ネットやろうぜ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネットやろうぜ!は一般層向けのプレイステーション開発キットである。1996年当時、12万円で販売された。プログラムの作成はPCGNU-Cコンパイラで行い、作成したプログラムをプレイステーションにシリアルケーブルで転送し、動作させる。既に販売終了しており、現在[いつ?]は学校関係者にのみ8万円で販売されている。

付属した開発用プレイステーション[編集]

ネットやろうぜ!に付属するプレイステーション(DTL-H3000)は梨地加工された黒色の筐体で、国籍プロテクトが省かれていた。このため、海外で販売されているゲームソフトがそのまま動いた。その黒い外見から「黒ステ」とも呼ばれる。初期の入会登録者へは3次元グラフィックツールが無料でプレゼントされた。