ひるのプレゼント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひるのプレゼント
ジャンル バラエティ番組
放送時間 平日 12:20 - 12:45(25分)
放送期間 1970年4月6日 - 1991年3月29日(5257回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
演出 滝大作
出演者 歴代司会を参照
オープニング 作曲:宮川泰
テンプレートを表示

ひるのプレゼント』は、1970年4月6日から1991年3月29日までNHK総合テレビで平日昼に放送された生放送バラエティ番組である。愛称は「ひるプレ」。全5257回。放送時間は毎週月曜 - 金曜 12:20 - 12:45 (JST) 。衛星放送が始まった1984年5月13日以降はBS1、1987年7月6日以降はBS2でも放送されていた。

また毎年の12月31日(大晦日)には、年末スペシャル『年忘れひるのプレゼント』も放送、大晦日が土曜日日曜日といった、通常版では放送されない日に当たっても放送された。

番組の歴史[編集]

初代司会は飯窪長彦山川静夫で、彼らが隔週交代で担当していた。その後、生方恵一松平定知宮川泰夫ら当時の若手有望株のNHKアナウンサーたちが司会を務めるようになった。テーマ曲は宮川泰が担当(CD『懐かしのNHKテレビ主題曲集』にも収録されている。一時期キーボードを使ったデジタル風の曲を用いていたが、不評だったために元に戻した)。松原敏春喰始らが構成を、滝大作が演出を担当。

歴代司会[編集]

番組タイトルの略称[編集]

番組タイトルの略称は「ひるプレ」で、山川が何の事無しに口走った物。この略称は最初批判を浴び、当時の放送総局長も「みだりに番組名を省略するな」と現場に伝えた。しかし、「ひるプレ」の略称は愛称へと変わり、開始当時の批判もぴたりと止んだ。

オープニングタイトル[編集]

1970年代後半から1980年代前半にかけて、オープニングタイトルのテロップの文字「ひるのプレゼント」の配置がちぐはぐになっていたため、一部の視聴者は「ひのるプゼトレン」というタイトルと勘違いしていたという。[要出典]

また、「プレゼント」の文字は、箱に入ったプレゼントを飾るリボンをイメージして描かれている。

主な演出方法[編集]

番組予算は当時としては破格の安値だったため、スタッフ、司会者は知恵を絞った。その結果「ミクロとマクロ」の使い分けで乗り切ることになった。例えば、「長谷川一夫の5日間」では出演者·セットを豪華にし、ミクロではコント55号の2人がござを引いてラーメンを啜ってコントで25分持たす趣向等も多用した。また出演者をからかう事もあり、西城秀樹武田鉄矢、松平らが画面上では横に並んでいるがカメラが引くと武田、松平が台に乗っている等の演出も視聴者を楽しませた。

演出ではないが、ある時放送時間が5分繰り上がった(直前のNHKニュースのローカルニュースの部分が年末編成のためになくなった)ことに気づかず、5分間番組開始前の状況(実際にはピンボケの椅子だけ)を放送していたことがある。通常の番組開始時間が始まると、「本日は年末のために特別に番組開始前から放映している」旨とアナウンサーが説明し、その場を取り繕っていた。

特筆すべき特集週[編集]

「初春歌い初め、ひばり節!」[編集]

1981年1月5日 - 9日には「初春歌い初め、ひばり節!」が生放送され、美空ひばりが5日間にわたって合計39曲を熱唱した。
しかし、当時のNHKでは放送用ビデオテープによる生番組の収録・保存は、『紅白歌合戦』、『レッツゴーヤング』などの一部の番組を除いて行われなかった。この放送も放送時間が短いことなどから収録・保存の対象外とされ、現存していないものと考えられていた。
ところが2006年、一般視聴者が収録・保存していた家庭用ビデオテープを発掘。NHKアーカイブスでの修復作業を経て、25年ぶりにBS2の追悼特番の中で抜粋で放送された。放送後、視聴者から全編放映を望む声があったため、2007年6月24日にBS2で放送された追悼特番の中で全編放送された。この全編放送の際には、当時司会を担当していた生方恵一(元NHKアナウンサー)がゲストに招かれ、ひばりとの思い出について語っていた。さらに、放送当時の台本が公開された。発掘されたビデオテープの保存状態は再生がほとんどされていなかったことが幸いしてか比較的良好で、映像の乱れがほとんど無い。
ひばりの衣装は、1・2・4日目が着物、3・5日目はドレスであった。一方、生方の衣装は、1・2日目が着物、3 - 5日目はタキシードであった。

「春一番キャンディーズ」[編集]

1978年3月27日 - 31日には、解散コンサートを間近に控えたキャンディーズがNHK番組最後の出演として連日登場し歌を披露した(共演者は森田公一やピンク・レディー等)。この時の映像はNHKアーカイブスに保存されており、一部シーンは2015年に発売されたDVD‐BOX『キャンディーズ メモリーズ FOR FREEDOM』に収録されている。

「芸人としてのステータス」[編集]

ビートたけしによると、この番組に出られることは、芸人にとって売れて一人前になったという証だったという。その番組にツービートとして出演した際、昼の番組であるにも関わらず、「あっ、ウンコ踏んじゃった!」などたけしはウンコを連発し、番組ではウケたものの、担当プロデューサー左遷されたらしいという。

番組の現存状況[編集]

「特筆すべき特集週」で前述した通り、1970年代までは放送用VTRは機器・テープとも高価で編集も煩雑だったうえ放送時間も短く、加えて著作権法の規定などで番組の資料保存は安易に行えず、放送終了後は消去されて他の番組に使い回された事情などから、NHKアーカイブスが公式で保存されている最古のテープは1973年放送の1本であり、それ以降も1970年代の回は数本と保存率が低い。
NHKでは特に70年代に放送された録画テープ(制作関係者や一般視聴者らへのビデオテープ提供の呼びかけなど)を探している[1]
なお、現存する最古の映像は、2014年11月に初代司会者の山川静夫から提供された1970年4月8日放送分(「落語入門」、第1週3日目)である。
その後、視聴者から1978年9月放送分(「小沢昭一 ハーモニカ人生」)、日本大学芸術学部放送学科からは最終回の1991年3月29日放送分、生方恵一から1979年5月21日~25日、1980年10月20日~24日の「結婚専科」、1980年1月4日、1982年12月31日など、澤田隆治から1983年放送「コントにコント」「上方繁盛寄席」「名古屋で笑おう」「クイズ落語百科」「お笑い脱線一座」など約50本が提供された。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

NHK総合 平日12:20 - 12:45
前番組 番組名 次番組
【月】シャープさん・フラットさん
【火】テレビ演芸館
【水】ひるの歌謡曲
【木】ひるの軽音楽
【金】ひるの民謡
ひるのプレゼント
(1970年4月 - 1991年3月)
NHK BS1 平日12:20 - 12:45
開局前
ひるのプレゼント
(1984年5月 - 1986年12月)
ワールドニュース
(12:00 - 13:00)
NHK BS1 平日13:00 - 13:25
NHKニュース
(13:00 - 13:05)
銀河テレビ小説
(13:05 - 13:25)
ひるのプレゼント
(1987年1月 - 1987年7月)
NHK BS2 平日12:20 - 12:45
教育テレビの同時放送
ひるのプレゼント
(1987年7月 - 1991年3月)
ベン・ケーシー
(12:20 - 13:10)