PlayStation 3の歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
PlayStation > PlayStation 3 > PlayStation 3の歴史

PlayStation 3の歴史(プレイステーションスリーのれきし)は、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が発売した家庭用ゲーム機であるPlayStation 3の沿革について述べる。

沿革[編集]

  • 2004年
    • 9月21日 - SCE、次世代PlayStationにBlu-ray Discドライブを採用することを発表。
    • 12月7日 - SCEとNVIDIA、次世代ゲーム機のGPUを共同開発することを正式発表。
  • 2005年
    • 3月30日 - 東芝エルピーダメモリ、PS3が採用する 512MビットXDR DRAMが発表。
    • 5月17日 - 「PlayStation 3 (PS3) 」正式発表。
    • 7月21日 - Havok社と戦略的ライセンス契約締結発表。物理エンジンをPlayStation 3向けソフトウェア開発キットの一部に採用。米国エピック・ゲームズ社と戦略的ライセンス契約締結発表。“Unreal Engine 3”の評価版をPlayStation 3向けソフトウェア開発キットに併せて提供。米国AGEIA社と戦略的ライセンス契約締結発表。物理演算ライブラリ“PhysX”をPlayStation 3向けソフトウェア開発キットの一部に採用。英国SNシステムズ社買収にむけて基本合意と発表。“ProDG”をPlayStation 3向けソフトウェア開発キットの一部に採用。
  • 2006年
  • 2007年
    • 2月 - ステレオサウンド発行の月刊誌『HiVi』において第22回HiViグランプリのペリフェラル部門賞を受賞[2]
    • 3月1日 - 『ガンダム無双』とセットにした「ガンダム無双 with PLAYSTATION 3(HDD60 GB)」販売。
    • 3月23日 - 欧州中東アフリカオーストラリアで発売(60 GB版のみ)。
    • 4月12日 - 北米地区での20 GB版発売停止を発表。
    • 4月23日 - ソニー、青紫色半導体レーザーの生産体制及びビジネスの強化を発表[3]、業界最大の青紫色半導体レーザー月産170万個体制を確立、外販強化、コストダウンも進む。
    • 6月16日 - 韓国・米国・カナダで発売。欧州版(60 GB)をベースとした80 GB版。80 GB版は世界初で価格は518,000ウォン[4]
    • 6月28日 - PlayStation.comにて「PLAYSTATION 3を楽しもう!」キャンペーン開始。本体購入者全員に「PSNチケット」プレゼント(60 GB・3,000円分 20 GB・2,000円分)
    • 7月9日 - 北米にて60 GB版を値下げ。米国は499ドル、カナダは549カナダドル。
    • 7月26日 - 〜みんGOL5で始めよう〜「PLAYSTATION 3 ビギナーズパック」を、60 GB(CECH-AMG)・61,980円 20 GB(CECH-BMG)・51,980円(各税込)で発売。
    • 8月 - 北米にてモーターストームを同梱した80 GB版を発売。
    • 8月30日 - 『BLADESTORM 百年戦争』とオリジナルサウンドトラックをセットにした「BLADESTORM 百年戦争 with PLAYSTATION 3(HDD60 GB) 」を64,980円(税込)で発売。
    • 10月7日 - 欧州で40 GB版を399ユーロで発売すると発表。60 GB版の499ユーロへ値下げを発表。
    • 10月9日 - 日本で40 GB版を39,980円(税込)で発売および新色セラミック・ホワイト(CECHH00 CW)の発表。10月17日以降、20 GB版の44,980円(税込)、60 GB版の54,980円(税込)への値下げを発表[5]
    • 10月10日 - 欧州で40 GB版を発売。
    • 10月17日 - 本体購入時(一部店舗除)に20万枚限定でソニー・ピクチャーズ エンタテインメントより発売された『スパイダーマン3』Blu-ray Disc版を贈呈。
    • 11月11日 - 日本で65 nmプロセスのCellを搭載した「CECHH00シリーズ」40 GB版が発売[6]。本体色はクリアブラックとセラミック・ホワイトの2色。『真・三國無双5』とマップファイル等をセットにした「真・三國無双5 with PLAYSTATION 3(40 GB/セラミック・ホワイト) 」を49,980円(税込)で発売。
  • 2008年
    • 1月10日 - SCEJ、日本で20 GBモデルと60 GBモデルの出荷を1月中に終了する事を正式発表[7]
    • 1月31日 - SCEJ、『デビル メイ クライ 4』とプレミアム映像を収録したBlu-ray Discをセットにした特別生産限定商品「PLAYSTATION 3 “デビル メイ クライ 4”プレミアムBDパック」(クリアブラック:CECHHDM、セラミック・ホワイト:CECHHCWDM)を47,800円(税込)で発売。
    • 2月5日 - SCEJ、40 GBの新色「サテン・シルバー」を2008年3月6日(木)より39,980円(税込)で発売すると発表[8]
    • 3月6日 - セガ、『龍が如く 見参!』と特製ステッカー“昇龍”をセットにした「PlayStation 3『龍が如く 見参!』パック」を47,040円(税込)で発売。
    • 5月2日 - SCEJ、「PLAYSTATION3 METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS WELCOME BOX with DUALSHOCK3」の発売を発表[9]
    • 5月14日 - ソニー、2007年度第4四半期業績発表にて08年3月期ではゲーム事業は1245億円の赤字を発表。また質疑応答にて「Wiiに数で追いつくつもりはない」と発表し方針転換が明らかとなる。
    • 6月12日 - コナミデジタルエンタテインメント、『メタルギアソリッド4』と40 GBモデルオリジナルカラーを施した【鋼 -HAGANE-】(CECHH00 MG)と本体同色のDUALSHOCK3がセットの「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS プレミアムパック」を51,800円(税込)で発売[10]
    • 6月26日 - ソニーグループの「中期経営方針説明会」にてSCE平井一夫、台数は前年比200%を記録し『MGS4』発売初週は前週比8倍を記録し本体販売台数を牽引したこと、PlayStation 3用として初めてBlu-ray Disc50 GBを使い切り、PlayStation 3ならではの作品の重要性等も説明[11]
    • 7月8日 - SCEJ、7月18日から8月31日の間でPlayStation 3本体とPlayStation 3専用ソフトウェアを同時購入すると抽選でブラビアなど、豪華賞品が合計1,000名に当たる「祝!PS3生活」プレゼントキャンペーンを実施[12]
    • 7月11日 - SCEJ、国内においてゲーム内動的広告の開始を発表[13]
    • 7月15日 - SCEA、40 GBモデルのHDDを80 GBに増量した新型80 GBモデルを北米にて、2008年9月に発売することを発表[14]
    • 7月16日 - SCEE、新型80 GBモデルを欧州等のPAL地域での発売を発表。発売日は8月27日、ロシアはその2週間後[15]
    • 8月21日 - SCEJ、ワイヤレスキーパッドを年末に日米欧で発売する予定を発表[16]
    • 9月2日 - SCEJ、ワイヤレスヘッドセットの2008年10月30日発売を発表[17]
    • 9月18日 - SCE、Life with PlayStation英語版の提供開始を発表[18]
    • 9月20日 - マレーシアで80 GB版を495ドルで発売。
    • 10月9日 - SCEJ、東京ゲームショウ2008にてHDD容量を40 GBから80 GBに倍増しDUALSHOCK3を標準装備した、PlayStation 3(CECHL00シリーズ)を、10月30日から価格据え置きの39,980円(税込)で発売することを発表、期間限定でグランツーリスモ5プロローグ Spec IIIを同梱[19]。なお、40 GBモデルは10月10日からオープン価格に変更。『リトルビッグプラネット』とDUALSHOCK3を2個セットにした「PlayStation 3 リトルビッグプラネット ドリームボックス」を44,980円(税込)で発売することも発表。ワイヤレスキーパッドの発売日と価格を明らかにし、加えてACアダプターの発売日と価格を発表[20]コナミ、『ワールドサッカー ウイニングイレブン 2009』と、PlayStation 3(CECHL00シリーズ)にDUALSHOCK3を2個セットにした「ウイニングイレブン×UEFA CHAMPIONS LEAGUE アニバーサリーBOX」を、11月27日から46,980円(税込)で発売することを発表。
    • 10月23日 - SCE、日本で出荷される80 GB版(CECHL00シリーズ)の全数がCell、RSXともに65 nm世代となることを公表[21]
    • 10月30日 - 80 GB版(CECHL00シリーズ)発売。消費電力検証にて40 GB版(CECHH00シリーズ)約145 W前後、80 GB版(CECHL00シリーズ)約128 W前後で、前モデルより省電力となっている[22]
    • 12月2日 - SCEJ、12月18日から全国のPS3取り扱い店舗でPS3購入者を対象に、体験版やプロモーション映像が収録された「“みんなでわいわい! 子供も大人も楽しめるスペシャル デモ ディスク 赤”」と、「“ひとりでじっくり! 手に汗握るスペシャル デモ ディスク 白”」がもらえる「“祝!PS3生活” スペシャル デモ ディスク プレゼントキャンペーン」を行うことを発表[23]
  • 2009年
    • 1月6日 - セガ、2月26日に発売予定の『龍が如く3』と、80 GB版(CECHL00シリーズ)のセラミック・ホワイトを特別にデザインした本体を同梱する「龍が如く3“昇り龍”パック」の正式デザインと、10,000台限定の45,980円(税込)で発売する事を発表[24]
    • 1月7日 - カプコン3月5日に発売予定の『バイオハザード5』と、80 GB版(CECHL00シリーズ)のクリアブラックにオリジナルロゴを施した本体に、DUALSHOCK3を2個セットにした「PLAYSTATION 3 バイオハザード5 プレミアム リミテッド BOX」を48,980円(税込)で発売する事を発表[25]
    • 1月16日 - Google、同社が運営する動画共有サービスYouTube」においてテレビ画面視聴に最適化した専用サービス「YouTube for Television」を発表。PS3のブラウザ機能から「www.youtube.com/tv」(現在はwww.youtube.com/xl)にアクセスすると、PS3での操作に最適化された YouTubeの画面が表示される[26]
    • 1月19日 - スクウェア・エニックス、HDDを160 GBに倍増し、特別色の“Cloud Black”でクラウディウルフの紋章が施されたオリジナルデザインのPS3と、『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリートBlu-ray Disc版と、『ファイナルファンタジーXIII』体験版を同梱した「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE PLAYSTATION 3 “Cloud Black” HDD 160 GB特別仕様 +「FINAL FANTASY XIII」Trial Version Set」を、4月16日に49,980円(税込)で発売予定を発表[27]
    • 3月24日 - SCE、開発モデル「DECR-1400A」「DECR-1400J」の導入を発表[28]
    • 8月19日 - SCE、HDD120 GB内蔵しデザインをスリムにして価格を値下げした新型「CECH-2000A」を9月1日より北米、欧州、アジア地域で希望小売価格299USドル、299ユーロにて、9月3日より日本で希望小売価格29,980円での販売、PS3の英語表記を“PLAYSTATION 3”から“PlayStation 3”へ変更、本体表面のロゴの一新、45 nm Cellの採用、ブラビアリンク対応等を発表[29]。SCEJ、HDMIケーブル(型番:CEJH-15004)3,000円税込と、縦置きスタンド(型番:CECH-ZS1)2,000円税込を、9月3日に発売することを発表[30]バンダイナムコゲームス、新型PlayStation 3(CECH-2000A)と機動戦士ガンダム戦記等を同梱した「機動戦士ガンダム戦記 GUNDAM 30th ANNIVERSARY BOX」を、38,359円(税込)で9月3日に発売することを発表[31]
    • 8月21日 - SCE、新型PlayStation 3(CECH-2000)の詳細情報として、HDMI端子からビットストリーム出力ができることなどを発表[32]
    • 8月31日 - 新型PlayStation 3(CECH-2000A)の動作音と消費電力を歴代モデルと比較した結果、消費電力をBDビデオ再生時で比較した場合、初代60 GBモデル(CECHA00)が約168から169W台、2代目40 GBモデル(CECHH00)が約118から119W台、4代目の新型120 GBモデル(CECH-2000A)が約83 Wとなっている[33]
    • 9月24日 - SCE、『「プレイステーション 3」 FINAL FANTASY XIII LIGHTNING EDITION』の発売を発表[34]
    • 10月1日 - SCEA、インドネシア共和国で「CECH-2006A」の発売を発表[35]
    • 10月-12月 - PSPと同じ、対応ソフトのパッケージデザインが変更され、右部の黒枠から上部の黒と灰色のグラデーションになり、PSシリーズのロゴの下にPLAYSTATION 3の横文字からPS3の文字に変更し、若干大きくなった。この時期に発売されたソフトは新デザインと旧デザインのものが混在している。
    • 11月16日 - アメリカ空軍、PlayStation 3を元に研究用のスーパーコンピュータ制作を目的として、2,200台のPlayStation 3を導入する事を発表[36]
    • 12月25日 - AV Watch、2009年AV Watchニュース記事 年間アクセスランキングを発表し、新型PlayStation 3(CECH-2000A)の発売日発表の記事が、アクセスランキングトップになった事を発表[37]
  • 2010年
    • 1月6日 - SCEJ、PlayStation 3とBlu-ray Disc版マイケル・ジャクソン THIS IS ITをセットにした『PlayStation 3 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 Special Pack』(CEJH-10009)を、2010年1月27日から33,500円(税込)で限定販売する事を発表[38][39]
    • 1月14日 - SCEJ、内蔵HDDを250 GBにした「CECH-2000B」を数量限定で2月18日より34,980円(税込)で発売する事を発表[40][41]。『「プレイステーション 3」地デジレコーダーパック』(CEJH-10010)を数量限定で3月より42,800円(税込)で発売する事を発表[42][43]
    • 1月18日 - SCEA、ベトナムで120 GBモデル「CECH-2006A」の発売を発表[44]
    • 2月4日 - 2009年第四半期決算発表会にて、ソニー副社長でCFOの大根田伸行は「今年から来年にかけて15%ほどのコスト改善を行う。」と述べ、具体的には,例えばグラフィックスLSI「RSX」の製造プロセスを現行の65 nmから40 nm台へと移行する予定[45]
    • 3月9日 - ソニー、3D立体視対応ブラビア 3シリーズを発表。6月10日のLX900シリーズ発売予定に合わせてPlayStation 3の3D立体視対応アップデートを行い、3D立体視対応ゲームタイトルを投入することも発表[46]
    • 3月29日 - SCEA、フィリピンで120 GBモデル「CECH-2012A」250 GBモデル「CECH-2012B」の発売を発表[47]
    • 6月16日 - SCE、サラウンドサウンドシステムの発売を発表[48]
    • 7月6日 - SCEJ、「CECH-2500」の発売を発表[49]
    • 8月18日 - SCEJ、「PlayStation®3 GRAN TURISMO 5 RACING PACK」の発売を発表[50]
    • 9月16日 - SCEJ、CECH-2500「クラシック・ホワイト」の発売を発表[51]
    • 10月5日 - SCEJ、「PlayStation 3 HDDレコーダーパック 320GB」の発売を発表[52]
  • 2011年
    • 2月1日 - SCEJ、PS3用 「BDリモートコントローラ」の発売を発表[53]。CECH-2500シリーズ新色「サテン・シルバー」の発売を発表[54]
    • 2月28日 - SCEJ、「PlayStation®3 HDDレコーダーパック 320GB」の発売を発表、春商戦に向けた「今だ!PS3キャンペーン」の実施を発表[55]
    • 2月末頃、オランダ政府がPS3の輸入を暫定的に禁止した[56][57]。韓国のLG電子が申請していた、特許権侵害に基づく輸入禁止の仮処分を認めたもの[57]
    • 3月1日 - SCE、開発者ツールのPhyreEngine英語版3.0の提供開始[58]
    • 5月28日 - SCEJ、「PlayStation3 TALES OF XILLIA X(クロス) Edition」の発売を発表[59]
    • 6月7日 - SCEJ、PS3対応 「ワイヤレスキーボード」の発売を発表[60]。「PlayStation®3 HDDレコーダーパック 320GB」の再販を発表[61]。SCE、関連商品である「3Dディスプレイ」の発売を発表[62]
    • 6月19日 - CECH-3000シリーズ発売開始。軽量・省エネ化され、イジェクトボタンのディスク挿入状態LEDランプ、無線LANアクセスLEDランプ、電源ボタンおよびイジェクトボタンのバックライトを省略。AACS Final Adopter Agreementに準拠するために、BD映像ソフト(BD-ROM)、および著作権保護技術の適用されたコンテンツからの映像出力においてD端子出力などのアナログ出力についてはSD (480i)に制限されるように。
    • 8月8日 - SCEJ、PS3対応HDMIケーブルの発売を発表[63]
    • 8月17日 - SCE、160 GBモデルの価格改定を発表[64]
    • 9月1日 - SCEJ、「PlayStation®3 NINOKUNI MAGICAL EDITION」の発売を発表[65]
    • 9月6日 - SCEJ、関連商品である「3Dディスプレイ」および「3Dメガネ」の発売を発表[66]。「アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス- オリジナル DUALSHOCK3 同梱版」の発売を発表[67]
    • 9月14日 - SCEJ、CECH-3000Bシリーズの新色「スプラッシュ・ブルー」「スカーレット・レッド」の発売を発表[68]
    • 9月15日 - SCEJ、「PlayStation3 FINAL FANTASY XIII-2 LIGHTNING EDITION Ver.2」の発売を発表[69]
    • 12月15日 - SCEJ、「PlayStation3 ワンピース 海賊無双 GOLD EDITION」の発売を発表[70]
  • 2012年
    • 5月8日 - SCEJ、「PlayStation3 HDDレコーダーパック 320GB」の価格改定を発表[71]
    • 6月5日 - SCE、PlayStation Vitaとの連携を実現し、新たなゲーム体験提供する「cross platform feature」を展開[72]。周辺機器「ワンダーブック」の対応タイトル第一弾『ワンダーブック:ブックオブスペルズ』の発売を発表[73]
    • 6月28日 - SCEJ、「DUALSHOCK3 TALES OF XILLIA®2 X(クロス) Edition」の発売を発表[74]
    • 9月19日 - SCE、CECH-4000シリーズの発売を発表[75]。『みんなのGOLF 6』がセットになった「PlayStation3 スターターパック チャコール・ブラック」および「PlayStation3 スターターパック クラシック・ホワイト」の発売を発表[76]
    • 10月2日 - SCEJ、「PlayStation3 真・北斗無双 LEGEND EDITION」の発売を発表[77]
    • 10月4日 - さらに薄型・軽量化した新型のCECH-4000シリーズ(250 GB/500 GB)を発売。基本カラーバリエーションはチャコール・ブラック、クラシック・ホワイト、ガーネット・レッド、アズライト・ブルーの4色でのリリース。
    • 12月20日 - SCEJ、「God of War: Ascension オリジナル DUALSHOCK®3 同梱版」の発売を発表[78]
  • 2013年
    • 1月21日 - SCEJ、CECH-4000Bの新色「アズライト・ブルー」「ガーネット・レッド」の発売を発表[79]
    • 3月28日 - SCE、開発者ツールのPhyreEngine3.5の提供開始[80]
    • 5月8日 - SCE、ブラジルでの生産開始を発表[81]。SCEJA、「PlayStation®3 HDDレコーダーパック 250GB」の発売を発表[82]
    • 8月下旬 - CECH-4000のマイナーチェンジ版、CECH-4200シリーズ(250 GB/500 GB)の出荷を開始。AACS Final Adopter Agreementに準拠するために、CECH-4000シリーズとの入れ替わりでの発売。これにより、CECH-4200シリーズ以降はBD映像ソフト(BD-ROM)および著作権保護技術の適用されたコンテンツからの映像出力はHDMIでのみ出力されるように変更されている。本体カラーはチャコール・ブラック、クラシック・ホワイトの2色のみ。
    • 9月9日 - SCEJA、「PlayStation3 スターターパック グランツーリスモ6同梱版」の発売を発表[83]
    • 10月1日 - SCEJA、「PlayStation3 パペッティア パック」の発売を発表[84]
    • 11月15日 - 後継機『PlayStation 4』が北米で発売[85]
  • 2014年
    • 2月28日 - 初期の機種であるCECH-A00・CECH-B00・CECH-H00・CECH-Q00の4機種について、修理部品の在庫がなくなり次第、アフターサービスの受付終了を発表[86]
    • 4月2日 - CECH-A00、CECH-B00のアフターサービスの受付終了。
    • 7月2日 - CECH-H00、CECH-Q00のアフターサービスの受付終了。
    • 7月18日 - SCEJA、PS3に対応したハイスピードHDMIケーブルの発売を発表[87]
    • 8月18日 - SCEJA、CECH-4300Cの発売を発表[88]
  • 2017年
    • 3月17日 - ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)、CECH-4300Cを近日中に日本国内への出荷終了を発表[89]
    • 5月30日 - CECH-4300C、出荷完了[90]

販売台数[編集]

  • 2007年
    • 第3四半期 - 世界売上台数、490万台。PS3のソフト販売数が前年同期比約5倍となったが、2007年度通期のPS3販売見通しを1100万台から950万台へ下方修正、ゲーム事業の営業利益は、前期の542億円赤字から129億円の黒字に転換、売上は過去最高の5812億円だったが、PSPとPS2の黒字でPS3の赤字を埋めている形が明らかに[91]
  • 2008年
    • 第1四半期 - 世界売上台数、156万台で前年同期比86万台増、RSXは今後秋に向かって65 nmになり、2009年はさらにシュリンクしたものになることや、逆ザヤ解消は2009年度になる見通しを公表[92]
    • 第3四半期 - 世界売上台数、446万台[93]
  • 2009年
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ftp://ftp.uk.linux.org/pub/linux/Sony-PS3/
  2. ^ HiViグランプリ 部門賞 - ウェイバックマシン(2007年5月19日アーカイブ分)
  3. ^ “青紫色半導体レーザーの生産体制及びビジネスの強化” (プレスリリース), ソニー, (2007年4月23日), https://www.sony.com/ja/SonyInfo/News/Press/200704/07-037/ 2022年1月20日閲覧。 
  4. ^ PS3、韓国でも発売 HDDは80Gバイト”. ITmedia NEWS. 製品動向. アイティメディア (2007年5月21日). 2022年1月20日閲覧。
  5. ^ “新「プレイステーション 3」(CECHH00シリーズ)2007年11月11日発売 希望小売価格39,980円(税込)40GBのHDDを標準搭載し、2色で登場クリアブラック(CECHH00)/セラミック・ホワイト(CECHH00 CW)~PS3®専用ワイヤレスコントローラ(DUALSHOCK®3)~2007年11月11日発売決定 希望小売価格 5,500円(税込)” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2007年10月9日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2007/071009a.html 2022年1月27日閲覧。 
  6. ^ 「新型PS3 CECHH00」ファーストインプレッション ~外観変化大きく、消費電力削減”. PC Watch. インプレス (2007年11月12日). 2022年1月20日閲覧。
  7. ^ “「プレイステーション 3」 HDD 20GB/HDD 60GBモデル国内出荷完了のお知らせ” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2008年1月10日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2008/080110a.html 2022年3月2日閲覧。 
  8. ^ “「プレイステーション 3」本体および周辺機器に新色サテン・シルバー登場 2008年3月6日(木)発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2008年2月5日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2008/080205c.html 2022年1月20日閲覧。 
  9. ^ “「プレイステーション 3」(PS3®)本体にPS3®専用ソフトウェア『METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS』と別売ワイヤレスコントローラ(DUALSHOCK®3)をセットにした特別生産限定商品「PLAYSTATION®3 METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS WELCOME BOX with DUALSHOCK®3」本体色:クリアブラック、セラミック・ホワイト、サテン・シルバー 希望小売価格 各49,800円(税込)2008年6月12日(木)発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2008年5月2日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2008/080502b.html 2022年3月2日閲覧。 
  10. ^ KONAMI、6月12日に全世界同時発売 PS3「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS」 Game watch、2008年2月29日 - ウェイバックマシン(2008年3月5日アーカイブ分)
  11. ^ ソニーグループ、「中期経営方針説明会」を開催。PLAYSTATION Networkで映像配信などのサービスを開始、Game watch、2008年6月26日 - ウェイバックマシン(2008年6月27日アーカイブ分)
  12. ^ “「プレイステーション 3」本体ハードウェアと「プレイステーション 3」専用ソフトウェアを同時購入すると 抽選で素敵な賞品が当たる「祝!PS3®生活」プレゼントキャンペーン 2008年7月18日(金)~8月31日(日) 国内PS3®取り扱い店舗にて実施” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2008年7月8日), https://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20080708_ps3cp08summer.html 2022年1月20日閲覧。 
  13. ^ “「PLAYSTATION®3」向けに日本国内でゲーム内動的広告サービス開始” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2008年7月11日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2008/080711a.html 2022年1月20日閲覧。 
  14. ^ “SONY COMPUTER ENTERTAINMENT AMERICA ANNOUNCES NEW 80GB PLAYSTATION®3, LIMITED EDITION PLAYSTATION®2 BUNDLE, AND PLAYSTATION®PORTABLE ENTERTAINMENT PACK AT E3 2008” (英語) (プレスリリース), Sony Computer Entertainment America, (2008年7月15日), https://www.sie.com/en/corporate/release/2008/080715b.html 2022年1月20日閲覧。 
  15. ^ “SONY COMPUTER ENTERTAINMENT EUROPE CONFIRMS NEW 80GB PLAYSTATION®3 FOR PAL TERRITORIES AT E3 2008” (英語) (プレスリリース), Sony Computer Entertainment Europe, (2008年7月16日), https://www.sie.com/en/corporate/release/2008/080716.html 2022年1月20日閲覧。 
  16. ^ “PLAYSTATION®3専用「ワイヤレスキーパッド」2008年の年末商戦期に向けて日米欧にて発売 ~ワイヤレスコントローラに取り付けて、快適な文字入力が可能に~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2008年8月21日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2008/080821b.html 2022年1月20日閲覧。 
  17. ^ “PLAYSTATION®3用「ワイヤレスヘッドセット」発売決定 ~Bluetooth®対応によりワイヤレスで音声チャットが楽しめる~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2008年9月2日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2008/080902a.html 2022年1月20日閲覧。 
  18. ^ “「プレイステーション 3」向けに「Life with PlayStation®」提供開始 ~PS3®ならではの新たなライフスタイルを提案~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2008年9月18日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2008/080918.html 2022年1月20日閲覧。 
  19. ^ “80GBの大容量HDDとDUALSHOCK®3を標準装備した「プレイステーション 3」(CECHL00シリーズ)発売 発売日:2008年10月30日(木) 希望小売価格:39,980円(税込)~最新版『グランツーリスモ5プロローグ Spec III』を期間限定で同梱~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2008年10月9日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2008/081009a.html 2022年1月20日閲覧。 
  20. ^ “PlayStation®周辺機器のラインアップに新たに「ワイヤレスキーパッド」と「ACアダプター」が登場” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2008年10月9日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2008/081009b.html 2022年1月20日閲覧。 
  21. ^ 西田宗千佳 (2008年10月23日). “西田宗千佳のRandomTracking PS3とPSPの新ファームウエア詳細をSCEに聞く今後の方向性は「ネット連携」?”. AV Watch. インプレス. 2022年1月20日閲覧。
  22. ^ 新型PS3(CECHL00シリーズ)発売! 消費電力などをチェックしてみた、GAME Watch 、2008年10月30日 - ウェイバックマシン(2008年11月2日アーカイブ分)
  23. ^ 祝!PS3生活 スペシャル デモ ディスク プレゼントキャンペーン、PlayStation.com、2008年12月2日 - ウェイバックマシン(2008年12月5日アーカイブ分)
  24. ^ 限定10000台! 『龍が如く3』“昇り龍パック”のデザインが決定”. ファミ通.com. KADOKAWA Game Linkage (2009年1月6日). 2022年1月20日閲覧。
  25. ^ カプコン、「PS3 バイオハザード5 プレミアムリミテッドBOX」。オリジナルロゴをデザインしたPS3本体同梱版を発売”. GAME watch. インプレス (2009年1月7日). 2022年1月20日閲覧。
  26. ^ PS3やWiiから利用できる「テレビ用YouTube」スタート」。”. AV watch. インプレス (2009年1月16日). 2022年1月20日閲覧。
  27. ^ スクエニ、BD「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE」4月16日発売決定。「FF XIII」の体験版やPS3本体の同梱版も同時発売”. GAME watch. インプレス (2009年1月19日). 2022年1月20日閲覧。
  28. ^ “「プレイステーション 3」専用タイトル開発環境のさらなる強化 ~廉価な開発環境を実現する新リファレンス・ツールの導入~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2009年3月24日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2009/090819a.html 2022年1月27日閲覧。 
  29. ^ “薄型・軽量に進化し、120GBのHDDを標準搭載した新型「プレイステーション 3」(CECH-2000A) 2009年9月 全世界同時発売 ~ 年末年始の商戦期に向け、充実したソフトウェアラインアップとともに「プレイステーション 3」プラットフォームの普及・拡大を更に加速 ~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2009年8月19日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2009/090819a.html 2022年1月20日閲覧。 
  30. ^ 新型PS3に対応した「HDMIケーブル」と「縦置きスタンド」も同日発売”. ねとらぼ. アイティメディア (2009年8月19日). 2022年1月20日閲覧。
  31. ^ 新型PS3とセットになった「機動戦士ガンダム戦記 GUNDAM 30th ANNIVERSARY BOX」発売決定”. ねとらぼ. アイティメディア (2009年8月19日). 2022年1月20日閲覧。
  32. ^ 新PS3は、TrueHD/DTS-HD MAのビットストリーム出力対応”. AV Watch. インプレス (2009年8月21日). 2022年1月20日閲覧。
  33. ^ 山崎健太郎 (2009年8月31日). “新「PlayStation 3」の動作音/消費電力をチェック”. AV Watch. インプレス. 2022年1月20日閲覧。
  34. ^ “スクウェア・エニックスとのコラボレーションによる特別限定商品『「プレイステーション 3」 FINAL FANTASY XIII LIGHTNING EDITION』希望小売価格:41,600円(税込) 2009年12月17日(木)より発売 ~オリジナル仕様の新型「プレイステーション 3」(HDD 250GB)本体と 待望のRPG超大作ソフトウェア「FINAL FANTASY XIII」のセット商品~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2009年9月24日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2009/090924g.html 2022年1月27日閲覧。 
  35. ^ “ソニー・コンピュータエンタテインメントアジア インドネシア共和国にてプレイステーションビジネスを新たに開始 ~「プレイステーション 3」、PSP® 「プレイステーション・ポータブル」、PSP® 「プレイステーション・ポータブル」goを10月1日より発売~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントアジア, (2009年10月1日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2009/091001.html 2022年1月27日閲覧。 
  36. ^ アメリカ空軍、2200台のPS3を購入予定。軍内部のシステム開発や研究目的に”. Game*Spark. IID (2009年11月24日). 2022年1月20日閲覧。
  37. ^ 2009年AV Watchニュース記事 年間アクセスランキング”. AV Watch. インプレス (2009年12月25日). 2022年1月20日閲覧。
  38. ^ “ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントとのコラボレーションによる限定商品『PlayStation®3 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 Special Pack』希望小売価格:33,500円(税込)2010年1月27日(水)より発売 ~新型「プレイステーション 3」(HDD 120GB)本体とブルーレイディスク「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」のセット商品~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2010年1月6日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2010/100106a.html 2022年1月24日閲覧。 
  39. ^ SCEJ、BD「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」と新型PS3本体をセットにした限定パッケージを発売”. GAME Watch. インプレス (2010年1月6日). 2022年1月20日閲覧。
  40. ^ “250GBの大容量HDDを標準搭載した新型「プレイステーション 3」数量限定 2010年2月18日(木)発売 希望小売価格 34,980円(税込)” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2010年1月14日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2010/100114a.html 2022年1月24日閲覧。 
  41. ^ SCEJ、新型PS3に250GB HDD搭載モデル登場。数量限定で2月18日発売”. GAME Watch. インプレス (2010年1月14日). 2022年1月20日閲覧。
  42. ^ PS3®で地上デジタル放送の録画が可能に PS3®専用周辺機器 地上デジタルレコーダーキット『torne(トルネ)™』希望小売価格 9,980円(税込) 3月発売予定 PS3®(HDD 250GB)に『torne(トルネ)™』をセットにしたお得パック『「プレイステーション 3」地デジレコーダーパック』希望小売価格 42,800円(税込) 数量限定で同日発売”. ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン (2010年1月14日). 2022年1月24日閲覧。
  43. ^ SCEJ、PS3用地上デジタルレコーダーキット「torne(トルネ)」発売決定”. GAME Watch. インプレス (2010年1月14日). 2022年1月20日閲覧。
  44. ^ “ソニー・コンピュータエンタテインメントアジア ベトナム社会主義共和国にてプレイステーションビジネスを新たに開始 ~「プレイステーション 3」、「プレイステーション 2」、PSP® 「プレイステーション・ポータブル」を2010年1月16日より発売~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントアジア, (2010年1月18日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2010/100118.html 2022年1月24日閲覧。 
  45. ^ 【続報】「来期にはPS3の逆ざやを解消する」,ソニーの決算発表会から”. 日経クロステック. 日経BP (2010年2月5日). 2022年1月20日閲覧。
  46. ^ ソニー、“本物の3Dへ”。3D BRAVIA 3シリーズを発売-2D-3D変換も。メガネ×2「LX900」、最高画質「HX900」”. AV Watch. インプレス (2010年3月9日). 2022年1月20日閲覧。
  47. ^ “ソニー・コンピュータエンタテインメントアジア フィリピン共和国にてプレイステーションビジネスを新たに開始 ~「プレイステーション 3」、PSP® 「プレイステーション・ポータブル」を2010年3月27日より発売~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントアジア, (2010年3月29日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2010/100329.html 2022年1月24日閲覧。 
  48. ^ “「プレイステーション 3」用サラウンドサウンドシステム全世界で2010年秋発売 ~臨場感のあるサラウンドをスタイリッシュなワンユニットのスピーカーで実現~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2010年6月16日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2010/100616g.html 2022年1月24日閲覧。 
  49. ^ “160GB、320GBの大容量HDDを標準装備した「プレイステーション 3」(CECH-2500シリーズ)2010年7月29日(木)発売、新色クラシック・ホワイト登場 新モデル発売に先立ち、7月7日(水)よりCECH-2100A(120GB)をオープン価格に改定” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2010年7月6日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2010/100706a.html 2022年1月24日閲覧。 
  50. ^ “PS3®専用ソフトウェア 『グランツーリスモ5』 2010年11月3日(水・祝)に発売決定および初回生産限定版とPS3®本体同梱版、同日発売のご案内” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2010年8月18日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2010/100818c.html 2022年1月24日閲覧。 
  51. ^ “320GBの大容量HDDを標準搭載「プレイステーション 3」(CECH-2500シリーズ)「クラシック・ホワイト」2010年10月21日(木)発売 PS3®専用ワイヤレスコントローラ(DUALSHOCK®3)「キャンディー・ピンク」2010年11月18日(木)発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2010年9月16日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2010/100916a.html 2022年1月24日閲覧。 
  52. ^ “PS3®専用地上デジタルレコーダーキット「torne(トルネ)™」と320GBのHDDを搭載したPS3®(本体色:チャコール・ブラック)を同梱した「PlayStation®3 HDDレコーダーパック 320GB」数量限定にて 2010年11月18日(木)発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2010年10月5日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2010/101005.html 2022年1月24日閲覧。 
  53. ^ “PlayStation®3用 「BDリモートコントローラ」便利な機能を追加し、2011年3月31日(木)より新発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2011年2月1日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2011/110201b.html 2022年1月22日閲覧。 
  54. ^ “「プレイステーション 3」(CECH-2500シリーズ) 新色サテン・シルバーHDD160GBと320GBを搭載したモデルが数量限定で 2011年3月10日(木)発売 同色の縦置きスタンドも数量限定で同日発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2011年2月1日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2011/110201a.html 2022年1月22日閲覧。 
  55. ^ “「PlayStation®3 HDDレコーダーパック 320GB」 さらにお買い得な希望小売価格35,980円(税込)にて 3月1日(火)より数量限定で発売 クラシック・ホワイトの「プレイステーション 3」を同梱したHDDレコーダーも3月10日(木)より数量限定で発売 同日より、春商戦に向けた「今だ!PS3®キャンペーン」を実施” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2011年2月28日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2011/110228a.html 2022年1月22日閲覧。 
  56. ^ PS3」のオランダへの出荷が一時差し止めに-3月5日付けの新聞記事(1)”. gamebiz. gamebiz (2011年3月5日). 2022年1月20日閲覧。
  57. ^ a b 2011年3月5日の朝日新聞朝刊14面
  58. ^ “「プレイステーション 3」および次世代携帯型エンタテインメントシステム(コードネーム:NGP)専用タイトル開発環境の強化 ~グラフィック描画ツールPhyreEngine™を大幅にアップデート~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2011年3月1日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2011/110301a.html 2022年1月22日閲覧。 
  59. ^ “「プレイステーション 3」(HDD160GB)にPS3®専用ソフトウェア「テイルズ オブ エクシリア」をセットにした特別限定商品「PlayStation®3 TALES OF XILLIA® X(クロス) Edition」希望小売価格 37,980円(税込) 数量限定で9月8日(木)より発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2011年5月28日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2011/110528.html 2022年1月22日閲覧。 
  60. ^ “Bluetooth®無線通信が便利なPlayStation®3対応 「ワイヤレスキーボード」 希望小売価格5,000円(税込) 2011年6月30日(木)より発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2011年6月7日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2011/110607g.html 2022年1月22日閲覧。 
  61. ^ “「PlayStation®3 HDDレコーダーパック 320GB」ご好評につき 希望小売価格35,980円(税込)にて6月30日(木)より数量限定で再発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2011年6月7日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2011/110607f.html 2022年1月22日閲覧。 
  62. ^ “ソニー・コンピュータエンタテインメント「プレイステーション 3」の3Dの世界をさらに拡げる3Dディスプレイを 全世界で2011年秋より順次発売 ~2プレイヤーモードで異なる画面をプレイヤー別に表示できる機能も搭載~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2011年6月7日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2011/110607b.html 2022年1月22日閲覧。 
  63. ^ “「プレイステーション 3」対応「HDMIケーブル」(2.0m)希望小売価格 1,800円(税込) 2011年9月8日(木)より発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2011年8月8日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2011/110808.html 2022年1月22日閲覧。 
  64. ^ “PlayStation ®3 価格改定 希望小売価格24,980円(税込)、$249、€249” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2011年8月17日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2011/110817b.html 2022年1月22日閲覧。 
  65. ^ “「プレイステーション 3」にPS3®専用ソフトウェア「二ノ国 白き聖灰の女王」をセットにした特別限定商品「PlayStation®3 NINOKUNI MAGICAL EDITION」希望小売価格 33,780円(税込) 数量限定で11月17日(木)より発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2011年9月1日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2011/110901a.html 2022年1月22日閲覧。 
  66. ^ “「プレイステーション 3」の3Dの世界をさらに拡げる「3Dディスプレイ」および「3Dメガネ」11月2日(水)より、それぞれ希望小売価格44,980円(税込)、5,980円(税込)にて発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2011年9月6日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2011/110906c.html 2022年1月22日閲覧。 
  67. ^ “PlayStation®3専用ソフトウェア「アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス-」にオリジナルデザインを施した「ワイヤレスコントローラ(DUALSHOCK®3)」をセットにした特別限定商品「アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス- オリジナル DUALSHOCK®3 同梱版」希望小売価格 9,980円(税込) 数量限定で11月2日(水)より発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2011年9月6日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2011/110906a.html 2022年1月22日閲覧。 
  68. ^ “「プレイステーション 3」(CECH-3000Bシリーズ)新色「スプラッシュ・ブルー」「スカーレット・レッド」HDD320GBを搭載したモデルが数量限定で11月17日(木)より発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2011年9月14日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2011/110914d.html 2022年1月22日閲覧。 
  69. ^ “「プレイステーション 3」にPS3®専用ソフトウェア「FINAL FANTASY XIII-2」をセットにした特別限定商品「PlayStation®3 FINAL FANTASY XIII-2 LIGHTNING EDITION Ver.2」希望小売価格 37,960円(税込) 数量限定で12月15日(木)より発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2011年9月15日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2011/110915a.html 2022年1月22日閲覧。 
  70. ^ “「プレイステーション 3」にPS3®専用ソフトウェア「ワンピース 海賊無双」をセットにした特別限定商品「PlayStation®3 ワンピース 海賊無双 GOLD EDITION」希望小売価格 38,170円(税込) 数量限定で2012年3月1日(木)より発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2011年12月15日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2011/111215.html 2022年1月22日閲覧。 
  71. ^ “「PlayStation®3 HDDレコーダーパック 320GB」 価格改定 5月24日(木)より希望小売価格32,980円(税込)” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2012年5月8日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2012/120508c.html 2022年1月22日閲覧。 
  72. ^ “PlayStation®3/PlayStation®Vita 「cross platform feature」(クロスプラットフォーム機能)の展開を加速 今夏以降、新作タイトルを順次発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2012年6月5日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2012/120605a.html 2022年1月22日閲覧。 
  73. ^ “PlayStation®3上で魔法の世界を体験できる『ワンダーブック™:ブックオブスペルズ』をJ.K. ローリング氏と共同制作 ~「ワンダーブック」の対応タイトル第一弾として、最新のAR技術とPlayStation®Moveの組み合わせで新たな体験を提供する魔法の書を発売~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2012年6月5日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2012/120605c.html 2022年1月22日閲覧。 
  74. ^ “オリジナルデザインを施した「ワイヤレスコントローラ(DUALSHOCK®3)」にPS3®専用ソフトウェア「テイルズ オブ エクシリア2」をセットにした特別限定商品「DUALSHOCK®3 TALES OF XILLIA®2 X(クロス) Edition」希望小売価格 12,980円(税込) 数量限定で11月1日(木)より発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2012年6月28日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2012/120628.html 2022年1月22日閲覧。 
  75. ^ “更なる小型・軽量化を実現した新型「プレイステーション 3」(CECH-4000シリーズ)全世界で発売 ~年末年始の商戦に向けPS3プラットフォームの更なる普及を推進~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2012年9月19日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2012/120919b.html 2022年1月22日閲覧。 
  76. ^ “新型PlayStation®3とPlayStation®3専用ソフトウェア『みんなのGOLF 6』がセットでお買い得なPlayStation®3 スターターパックチャコール・ブラック/クラシック・ホワイト 2012年11月22日(木)発売 ~年末年始の商戦期に向け、充実したソフトウェアラインアップとともにプラットフォームの普及・拡大を更に加速 ~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2012年9月19日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2012/120919e.html 2022年1月22日閲覧。 
  77. ^ “「プレイステーション 3」にPS3®専用ソフトウェア『真・北斗無双』をセットにした特別限定商品「PlayStation®3 真・北斗無双 LEGEND EDITION」希望小売価格 33,170円(税込) 数量限定で2012年12月20日(木)より発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2012年10月2日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2012/121002.html 2022年1月22日閲覧。 
  78. ^ “オリジナルデザインを施した「ワイヤレスコントローラ(DUALSHOCK®3)」にPS3®専用ソフトウェア『God of War: Ascension』をセットにした特別限定商品「God of War: Ascension オリジナル DUALSHOCK®3 同梱版」希望小売価格 9,980円(税込) 数量限定で3月14日(木)より発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2012年12月20日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2012/121220.html 2022年1月22日閲覧。 
  79. ^ “「プレイステーション 3」(CECH-4000Bシリーズ)新色「アズライト・ブルー」「ガーネット・レッド」HDD250GBを搭載したモデルが数量限定で2月28日(木)より発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン, (2013年1月21日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2013/130121a.html 2022年1月22日閲覧。 
  80. ^ “「プレイステーション 4」、「プレイステーション 3」および「プレイステーション ヴィータ」専用タイトル開発環境の強化 ~グラフィック描画ツールPhyreEngine™の最新バージョンを提供開始~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2013年3月28日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2013/130328.html 2022年1月22日閲覧。 
  81. ^ “ソニー・コンピュータエンタテインメント、ブラジルで「プレイステーション 3」の生産を開始現地生産体制の構築により本体価格を大幅に改定 ブラジルにおけるプレイステーションビジネスの拡大を加速” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2013年5月8日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2013/130508.html 2022年1月22日閲覧。 
  82. ^ “「PlayStation®3 HDDレコーダーパック 250GB」希望小売価格 27,980円(税込) 数量限定で2013年7月11日(木)より発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア, (2013年5月8日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2013/130508b.html 2022年1月22日閲覧。 
  83. ^ “PlayStation®3専用ソフトウェア 『グランツーリスモ6』日本国内 2013年12月5日(木)発売 ~15周年を記念した初回限定版やPS3®本体同梱版も発売決定~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア, (2013年10月1日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2013/130909h.html 2022年1月22日閲覧。 
  84. ^ “「PlayStation®3 パペッティア パック」希望小売価格 24,980円(税込) 数量限定で2013年12月12日(木)より発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア, (2013年10月1日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2013/131001_b.html 2022年1月22日閲覧。 
  85. ^ PS4が現地時間11月15日に北米およびカナダで発売開始!”. 電撃オンライン. KADOKAWA Game Linkage (2013年11月15日). 2014年10月17日閲覧。
  86. ^ PlayStation®3 一部機種のアフターサービス受付終了のお知らせ”. ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2014年2月28日). 2022年1月20日閲覧。
  87. ^ “PlayStation®4、PlayStation®3、layStation®Vita TVに対応した「ハイスピードHDMI®ケーブル」2014年9月25日(木)発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア, (2014年8月18日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2014/140718a.html 2022年1月22日閲覧。 
  88. ^ “「PlayStation®3 チャコール・ブラック 500GB」2014年8月28日(木)より、希望小売価格25,980円+税で発売” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア, (2014年8月18日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2014/140818.html 2022年1月22日閲覧。 
  89. ^ 販売開始から約10年、プレイステーション3の出荷が近日中に完了予定”. ファミ通.com. KADOKAWA Game Linkage (2017年3月17日). 2017年5月30日閲覧。
  90. ^ プレイステーション3(チャコール・ブラック/500GBモデル“CECH-4300C”)が出荷完了”. ファミ通.com. KADOKAWA Game Linkage (2017年5月30日). 2017年5月30日閲覧。
  91. ^ ソニー、2007年度第3四半期連結業績を発表 売上台数はPS3が490万台、PSPは576万台 - ウェイバックマシン(2008年2月1日アーカイブ分)
  92. ^ ソニー、2008年度第1四半期決算発表。営業利益は734億円 -BRAVIAは損益改善。PS3販売は前年比倍増の156万台、AV watch、2008年7月29日 - ウェイバックマシン(2008年8月3日アーカイブ分)
  93. ^ ソニー3Q、180億円の営業赤字 PS3は「他社の低価格機と比べて伸びず」”. ITmedia NEWS. アイティメディア (2009年1月29日). 2022年1月20日閲覧。
  94. ^ PS3「無双OROCHI Z」が約10万本を売り上げ、PS3が3週連続トップ”. ASCII.jp. KADOKAWA ASCII Research Laboratories (2009年3月20日). 2022年1月20日閲覧。
  95. ^ 新型PS3国内初週販売台数は約15万台-エンターブレイン調べ”. ファミ通.com. KADOKAWA Game Linkage (2009年9月7日). 2022年1月20日閲覧。
  96. ^ “新型「プレイステーション 3」(CECH-2000A) 発売から3週間で全世界実売台数100万台達成” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2009年9月24日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2009/090924a.html 2022年1月27日閲覧。 
  97. ^ 販売台数Wiiは900万台、PS3は400万台を突破! 気になるアレは大台達成!”. ファミ通.com. KADOKAWA Game Linkage (2009年12月16日). 2022年1月20日閲覧。
  98. ^ 『ファイナルファンタジーXIII』の初週販売本数は151万6532本!(エンターブレイン調べ)”. ファミ通.com. KADOKAWA Game Linkage (2009年12月21日). 2022年1月20日閲覧。
  99. ^ 2009年国内ゲーム市場規模は約5426億円、もっと売れたソフトは『ドラクエIX』”. ファミ通.com. KADOKAWA Game Linkage (2010年1月5日). 2022年1月20日閲覧。
  100. ^ 2009年度のゲーム市場規模は約5490億6000万円”. ファミ通.com. KADOKAWA Game Linkage (2010年3月31日). 2022年1月20日閲覧。
  101. ^ プレイステーション3の国内累計販売台数が500万台を突破”. ファミ通.com. KADOKAWA Game Linkage (2010年4月13日). 2022年1月20日閲覧。
  102. ^ 2010年国内家庭用ゲーム市場規模は約4936億円―もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』に”. ファミ通.com. KADOKAWA Game Linkage (2011年1月5日). 2014年10月17日閲覧。
  103. ^ “「プレイステーション 3」全世界累計売上5000万台を達成「プレイステーション 3」(PS3®)専用PlayStation®Moveモーションコントローラ、全世界累計売上800万台を超え、PS3®プラットフォームの普及拡大を強力に推進” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2011年4月15日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2011/110415.html 2022年1月22日閲覧。 
  104. ^ 2011年国内ゲーム市場規模は約4543.8億円に――エンターブレインが発表”. ファミ通.com. KADOKAWA Game Linkage (2012年1月5日). 2014年10月17日閲覧。
  105. ^ “「プレイステーション 3」全世界累計売上7000万台を達成 ~PS3®専用PlayStation®Moveモーションコントローラ、全世界累計売上1,500万台を達成、 ネットワークサービス、周辺機器、ソフトウェアの充実により今後もPS3®プラットフォームの 普及拡大を強力に推進~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2012年11月16日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2012/121116.html 2022年1月22日閲覧。 
  106. ^ 2012年国内家庭用ゲーム市場規模は昨年対比98.9%の4491.9億円 ソフト販売本数トップは『ポケットモンスターブラック2・ホワイト2』”. ファミ通.com. KADOKAWA Game Linkage (2013年1月7日). 2014年10月17日閲覧。
  107. ^ “「プレイステーション 3」全世界累計売上8000万台を達成 ~「グランツーリスモ 6」をはじめ、年末商戦に向けさらに充実する世界累計300本以上のソフトウェアタイトルとともに、今後もプラットフォームを普及拡大~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2013年11月6日), https://www.sie.com/jp/corporate/release/2013/131106.html 2022年1月20日閲覧。 
  108. ^ 2013年国内ゲーム市場規模は4089.7億円に ソフトは『ポケットモンスター X・Y』がトップ”. ファミ通.com. KADOKAWA Game Linkage (2014年1月7日). 2022年1月20日閲覧。