D6-VTR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
D6 HDTV VTR
D6-VTR
メディアの種類 磁気カセットテープ
記録容量 500ギビバイト
フォーマット HDTV デジタル
読み込み速度 128メガバイト毎秒
書き込み速度 128メガバイト毎秒
読み取り方法 ヘリカルスキャンアジマス方式
書き込み方法 ヘリカルスキャンアジマス方式
策定 東芝・BTS
主な用途 デジタル映像の記録
テンプレートを表示

D6-VTR放送コンポーネント方式デジタルVTR規格である。 D2-VTR規格をベースに、東芝と独のBTS社が共同開発した。3/4インチメタルカセットテープを使用。HDコンポーネントの輝度信号を74.25MHz、2つの色差信号をそれぞれ37.125MHzでサンプリングした信号を非圧縮で記録可能。オープンリールのHDデジタル1インチVTRに比べ記録密度が高くエラーレートが低い。東芝製GBR-1080などはオプション(プロセッサー)を追加することにより、マルチフォーマットデコーダとして利用できる。

NHK、大手プロダクション等で採用実績があるが、非常に高価なVTRシステムであるため一般的な番組制作では利用されていない。放送技術研究用や3DハイビジョンのVTRとして利用に限られている。 近年では放送用VTRとしてだけではなく、大容量かつ高レートである特性をいかし科学技術計算に用いるコンピュータの記憶システムとしても利用され始めている。

関連項目[編集]