ルーカスアーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルーカスアーツ・エンターテインメント・カンパニー
LucasArts Entertainment Company, LLC
種類 LLC
ルーカスフィルムの子会社
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンフランシスコ
レターマン・デジタル・アーツセンター
設立 1982年5月
業種 情報通信業
事業内容 コンピューターゲームの開発
関係する人物 ジョージ・ルーカス
特記事項:2013年4月4日に閉鎖
テンプレートを表示

ルーカスアーツ・エンターテインメント・カンパニー(LucasArts Entertainment Company, LLC)[1]は、かつて存在していたアメリカ合衆国コンピュータゲーム会社。

ルーカスフィルム映画作品のゲームメーカーとして有名であり、1990年代初頭には商業的に大きな成功を収めた。出版とゲームの分野においては『スター・ウォーズ』シリーズのフランチャイズに軸足を置いていた。

歴史[編集]

1982年5月に、ジョージ・ルーカス率いるルーカスフィルム作品のビデオゲーム開発グループとして設立された。ルーカスは、多様な娯楽分野への進出を求めており、アタリ社とビデオゲームの開発に協力していた。

1990年、ルーカス社の再編に伴い、ルーカスフィルムのゲーム部門とインダストリアル・ライト&マジックスカイウォーカー・サウンドを統合して、ルーカスアーツ・エンターテインメント・カンパニーが設立された。後に、インダストリアル・ライト&マジックとスカイウォーカー・サウンドの2社はルーカス・デジタルに連結された。

2012年ウォルト・ディズニー・カンパニーがルーカスフィルムを買収したことにより、ルーカスアーツはディズニー傘下となった[2]。しかし、翌2013年4月にディズニーがルーカスアーツの閉鎖を発表。働いていたスタッフ200名のほとんどを解雇した。ディズニー側はルーカスアーツ自体は無くすものの、引き続きゲームのライセンスに使用するとしている[3][4]

作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]