VEVO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Vevo
Vevo 2016 Logo.svg
URLwww.vevo.com
タイプマルチチャンネルネットワーク
設立者ユニバーサルミュージックグループ
CEOAlan Price
株主ユニバーサル ミュージック グループ
ソニー・ミュージックエンタテインメント
アブダビ・メディア・カンパニー英語版
Alphabet Inc.
ワーナー・ミュージック・グループ
スローガンMusic Evolution Revolution!
アレクサ
ランキング
7,949位[1]
営利性営利
設立日2009年12月8日(アメリカ合衆国およびカナダ

Vevo(ヴィーヴォ、[ˈvv]、「Video evolution」の略)は、2009年6月16日に設立されたアメリカ多国籍動画ホスティングサービスであり、大手レコード会社3社の合弁事業として設立された。ユニバーサル・ミュージック・グループ(UMG)、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)、EMIの3社で構成されている。2016年8月には、世界第3位のレコード会社であるワーナー・ミュージック・グループ(WMG)が、自社アーティストのプレミアムビデオをVevoにライセンスすることで合意した。

概要[編集]

ユニバーサルミュージックグループはvevo.comのドメイン名を2008年11月20日に取得した[2]。2009年3月にUniversal Music GroupがVEVO LLCをが設立した。2009年4月Universal Music GroupとGoogleが音楽ビデオの事業「VEVO」での提携が発表された[3]

2009年6月にソニー・ミュージックエンタテインメントがVEVOに出資した[4]。2009年11月18日、VEVOはニューヨークのパーティーで12月8日にサービスが立ち上げられることを発表された。

2009年12月8日にVEVOは、ユニバーサル、ソニー、EMIからのミュージック・ビデオの提供で開始された[5][6][7]。VEVOの動画ホスティングはYouTubeによって提供され、GoogleとVEVOは広告収入を分配する[8]

2010年10月、アラブ首長国連邦アブダビ・メディア・カンパニーがVEVOに出資した[9]。2013年7月YouTubeへのミュージック・ビデオの安定供給を目的としてGoogleがVEVOに出資した[10][11]

2016年8月2日、Vevoは、ワーナー・ミュージック・グループ(WMG)との音楽ライセンス契約を完了し、3大メジャーレコード会社の音楽がVevoで利用可能となった[12]

2018年5月24日にVevoは、YouTubeへの集約に伴い、モバイルアプリと消費者向けWebサイトの終了を発表した[13][14]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ vevo.com Site Overview”. 2016年12月22日閲覧。
  2. ^ Van Buskirk, Eliot (2009年3月5日). “Google, Universal Ponder Major Label-Only YouTube Spinoff”. Wired News. 2009年4月9日閲覧。
  3. ^ ユニバーサルミュージックとグーグル、新たな音楽ビデオ配信サイトの開設を発表” (日本語). CNET Japan (2009年4月10日). 2020年3月19日閲覧。
  4. ^ Sandoval, Greg (2009年6月4日). “Sony joins YouTube and Universal on Vevo video site”. CNET. 2010年1月12日閲覧。
  5. ^ Vevo music video service hits the Web Dec. 8 - USATODAY.com”. usatoday30.usatoday.com. 2020年3月19日閲覧。
  6. ^ December 2009, Marc Chacksfield 08. “Vevo, Google's new music video site, launches” (英語). TechRadar. 2020年3月19日閲覧。
  7. ^ グーグルがVEVOを支援する理由--新音楽動画サイト開設で見せた新たな一面” (日本語). CNET Japan (2009年12月14日). 2020年3月19日閲覧。
  8. ^ Sandoval, Greg (2009年3月4日). “Universal, YouTube near deal on music video site”. CNET. 2009年4月9日閲覧。
  9. ^ 音楽ビデオサイト「VEVO」にオイルマネーが出資” (日本語). CNET Japan (2009年10月20日). 2020年3月19日閲覧。
  10. ^ Newton, Casey (2013年7月2日). “YouTube renews Vevo deal, buys stake in company to keep music videos off Facebook” (英語). The Verge. 2020年3月19日閲覧。
  11. ^ YouTube Confirms Vevo Deal”. Billboard (2013年7月2日). 2020年3月19日閲覧。
  12. ^ 【海外】VEVOがワーナーミュージックと契約”. 音楽業界総合情報サイトMusicman. 2020年3月18日閲覧。
  13. ^ Heater, Brian. “Vevoが自己アプリを廃止してほぼ全面的にYouTubeの利用へ移行” (日本語). TechCrunch Japan. 2020年3月18日閲覧。
  14. ^ 動画配信のVevo、モバイルアプリと独自サイトを終了へ--YouTubeが中心に” (日本語). CNET Japan (2018年5月25日). 2020年3月19日閲覧。

外部リンク[編集]