AliOS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
AliOS
AliOS-logo-1.png
開発者 アリババグループ
プログラミング言語 C言語
OSの系統 Linux
開発状況 稼働中
ソースモデル オープンソース
初版 2011年7月28日 (11年前) (2011-07-28)
カーネル種別 モノリシックカーネルLinux
ユーザランド GNU
既定のUI パートナーにより異なる
ライセンス プロプライエタリソフトウェア
ウェブサイト www.alios.cn
テンプレートを表示

AliOS(アリオーエス)は、中華人民共和国アリババグループの子会社であるAlibaba Cloudによって開発されたオペレーティングシステムである[1]

本項目では前身に当たるAliyun OS中国語: 阿里云OS[2]、およびYunOS中国語: 云OS[3]についても記述する。

歴史[編集]

2011年7月28日、Alibaba CloudはAliyun OSをリリースした[2]

2012年5月までに、Aliyun OS搭載のスマートフォンの100万台が販売された[4]

2012年9月20日、アリババグループはAliyun OSがアリバナクラウドビジネスグループから独立して運営され、アリババグループにより直接管理されることを発表した[5]。アリババグループの最高データ責任者(CDO)の陸兆禧中国語版が同時に事業の社長を務め、アリババグループの最高技術責任者の王堅将が事業の会長兼CTOを務める[5]。また、アリババグループはAliyun OSは2億米ドルを投資し、Aliyun OSはアリババグループの戦略的製品になると述べた[5]

2012年9月13日、エイサーとアリババグループは共同で、Aliyun OSを搭載したA800の新たな携帯電話発売会議を開始した[6]Googleは、エイサーがオープン・ハンドセット・アライアンスのメンバーとして、不完全なAndroidシステムを実行している携帯電話を販売してはならないと考えており、エイサーはAliyun OSを搭載した携帯電話の開発と販売を妨げられているという[7]

2013年、名称をAliyun OS(中国語: 阿里云OS)からYunOS(中国語: 云OS)に変更した[3]

2014年7月、YunOSは政府調達協定サプライヤーリストに選出され、唯一のモバイルオペレーティングシステムとして2014年中央政府調達協定サプライヤーリストに選出された[8]

2016年末の出荷により、市場の14%を占める、中国で2番目に大きなオペレーティングシステムになると予想されていた[9]。YunOSの最新の公開バージョンであるYunOS5 Atomは、Android6.0のフォークバージョンとして2015年12月10日にリリースされた[10][11]

2017年10月、アリババグループは急成長するモノのインターネットセクターの投資を集中するために、オペレーティングシステム戦略をアップグレードすることを決定した。動きの一環として、アリババグループはYunOSからAliOSにリブランドした。これはモバイル、産業IoTデバイス向けのOSソリューションを提供するオペレーティングシステムであり、同時にアリババグループはAliOS Thingsという名称のAliOSのオープンソースIoTエディションを発表した[12][13]

AliOS Things[編集]

AliOS Things(アリオーエス・スィングス)は、2017年10月20日にGitHubでオープンソースプロジェクトとしてリリースされた、AliOSのIoTバージョンである[14]。同年、Alibaba Cloudが「Computing Conference 2017 in Hangzhou」にて発表した[14]。階層化アーキテクチャとコンポーネントアーキテクチャを採用し、リアルタイムオペレーティングシステムとLinuxプロファイルをサポートして、IoTの多様なハードウェア環境に適応する[14]。また、複数の統合開発環境やuDevice Center、コンポーネントリポジトリを含む一連のツールも提供する[14]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Alibaba Launches AliOS Things 3.0 at Apsara Conference 2019”. Alibaba Cloud (2019年10月16日). 2021年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月11日閲覧。
  2. ^ a b 阿里巴巴发布阿里云OS 推出首款云智能手机W700”. 搜狐IT. 搜狐 (2011年7月28日). 2021年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月11日閲覧。
  3. ^ a b 阿里巴巴(アリババ)YunOS(ユンオーエス)とは何か徹底解説”. コスパ・テクノロジーズ (2016年12月15日). 2021年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月11日閲覧。
  4. ^ Alibaba Cloud Computing and Haier GroupLaunch Aliyun OS-Powered Smartphone”. General Atlantic (2012年6月6日). 2012年9月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年8月11日閲覧。
  5. ^ a b c 阿里宣布云OS业务独立运行 陆兆禧兼任总裁”. 新浪科技. 新浪 (2012年9月20日). 2012年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月11日閲覧。
  6. ^ 宏碁与阿里巴巴意外取消新手机发布会”. 新浪科技. 新浪 (2012年9月13日). 2012年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月11日閲覧。
  7. ^ Google blocked Acer’s rival phone to prevent Android “fragmentation””. Ars Technica (2012年9月15日). 2012年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月11日閲覧。
  8. ^ 阿里云OS以唯一移动操作系统身份入围中央政府采购名单”. 鳳凰 (2014年8月1日). 2021年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月11日閲覧。
  9. ^ Alibaba’s YunOS overtakes Apple’s iOS as China’s second-largest smartphone operating system”. South China Morning Post (2016年11月27日). 2021年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月11日閲覧。
  10. ^ 阿里YunOS 5发布:稳居国内手机操作系统前三”. CSDN (2015年12月11日). 2015年12月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年8月11日閲覧。
  11. ^ Xiaolajiao A1 With Dual Rear Cameras, 3GB RAM, YunOS 5.1”. TheGadgetsFreak.Com (2017年4月26日). 2019年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月11日閲覧。
  12. ^ Alibaba Cloud aims to connect 10 billion devices by 2023”. TechNode (2018年3月28日). 2021年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月11日閲覧。
  13. ^ Alibaba Sets Sights on IoT, Rebrands Operating System AliOS”. Alizila (2017年10月13日). 2021年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月11日閲覧。
  14. ^ a b c d AliOS Things: IoT Operating System from AliOS Family”. Alibaba Cloud. 2021年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月11日閲覧。

外部リンク[編集]