フロンテッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社フロンテッジ
Frontage Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
105-0003
東京都港区西新橋1-18-17
業種 広告、サービス業
代表者 代表取締役社長 岡田 徹
資本金 1億円
従業員数 250人
主要株主 ソニー(60%)、電通(40%)
主要子会社 Frontage Asia(シンガポール)
外部リンク // FRONTAGE
テンプレートを表示

フロンテッジ(ふろんてっじ、Frontage Inc.)は東京都港区に本社を置くソニー電通の合資による広告代理店

沿革[編集]

  • 1951年 - 日本商社の業務内容・商品を海外へ宣伝することを目的としてに設立された「(株)新亜細亜貿易通信社」が前身となる。
  • 1970年 - 東急エージェンシーが同社の株式を100%取得。本格的な国際広告代理店をめざし、株式会社東急エージェンシーインターナショナルに社名変更。欧米スタイルの「AE制」「1業種1社制」、クリエイティブにおける「ディレクターシステム」を採用。
  • 1986年 - ソニーが株式を12.5%取得し、株主となる。
  • 1987年 - DMB&Bと資本提携。以後、積極的にアジアのネットワーク設立を進める。
  • 1997年 - ソニーが筆頭株主となり、社名を株式会社インタービジョンと改める。
  • 2002年 - 広告会社インタービジョン(筆頭株主:ソニー)から電通が40%の株式を取得。社名を株式会社フロンテッジに変更して設立。
  • 2011年 - シンガポールFrontage Asia Pte. Ltd.を設立。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]