ROMフラッシュ
パッケージ管理 APKまたはGoogle Play Store(可能な場合)
対応プラットフォーム ARM, ARM64, x86, x86-64
カーネル種別 モノリシック (Linux)
ライセンス Apache License 2.0[3]
ウェブサイト lineageos.org
テンプレートを表示

LineageOSAndroidをベースとした、スマートフォンタブレット用のフリーでオープンソースなオペレーティングシステムである。LineageOS Android DistributionLineage (/ˈlɪn.i.ɪdʒ/) としても知られ、カスタムROMとして非常に人気が高かったCyanogenModの後継である。Cyanogen Inc.がCyanogenModの開発を中止しCyanogenModプロジェクトを支えたインフラを閉鎖した2016年12月に、LineageOSはCyanogenModからフォークされた[4][5]。LineageOSは2016年12月24日に公式に開始され、その日からGitHubでLineageOSのソースコードが利用可能となった[6]

Cyanogen Inc.がCyanogenという名前の権利を保持しているため、このフォークではLineageOSへ改名することとなった[7]

背景[編集]

CyanogenMod(しばしば "CM" と略される)はAndroidモバイルプラットフォームをベースとした、スマートフォンやタブレット用のオープンソースオペレーティングシステムとして非常に人気が高いものであった[8]。全CyanogenModユーザー中、ファームウェアの使用を報告していたのは一部のみであったが[9]、2015年3月23日の時点において、スマートフォンでCyanogenModを起動している人が5,000万人いることを指し示す報告もいくつか存在した[8][10]。CyanogenModは他のROMの開発者が出発点としてよく使用していた[要出典]

2013年、創始者であるスティーブ・コンディックがCyanogen Inc.の名の元にベンチャーファンドを調達することで、CyanogenModプロジェクトの商用化が可能となった[1][11]。しかし彼の意見によるとCyanogen Inc.はCyanogenModプロジェクトの成功を生かせず、2016年にCEOの異動、オフィスやプロジェクトの閉鎖、サービスの停止など[12]の企業リストラの一環として、スティーブは自らの意思か解雇されたのかは不明だがCyanogen Inc.を去った[13][14]。オープンソースで人気のあったCyanogenModのコードそのものは、新しくLineageOSと名付けられて迅速にフォークされ、コミュニティの努力によってコミュニティプロジェクトとして開発が再開された。

CyanogenModからフォークされて誕生したLineageOSは、携帯デバイスベンダーが配布した公式ファームウェアにはない機能やオプションを提供した。CyanogenModがサポートしていた機能にはネイティブテーマ[15]FLACオーディオコーデック、巨大なAPNリスト、プライバシーガード(アプリケーション毎に権限を管理するアプリケーション)、共通のインタフェースを介したテザリングCPUオーバークロックやその他のパフォーマンス強化、アンロック可能なブートローダーとルートアクセス、ソフトボタンと他の通知(Wi-FiBluetoothGPSなど)のプルダウンを切り替える「タブレット調整」、その他のインタフェースの拡張などがあり、後にこれらの大半はAndroidのソース自体へと統合された。開発者によるとCyanogenModにはスパイウェアブロートウェアが含まれていないとのことである[16][17]。CyanogenModは公式のファームウェアリリースと比べ、性能や信頼性が向上しているとも言われていた[18]

CyanogenModと異なり、root権限はファームウェアに初めから組み込まれることはなくなったがオプションとして提供されており、自由にインストールを行うことが可能である。また、このオプションをインストールした後から不要に成った場合にも削除することが可能である[19]

開発[編集]

LineageOSプロジェクトはCyanogenMod同様、多くのデバイス固有のメンテナによって開発されており、コードレビュープロセスにはGerrit英語版が使われる。LineageOSはCyanogenModにおける古いバージョニングのフォーマットも保持された(例を挙げると、Android 7.1に対応するLineageOSのバージョン番号は14.1である)。ビルドは週一のペースを基本としてリリースされ、LineageOSの秘密鍵で署名されている[20]

XDAの開発者の多くは、LineageOSの公式発表前に非公式なLineageOSのバージョンを既に開発していた[21]

LineageOSの開発者は、"FlipFlap" と呼ばれるLineageOS用に特別に設計されたアプリを作成している。FlipFlapはカバーケースを裏返すために追加された機能をもたらす[22]

バージョン履歴[編集]

LineageOSのメインバージョン 対応するAndroidのバージョン 最新またはメジャーリリース 推奨ビルドリリース日 主な変更点[23]
将来のリリースの最新プレビュー版: 13 Android 6.0.1
(Marshmallow)
将来のリリースの最新プレビュー版: 13.0 2017年1月22日 CyanogenMod 13をベースとした。
将来のリリースの最新プレビュー版: 14 Android 7.1.1 or 7.1.2
(Nougat)
将来のリリースの最新プレビュー版: 14.1 2017年1月22日 14.1は「開発中」とされる。このバージョンがCyanogenMod 14.1からフォークされた最初のバージョンとなった。
凡例:
旧バージョン
以前のバージョン、サポート中
最新バージョン
最新プレビュー版
将来のリリース

サポートされるデバイス[編集]

2017年3月23日現在、LineageOSはNexusGoogleによりリリースされたデバイスなどの152のデバイスを公式にサポートし、現在の開発ブランチに "nightly" という名で公式ビルドを提供している。ただし自動化されたビルドインフラの負荷を軽減するため、数種類のデバイス用ビルドを週一のペースで、かつ週をずらしなからリリースすることが多い。LineageOSプロジェクトの始まった最初の二ヶ月間は、以前のCyanogenModインストールからのインプレースアップグレードを意図した実験ビルドも並行して作成された[24][25][26][27]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Lineage Android Distribution”. LineageOS. 2016年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月25日閲覧。
  2. ^ Last week in LineageOS”. LineageOS. 2017年4月6日閲覧。
  3. ^ LineageOS Downloads”. LineageOS. 2017年1月28日閲覧。
  4. ^ Heater, Brian (2016年12月24日). “After having its infrastructure shuttered, CyanogenMod will live on as Lineage”. TechCrunch. https://techcrunch.com/2016/12/24/lineage/ 2016年12月26日閲覧。 
  5. ^ A fork in the road”. CyanogenMod (2016年12月24日). 2016年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月26日閲覧。
  6. ^ Burns, Chris (2016年12月26日). “Why did CyanogenMod die? What is LineageOS? All the important details”. SlashGear. https://www.slashgear.com/why-did-cyanogenmod-die-what-is-lineageos-all-the-important-details-26468793/ 2016年12月26日閲覧。 
  7. ^ Levy, Nat (2016年12月26日). “Open-source Lineage project rises from Cyanogen’s ashes as Android maker abruptly shuts down services”. GeekWire. http://www.geekwire.com/2016/open-source-lineage-project-rises-cyanogens-ashes-android-maker-abruptly-shuts-services/ 2016年12月26日閲覧。 
  8. ^ a b Meet Cyanogen, The Startup That Wants To Steal Android From Google”. Forbes. 2015年4月16日閲覧。
  9. ^ Soyars, Chris (2011年3月21日). “CM Stats explanation”. 2016年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月27日閲覧。
  10. ^ CyanogenMod [CyanogenMod] (12 January 2012). "CyanogenMod just passed 1 million active users." (ツイート). 26 December 2016閲覧 – Twitterより. 
  11. ^ Reed, Brad (2013年9月18日). “With $7 million in funding, Cyanogen aims to take on Windows Phone”. Boy Genius Report英語版. http://bgr.com/2013/09/18/cyanogen-venture-funding-7-million-dollars/ 2016年12月26日閲覧。 
  12. ^ CyanogenMod [CyanogenMod] (25 December 2016). "UPDATE: As of this morning we have lost DNS and Gerrit is now offline — with little doubt as a reaction to our blog post yesterday. Goodbye" (ツイート). 26 December 2016閲覧Twitterより. 
  13. ^ Tal, Lior (2016年11月30日). “Update on Cyanogen”. Cyanogen Inc.. 2017年1月24日閲覧。
  14. ^ Ruddock, David (2016年11月28日). “Cyanogen Inc. will shutter Seattle office by end of year, more layoffs happening, Kondik could be out”. Android Police. http://www.androidpolice.com/2016/11/28/cyanogen-inc-will-shutter-seattle-office-by-end-of-year-more-layoffs-happening-kondik-could-be-out 2017年1月24日閲覧. "Kondik was removed from the company's board, allegedly" 
  15. ^ Themes Support”. CyanogenMod (2011年2月19日). 2016年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月30日閲覧。
  16. ^ Maintenance Mode”. Computer-Howto (2011年12月). 2013年1月27日閲覧。
  17. ^ Video: CyanogenMod founder Steve Kondik talks Android” (2012年7月6日). 2013年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月27日閲覧。
  18. ^ About”. CyanogenMod.org. 2016年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月27日閲覧。
  19. ^ Extras”. 2017年2月3日閲覧。>
  20. ^ OS, Lineage. “Update & Build Prep”. 2017年1月21日閲覧。
  21. ^ “LineageOS ROM Downloads and Build Status [Updated Daily [18/01/2017]”] (en-US). LineageOS Downloads. (2017年1月4日). http://www.lineageosdownloads.com/lineage-os-rom-downloads-build-status/ 2017年1月18日閲覧。 
  22. ^ LineageOS/android_packages_apps_FlipFlap” (en). 2017年1月18日閲覧。
  23. ^ Gerrit Changelog”. 2017年4月13日閲覧。
  24. ^ Devices | LineageOS Wiki” (2017年3月8日). 2017年3月9日閲覧。
  25. ^ LineageOS Downloads”. 2017年1月24日閲覧。
  26. ^ “Update & Build Prep” (en-US). LineageOS. (2017年1月20日). http://lineageos.org/Update-and-Build-Prep/ 2017年1月24日閲覧。 
  27. ^ Rigg, Jamie (2017年1月24日). “The first builds of CyanogenMod successor LineageOS are out”. Engadget. https://www.engadget.com/2017/01/24/cyanogenmod-lineageos/ 2017年1月24日閲覧。 

外部リンク[編集]