MII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

MII(エムツー)は松下電器NHKと共同開発したアナログコンポーネント記録の放送業務用カセット式VTR。1985年にNHK各放送局で使用開始、1986年に発売されている。

メタルテープを採用し高画質化を図った。テープ幅は1/2インチでベータカムや家庭用VHSと同じではあるがハーフは独自設計で、先に松下電器がVHSカセットをベースとして発売した放送用VTR「M規格」(通称「Mビジョン」)とは互換性がない。

ソウルオリンピック公式記録ビデオ方式に選ばれ、NHKには大量導入された。また松下電器以外では、日本ビクターからも発売された。しかし、既にソニーベータカム方式が世界中の放送局で事実上の標準方式となっており、その後メタルテープを採用したベータカムSPの登場で追随された事もあってNHK以外ではベータカムの牙城を崩すことはできなかった。

1991年には放送用から業務用へ路線変更され、価格を大幅に下げた新ラインナップ「MIIプロマインド」シリーズを発売して再出発。それまでS-VHSU規格が主流だった中小プロダクションや企業、松下電器の資本が入ったケーブルテレビ局などにもアナログコンポーネントVTRが普及するきっかけを作った。

その後ソニーからも対抗として放送用ベータカムから機能を省略して低価格化した業務用「2000PRO」シリーズが発売されている。

  • シリンダ直径:76mm
  • シリンダ回転数:30rps

テープパターンは上端より、

  • オーディオチャンネル1
  • オーディオチャンネル2
  • ビデオトラック(262.5H)
  • コントロールトラック
  • タイムコードトラック