ジェフ・ディーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェフ・ディーン
生誕 1968年(52 - 53歳)
ハワイ州
居住 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国
研究分野 計算機技術
研究機関 Google; DEC
出身校 ミネソタ大学, B.S. Computer Science and Engineering (1990)
ワシントン州立大学, 計算機科学博士 (1996)
博士課程
指導教員
Craig Chambers
主な業績 MapReduce, Bigtable, Spanner, TensorFlow
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ジェフ・ディーン(Jeffrey Adgate "Jeff" Dean 、1968年7月23日 - )は、アメリカ合衆国計算機科学者およびソフトウェアエンジニアである。彼は現在、GoogleのAI部門の責任者である[1]

教育[編集]

ディーンは、1990年にミネソタ大学のコンピュータサイエンス&エコノミクスで理学士号を取得した[2]ワシントン大学コンピューターサイエンスの博士号を取得し、Craig Chambersの下でコンパイラー[3]と、1996年にオブジェクト指向プログラミング言語のプログラム全体の最適化手法に取り組んだ[4]。「大規模分散コンピューターシステムの科学と工学」に関する功績が認められ、2009年に全米技術アカデミー会員に選出された[5][6]

キャリア[編集]

Googleに入社する前、ディーンはDEC/CompaqのWestern Research Laboratoryで[7]、プロファイリングツール、マイクロプロセッサアーキテクチャ、および情報検索に取り組んだ[8]。彼の仕事の多くは、サンジャイ・ゲマワットとの緊密な協力により完成した[9][3]

大学院に入る前、世界保健機関エイズに関するグローバルプログラムに参加し、HIV /エイズの世界的大流行統計モデリングと予測のためのソフトウェアを開発した[8]

ディーンは1999年半ばにGoogleに入社し、2021年現在は人工知能部門の責任者である。 Google入社以来、会社の広告、クロールインデックス作成、クエリ配信システムの大部分と、Googleのほとんどの製品の基盤となる分散計算機インフラの様々な部分を設計および実装した[3]。また、様々な時期に、検索品質の向上、統計的機械翻訳、多様な社内ソフトウェア開発ツールの開発に携わり、エンジニア採用プロセスにも広く関わってきた。

ディーンが取り組んできたプロジェクトは次のとおりです。

  • Spanner : スケーラブル、マルチバージョン、グローバルに分散され、同期的に複製されたデータベース
  • Google翻訳の生産システム設計と統計的機械翻訳システムの一部
  • BigTable: 大規模な半構造化ストレージシステム[3]
  • 大規模なデータ処理アプリケーション向けのシステムであるMapReduce
  • LevelDB: オープンソースのオンディスクKey-Valueストア
  • DistBelief: 最終的にTensorFlowにリファクタリングされたディープニューラルネットワーク用の独自の機械学習システム
  • TensorFlow: オープンソースの機械学習ソフトウェアライブラリ

彼は大規模な人工ニューラルネットワークを研究するチームであるGoogle Brainの初期メンバーであり[3]Google Searchから人工知能の取組みが分離されてから、Appleへ移ったジョン・ジャナンドレアの後任として、人工知能部門の責任者を務めている[1][10][11]

ディーンは、AIの倫理研究者であるティムニット・ゲブルがGoogleの研究審査プロセスに異議を唱え、最終的に同社を退社させられたことで物議を醸した。ディーンはこれを受け、Googleの研究プロセスへのアプローチに関する書簡を発表したことで[12]、さらなる批判と論争の的となってしまった[13]

慈善活動[編集]

ディーンと彼の妻、ハイディ・ホッパーは、ホッパー-ディーン財団を設立し、2011年に慈善助成金を始めた。 2016年、財団は、科学、技術、工学、数学(STEM)の多様性を促進するプログラムを支援するために、カリフォルニア大学バークレー校、マサチューセッツ工科大学ワシントン大学スタンフォード大学、カーネギーメロン大学にそれぞれ200万ドルを寄付した[14][15][16]

私生活[編集]

ディーンは結婚しており、2人の娘がいる[3]

賞と栄誉[編集]

彼は、Googleの企業内およびコンピュータサイエンスの一般的な分野で、多数の貢献により広く認められている。

[編集]

ディーンは、2018年の本「Architects of Intelligence: The Truth About AI from the People Building it[20]において、アメリカの未来主義者マーティン・フォードからインタビューを受けた。

主要な出版物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 人工知能でグーグルが挑む「3つの課題」──AI部門トップに就任した天才エンジニアが語ったこと” (日本語). WIRED.jp. 2021年6月17日閲覧。
  2. ^ Jeff Dean - Google”. 2021年6月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e f “The Friendship That Made Google Huge” (英語). The New Yorker. https://www.newyorker.com/magazine/2018/12/10/the-friendship-that-made-google-huge 2018年12月3日閲覧。 
  4. ^ STANFORD TALKS; Jeff Dean: TensorFlow Overview and Future Directions”. Stanford University (2016年1月21日). 2016年8月15日閲覧。
  5. ^ UW CSE News; Jeff Dean elected to National Academy of Engineering”. University of Washington (2009年2月5日). 2016年8月15日閲覧。
  6. ^ Jeffrey A Dean - Award Winner”. Association for Computing Machinery. 2018年8月15日閲覧。
  7. ^ Metz, Cade (2008年8月8日). “If Xerox PARC Invented the PC, Google Invented the Internet | WIRED”. WIRED. https://www.wired.com/2012/08/google-as-xerox-parc/ 2016年8月19日閲覧。 
  8. ^ a b Jeff Dean - Speakerpedia, Discover & Follow a World of Compelling Voices”. Speakerpedia. 2016年8月19日閲覧。
  9. ^ Metz, Cade (2012年8月8日). “If Xerox PARC Invented the PC, Google Invented the Internet” (英語). WIRED. https://www.wired.com/2012/08/google-as-xerox-parc/ 2017年12月16日閲覧。 
  10. ^ D'Onfro, Jillian (2018年4月2日). “Google is splitting A.I. into its own business unit and shaking up its search leadership”. CNBC. https://www.cnbc.com/2018/04/02/google-exec-john-giannandrea-steps-down-jeff-dean-takes-over-ai.html 2018年4月3日閲覧。 
  11. ^ AIを「悪の手先」にしないためにGoogleが取り組んでいること” (日本語). ITmedia NEWS. 2021年6月17日閲覧。
  12. ^ Dean, Jeff (2020年12月3日). “About Google's approach to research publication”. Google. https://twitter.com/JeffDean/status/1334953632719011840 2020年12月5日閲覧。 
  13. ^ Ghaffray, Shirin (2020年12月4日). “The controversy behind a star Google AI researcher's departure”. Vox. https://www.vox.com/recode/2020/12/4/22153786/google-timnit-gebru-ethical-ai-jeff-dean-controversy-fired 2020年12月5日閲覧。 
  14. ^ “$1M Hopper-Dean Foundation Gift for Diversity in CS”. https://eecs.berkeley.edu/about/diversity/hopper-dean 2019年1月29日閲覧。 
  15. ^ Williams, Tate (2016年8月10日). “One of Google's Top Programmers Has Made STEM Diversity a Philanthropic Cause - Inside Philanthropy”. http://www.insidephilanthropy.com/home/2016/8/10/one-of-googles-top-programmers-has-made-stem-diversity-a-phi.html 2016年8月15日閲覧。 
  16. ^ “$1 million gift to support diversity in STEM education”. http://news.mit.edu/2016/gift-will-support-diversity-in-stem-education-0801 2020年10月25日閲覧。 
  17. ^ ACM-Infosys Foundation Award
  18. ^ The Mark Weiser Award”. ACM SIGOPS. 2019年7月5日閲覧。
  19. ^ Newly Elected Members, American Academy of Arts and Music, (April 2016), https://www.amacad.org/content/members/newFellows.aspx?s=c 2016年4月20日閲覧。 
  20. ^ Ford, Martin (2018). Architects of intelligence : the truth about AI from the people building it. Birmingham, UK. ISBN 978-1-78913-126-0. OCLC 1083340727. https://www.worldcat.org/oclc/1083340727 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]