Uマチック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソニー 業務用UマチックVTR BVU-800
U規格カセットテープ

Uマチック(ユーマチック、U-matic)とは、家庭用として初めてカセットにテープが収められた、U規格ビデオテープレコーダソニーにおける商標。テープ幅19mm(3/4インチ)のカセット・テープを使用する[1]。名称はそのローディングの形がUの字に似ていることからつけられたと言われる。 オープンリールと違い掛けかえなどのわずらわしさが無いカセット方式は、多くの人の注目を浴びる。

概要[編集]

1970年にU規格がソニー・松下電器産業日本ビクターの3社で規格化され、ソニーではUマチックとして商品化された。 特に業務用の「BV(Broadcasting Video)シリーズ」は、カセットテープ方式の容易さと即時性から報道現場に変化をもたらし、そのテープローディング技術はフィルムからビデオテープレコーダ(VTR)へ変遷していく流れの基礎となった[2]。「映画・演劇のカンヅメ時代」発表当時、芸能界でも多くがこのカセットビデオを購入。バッキンガム宮殿にも納入された。

正確な用法ではないが、ソニー以外の他社のU規格VTRも、ソニーの商標であるUマチックを呼称に用いて、一般にUマチックVTRとよばれる。正式名は「3/4型U TypeヘリカルVTR」であるが、単にUマチックあるいは、業務用放送局の現場の俗称として「四分三(しぶさん)」などとよばれ、汎用型として初めて広く世界的に普及したカセット型ヘリカルVTR(ヘリカル・スキャンVTR、英語名:helical scanning type VTR)となった[1]

信号記録は、輝度信号がFM記録方式[注釈 1]、色信号は低域変換直接方式で[注釈 2]、1975年のベータマックスの原型である[1]

当初は民生用または、一般業務用のVTRだったが、比較的小型軽量で取り扱いが容易であったことと、当時タイムベースコレクタ(TBC)が開発されヘリカルVTRの放送が利用可能になったことから、アメリカの三大ネットワーク局であるCBSが目を付けて、ソニーに携帯型を開発依頼し、ニュース電子取材システム(ENG)の主力VTRに採用して大成功を収めた[1]。このため、1975年ころから世界的にニュース取材用として普及し、テレビ放送のフィルムニュースから取って代わる立役者となった[1]

規格の詳細についてはU規格を参照。

変遷[編集]

ソニーではメディア変換サービスを行っている[3]

製品例[編集]

  • 再生機
VP-1100
VP-7020
BVU-900
BVU-920(DT付)
  • 録再機
VO-1700
VO-5800
VO-5850
BVU-800
BVU-950(SP対応)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 周波数変調(FM)による記録方式。高い周波数域はそのまま記録すると出力が減衰して実行できないため、搬送波を映像周波数でFM変調して記録する。
  2. ^ 色信号を輝度信号よりもずっと低い周波数に変換してFM変調せずにそのまま記録する方式。テープダビング時に色画質が劣化する欠点がある一方、輝度信号と色信号の相互干渉が低減するなどの利点がある。

出典[編集]

関連項目[編集]