App Inventor

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
App Inventor
開発元 Google、MITメディアラボ
最新版 ベータ
プログラミング言語 Java, KawaScheme
対応OS ウェブ型アプリケーション
プラットフォーム Android
対応言語 英語
種別 アプリケーションソフトウェア開発
ライセンス オープンソース
公式サイト appinventor.mit.edu
テンプレートを表示

App Inventor for Androidは当初Googleが提供していたが、現在はマサチューセッツ工科大学(MIT)が提供している、Android対応アプリケーションソフトウェアを開発するソフトウェアである。コンピュータプログラミングに不慣れな人でも使いやすいように、ScratchのようなグラフィカルインターフェイスやStarLogo TNGユーザインターフェースを使い、ビジュアルオブジェクトをドラッグ・アンド・ドロップすることで数多くの携帯機器で動くAndroid対応アプリを作成できる。

2010年7月12日に要望に応えて利用できるようになり、同年12月15日に一般公開されたが、2011年12月31日にGoogleは公開を終了した[1]

歴史[編集]

App Inventor for Androidの製作中、Googleは教育コンピューティングの重要な先行研究を作成し、オンライン開発環境上で実行した[2]

ビジュアルブロックプログラミング言語を作成する時にブロック使用ユーザーはOpen Blocks Java libraryを使用する。Open Blocksはマサチューセッツ工科大学のScheller Teacher Education Program (STEP)とリカロス・ロケによる修士論文研究のデバイスによって配布されている。教授でScheller Programを担当しているエリック・クロッパーとダニエル・ウェンデルはOpen BlocksをMIT Licenseで配布している[3]。Open BlocksのビジュアルプログラミングはクロッパーによるSTEPのプロジェクトであるStarLogo TNGMITメディアラボライフロング・キンダーガーデン・グループのプロジェクトであるScratchと密接に関連する。これらのプロジェクト自体、積極的な学習によって魅力的で強力なアイデアを発揮できるプログラミングを強調するための構築主義英語版理論に基づいている。さらに、これはシーモア・パパートや1960年代のMIT Logo Groupが始めたコンピュータと教育に関する現在進行中の運動の一つでMINDSTORMSやStarLogoに関するミッチェル・レズニックの著作で提唱されている[2][3]。App Inventorチームはハル・アベルソン[2]とマーク・フライドマンが率いていた[4]

App Inventor Block Editor

Android上で履行するためのビジュアルブロック言語を変換するコンパイラはパー・ボスナーが開発し、フリーソフトウェア財団によるGNUオペレーティングシステムの一部になっているKawaランゲージフレームワークやSchemeプログラミング言語におけるKawaの方言が使用されている[5][6]

2011年8月、Googleが自社製品としてのApp Inventorの配布を終了すると同時にコードをオープンソース化すると発表した。現在はMITメディアラボにあるMIT Center for Mobile Learning[7]の一部となっており、App Inventor製作者のハル・アベルソンが同僚でMIT教授のエリック・クロッパーやミッチェル・レズニック(2名ともプロジェクトの立ちあげに関わっていた)と共に手がけている。

2012年1月20日、GoogleはApp Inventorのソースコードがオープンソースになったと発表した[8]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ App Inventor @ MIT, http://www.appinventor.mit.edu 
  2. ^ a b c Hardesty, Larry (2010年8月19日). “The MIT roots of Google's new software”. MIT News Office. http://web.mit.edu/newsoffice/2010/android-abelson-0819.html 
  3. ^ a b On the Shoulders of Giants!”. Google. 2010年8月10日閲覧。
  4. ^ Wolber, David; Abelson, Hal; Spertus, Ellen; Looney, Liz (May 2011), App Inventor for Android: Create Your Own Android Apps, O'Reilly, ISBN 978-1-4493-9748-7 
  5. ^ The Kawa Language Framework”. 2012年5月30日閲覧。
  6. ^ GNU Manuals online”. 2012年5月30日閲覧。
  7. ^ http://mitmobilelearning.org/
  8. ^ Friedman, Mark (2012年1月20日). “Release of App Inventor source code”. 2012年7月16日閲覧。

外部リンク[編集]