ドラッグ・アンド・ドロップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KDEデスクトップ環境におけるドラッグ・アンド・ドロップ

ドラッグ・アンド・ドロップ (英語: drag-and-drop; 「ひきずって、手放す」の意) とは、画面上の仮想的な物体を移動するためのグラフィカルユーザインタフェース上の操作の一つである。二つの物体を関連させた様々な動作を行うために使われる。

ドラッグ・アンド・ドロップはOS/2ワークプレース・シェル (WPS) において広く使用された。WPSでは、ドラッグ・アンド・ドロップのために右ボタンを使用し、左ボタンは選択やクリックのためのみに使われていた。

動作[編集]

ドラッグ・アンド・ドロップの操作は基本的に次のように行う。

  1. 対象となる物体上でマウス(あるいは他のポインティングデバイス)のボタンを押し、そのまま離さない。
  2. ボタンを押したまま、ポインタを移動先の場所まで動かす(ドラッグ)。
  3. 目的の場所でボタンを離す(ドロップ)。

[編集]

例えば次のような場面でドラッグ・アンド・ドロップが使われる。

  • ファイルを、アプリケーションアイコンウィンドウに渡す。
  • ファイルを、別のフォルダに移動あるいはコピーする。
  • ウィンドウをマウスで動かし、レイアウトを変更する。
  • 文書の編集において、テキストをある場所から他の場所に移動する。

関連項目[編集]