デイブレイクゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

デイブレイクゲーム(Daybreak Game Company, LLC)は米投資運用会社コロンバス・ノバ傘下のオンラインゲーム事業者。2015年までの旧社名はソニーオンラインエンタテインメント(Sony Online Entertainment, LLC、SOE)で、ソニーの子会社であった。

歴史[編集]

1995年、それまでゲーム事業を手掛けていたSony Imagesoftの一部門と、ソニー・コンピュータエンタテインメント・アメリカ(SCEA)のプロダクト部門とが合併し、Sony Interactive Studios America (SISA)として発足。本社はアメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ。1996年、代表者John Smedleyが後にエバークエストとなるプロジェクトを開始。

1998年、オンライン事業に注力する為、Sony Online Entertainment, Inc.として改変され、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント傘下部門という位置づけとなった。この際、コンソール部門が切り離され、"989 Studios"となる。

1999年5月16日、エバークエストが正式ラウンチ。当初それ程期待されたプロジェクトではなかったが、2001年中頃まで成長を続ける大ヒット作となった。2003年にラウンチされたStar Wars Galaxies(SWG)の開発を担当(発売元はルーカスアーツ)。これもヒット作となる。

2004年9月、エバークエスト2をラウンチ。

2006年、Sony Online Entertainment, LLCとなる。LLCとは「有限責任会社」の意。

2008年3月末日を持ってSCEAの完全子会社となり、ソニー・ピクチャーズ・デジタル(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)の傘下からは離れる。

2011年5月3日(日本時間)、同年4月16日から17日にかけてSOEのシステムが不正侵入され、約2460万件の個人情報が流出したことを公表した[1]

2015年2月2日、投資グループColumbus Novaが買収し、Daybreak Game Company, LLCへと改名することを正式に発表した[2][3]。John Smedley氏が引き続き同社社長として就任し、自身のツイートで(ソニー/プレイステーション陣営を離れることで)「Xbox Oneでのゲーム開発を楽しみにしている」と冗談を飛ばしていた[4]が、7月に社長降格となり8月には退社した。その後Russell Shanks氏が社長となる。

2016年5月、2010年頃よりエバークエストの次回作として開発が進められ、期待されていたEverQuest Next(EQNext)のプロジェクト開発が中断放棄されると発表された。2016年10月Shanksが退社。2016年12月、それまでTurbine社が手掛けていたMMO、ダンジョンズ&ドラゴンズ オンラインおよびロード・オブ・ザ・リングス オンラインの2作品のパブリッシングを担当すると発表。

ゲーム[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]