ルーカスフィルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルーカスフィルム・リミテッド
Lucasfilm Ltd. LLC
Lucasfilm logo.svg
サンフランシスコのレターマン・デジタル・アーツセンター。本社機能の大部分が入る。
サンフランシスコのレターマン・デジタル・アーツセンター。本社機能の大部分が入る。
種類 LLC
略称 LFL
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州マリンカウンティ
設立 1971年12月10日
業種 公開会社
事業内容 映画アニメーション
代表者 キャスリーン・ケネディ
従業員数 2,000人
所有者 ウォルト・ディズニー・スタジオ
主要株主 ウォルト・ディズニー・カンパニー
主要子会社 インダストリアル・ライト&マジック
ルーカスフィルム・アニメーション
スカイウォーカー・サウンド
ルーカスアーツ
Singapore B.V.
ルーカス・デジタル
ルーカス・ライセンシング
ルーカス・ブックス
ルーカス・ラーニング
ルーカス・オンライン
関係する人物 ジョージ・ルーカス
テンプレートを表示

ルーカスフィルム・リミテッドLucasfilm Ltd. LLC)は、1971年ジョージ・ルーカスが設立した映像製作会社である。2012年以降はウォルト・ディズニー・スタジオの傘下となっている。

概要[編集]

スター・ウォーズシリーズ』をはじめ、『インディ・ジョーンズ シリーズ』『アメリカン・グラフィティ』などの映画製作とメディアフランチャイズを行っている。本社はカリフォルニア州マリンカウンティにあるスカイウォーカーランチ内に設置されている。

SFX/VFX工房のインダストリアル・ライト&マジック(ILM)、音響制作スタジオのスカイウォーカー・サウンド、アニメ制作会社のルーカスフィルム・アニメーションなどを子会社に持つ。

映画における特殊撮影視覚効果や、サウンドコンピューター・アニメーションのパイオニアとしても有名で、『E.T.』、『バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ』、『ターミネーターシリーズ』、『ジュラシック・パーク』、『タイタニック』、『ハリー・ポッターシリーズ』、『トランスフォーマー』、『マーベル・シネマティック・ユニバース』など数多くの他社作品に参加している[1][2][3]

映像技術[編集]

1977年公開の『スター・ウォーズ』に、それまでの映画で見られなかった特撮を取り込みたいとルーカスは考えていた。しかし、配給会社である20世紀フォックスの特撮部門は当時閉鎖していたので、プロデューサーのゲイリー・カーツと協力し、独自のチームを作ることになった。まず、ダグラス・トランブルのアシスタントだったジョン・ダイクストラを招き、彼を通じて、大学生やエンジニアなどを集めた。そのメンバーは、インダストリアル・ライト&マジック(略称:ILM)と名付けられた。『スター・ウォーズ』の公開後にチームは解散したが、1978年に新しいILMが開設された。1979年にはコンピューター・アニメーション部門が設立され、ピクサーの前身となる。その後もILMはルーカスフィルムの映画制作を通して、CGIデジタル合成デジタルリムーバルモーフィングなど、昨今の大作映画に欠かせない映像技術の研究と開発に大きく貢献した。長年、サン・ラファエルに置かれていたが、2005年にマーケティング、オンライン、ライセンシング部門と共にレターマン・デジタル・アーツセンターに移動した。

ディズニーとの関係[編集]

ディズニーのアトラクションキャプテンEO』の映像製作をルーカスフィルムが務めたことで、両社の繋がりが生まれた。1987年に『スター・ツアーズ』、1995年に『インディ・ジョーンズ・アドベンチャー』がディズニーパークにオープンした。

2012年10月31日ウォルト・ディズニー・カンパニーは現金と株式40億5000万ドル相当でルーカスフィルムを買収した[4][5][6][7]。ルーカス本人も会社から身を引き、後任の社長として映画プロデューサーのキャスリーン・ケネディを指名[8][9][10]。幼い頃からディズニーのファンだったと公言しているルーカスは、「ディズニーは巨大な企業で、あらゆる能力や設備が整っている。今回の買収によりルーカスフィルムが得られる強さは大いにあるだろう」「自分が会社を去っても『スター・ウォーズ』は今後100年続く」と語っていた[11][12]

買収から6年経った2018年にはディズニー最高経営責任者ボブ・アイガーから、ルーカスフィルムの買収額は既に回収済みと発表された[13][14][15]

サイト[編集]

部門会社[編集]

ルーカスフィルムの関連会社には、以下のものがある。

かつての傘下会社[編集]

製作作品[編集]

アメリカン・グラフィティ[編集]

スター・ウォーズ[編集]

インディ・ジョーンズ[編集]

単発映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 映画上映前に流れるTHXロゴの「ブゥゥウウンン」という音の正体とは? - GIGAZINE”. gigazine.net. 2020年4月8日閲覧。
  2. ^ 『スター・ウォーズ』史上最高の音を日本唯一の劇場で!ルーカスが認めたTHX” (日本語). シネマトゥデイ. 2020年4月8日閲覧。
  3. ^ 岡本玄介 (2019年8月23日). “映画音響THXの新しいディープ・ノート・トレイラーは映画館に行った気分になれるよ” (日本語). www.gizmodo.jp. 2020年4月8日閲覧。
  4. ^ "Disney to Acquire Lucasfilm Ltd."(ウォルト・ディズニーによるプレス・リリース)
  5. ^ 「ディズニー、スター・ウォーズの『ルーカス』買収 15年にも新作上映」日本経済新聞、2012年10月31日、9時25分)
  6. ^ Inc, mediagene (2012年10月31日). “ディズニーがルーカスフィルム買収、「スター・ウォーズ エピソード7」制作へ着手” (日本語). www.gizmodo.jp. 2020年4月8日閲覧。
  7. ^ なぜルーカスフィルムを買収したのか、“放送事業者”としてのディズニー (1/4)” (日本語). ITmedia ビジネスオンライン (2012年12月4日). 2020年4月8日閲覧。
  8. ^ ディズニーがルーカスフィルムを買収” (2012年10月31日). 2012年11月2日閲覧。
  9. ^ ルーカスフィルム、40億ドル。それはディズニーにとって「いい買い物」だった|WIRED.jp” (日本語). WIRED.jp. 2020年4月8日閲覧。
  10. ^ ディズニーがルーカスフィルム買収、スター・ウォーズ新作に着手” (日本語). CNN.co.jp. 2020年4月8日閲覧。
  11. ^ 『スター・ウォーズ』ルーカスフィルム社長、2021年まで任期延長” (日本語). シネマトゥデイ. 2020年4月8日閲覧。
  12. ^ ルーカスフィルム社長が「スター・ウォーズ」「インディ・ジョーンズ」の新企画について発言 - SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)” (日本語). screenonline.jp. 2020年4月8日閲覧。
  13. ^ ルーカスフィルムの買収から6年、ディズニーはすでに投資額を回収 | 未知領域” (日本語) (2018年12月10日). 2020年4月8日閲覧。
  14. ^ ピクサー、マーベル、ルーカスフィルム、21世紀フォックス買収の舞台裏とは? ロバート・アイガー『ディズニーCEOが実践する10の原則』4月7日刊行|Hayakawa Books & Magazines(β)” (日本語). Hayakawa Books & Magazines(β). 2020年4月8日閲覧。
  15. ^ ディズニーが買収を繰り返したことによる成功と戦略とは? - GIGAZINE”. gigazine.net. 2020年4月8日閲覧。

外部リンク[編集]