平井一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひらい かずお
平井 一夫
Kazuo Hirai, Sony President - Mobile World Congress 2013 in Barcelona.jpg
生誕 (1960-12-22) 1960年12月22日(59歳)
日本の旗 日本 東京都杉並区
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
出身校 国際基督教大学教養学部社会科学科
職業 実業家
活動期間 1984年 -
団体 ソニーグループ
肩書き ソニー株式会社シニアアドバイザー
任期 2019年 -
配偶者 既婚(1989年 - )
受賞 第66回テクノロジー&エンジニアリング・エミー賞特別功労賞(2015年

平井 一夫(ひらい かずお、1960年昭和35年〉12月22日 - )は、日本実業家ソニー株式会社シニアアドバイザー東京都杉並区出身[1]

経歴[編集]

1960年12月22日銀行員父親の長男として東京都杉並区で生まれる[2][3]1967年日本小学校入学するが、父親の海外赴任に伴い1学期終了後にアメリカニューヨーク転居[3]1971年、小学五年生のときに帰国[1][4]1973年カナダトロントに転居[1]1975年に帰国し、東京都調布市アメリカンスクール・イン・ジャパンに入学[1]1977年にアメリカ・サンフランシスコシリコンバレーに転居[1]1978年に親戚宅に単身で帰国し、アメリカンスクール・イン・ジャパンに復学[3]1979年国際基督教大学教養学部社会科学科に入学[5]

1984年に大学を卒業CBS・ソニーに入社し、洋楽部門に配属される[4]1994年ソニー・ミュージックエンタテインメントニューヨークオフィス出向1995年丸山茂雄に頼まれソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカ(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメントアメリカ)にてPlayStation北米発売業務に参加[4][6]1996年にソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカ(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメントアメリカ)エグゼクティブ・バイス・プレジデントに就任、1999年社長に就任。

2000年ソニー・ミュージックエンタテインメント(初代法人)からソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカ(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメントアメリカ)に完全移籍[7]。その後、久夛良木健からの要請とハワード・ストリンガーからの後押しもあり、2006年にソニー・コンピュータエンタテインメント(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメント代表取締役社長に就任[7]

2009年からはソニー執行役 エグゼクティブ・バイス・プレジデントを兼任する形となり、ネットワークプロダクツ&サービスグループ担当としてソニーグループ全体のネットワーク商品事業を統括する。2011年代表執行役副社長に就任、ネットワークプロダクツ&サービス英語版グループ担当としてネットワーク関連を含め家電事業全般を統括する。2012年にはハワード・ストリンガーの後任として代表執行役社長兼CEOに就任した。

2018年に代表執行役社長兼CEOを退任し、会長に就任。2019年に会長を退任し、シニアアドバイザーとなる。

人物[編集]

北米での居住歴が長かった為に流暢な英語を話す[4][6]E3などの場では英語プレゼンテーションしていたソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカ(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメントアメリカ)在籍時の印象を強く持たれていたことから、記者に「日本語も話せるんですね」と言われ苦笑した事があったという[6]

幼少期から海外日本を往復する生活をしており、その反動からか「日本の大学に行き、日本の会社に行き、日本人として歩みたい」との思いを抱いていており、高校1年生のときに国際基督教大学への進学を決意[8]。高校3年生のときに日本の親戚宅に単身で帰国し、アメリカンスクール・イン・ジャパンへの復学を経て国際基督教大学に進学した[3]

久夛良木健が「PS3ゲーム機ではない」と述べたのに対し[9]、平井はゲーム機だと明言[10]。後に「ノンゲームにも注力する」としている。また、久夛良木が世界各地の支社に自ら指示していたのに対し、平井は各自の独立性を高める方向性を打ち出している[11]

ハワード・ストリンガーは、平井のソニー・コンピュータエンタテインメント(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメントCEO就任時に「北米での経験と手腕を活かし、SCEをさらに発展させ、新たな次元へと導くと確信する」と述べた。副社長昇格時から次期社長の最有力候補の一人と目され[12]2011年4月PlayStation Network個人情報流出事件の影響が指摘されたものの[13]2012年4月1日より代表執行役社長兼CEOに就任した。

世界各国では「Kaz」の通称がある[14]PlayStationの父と呼ばれる久夛良木健の後任だけに、比較されることが多い[要出典]ゲームをするのは1週間に4、5時間である[15]

ソニービルの閉館イベント「It's a Sony展」では、中学生の時にスカイセンサーBCL受信に熱中していたことを明かした[16]。また自転車カメラ鉄道模型ラジコンと多趣味で、カメラは自社製品「α」の他に、ニコン愛用している。

2009年度の平井の執行役時代の役員報酬は1億5100万円[17]。社長就任後の2013年の役員報酬はフリンジ・ベネフィット含め2億180万円、2014年の役員報酬は3億5920万円、フリンジ・ベネフィット他で1100万円であった[18]

履歴[編集]

学歴・職歴[編集]

  • 1979年(昭和54年) - アメリカンスクール・イン・ジャパン卒業。
  • 1984年(昭和59年)3月 - 国際基督教大学教養学部社会科学科卒業[5]
  • 1984年(昭和59年)4月 - 株式会社シービーエス・ソニー入社[19]
  • 1994年(平成6年) - ソニー・ミュージックエンタテインメント・インク出向 ニューヨークオフィス所属[3]
  • 1995年(平成7年)8月 - ソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカ・インク(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメントアメリカLLC)出向[5]
  • 1996年(平成8年)7月 - ソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカ・インク(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメントアメリカLLC)エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼COO[19]
  • 1997年(平成9年)10月 - 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現・株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント執行役員[20]
  • 1999年(平成11年)4月 - ソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカ・インク(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメントアメリカLLC)社長兼COO[19]
  • 2003年(平成15年)4月 - 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現・株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)コーポレート・エグゼクティブ兼COO[21]
  • 2003年(平成15年)8月 - ソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカ・インク(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメントアメリカLLC)社長兼CEO[19]
  • 2004年(平成16年)4月 - 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現・株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)コーポレート・エグゼクティブ[22]
  • 2006年(平成18年)7月 - 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現・株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)コーポレート・エグゼクティブ グループEVP[23]
  • 2006年(平成18年)12月 - ソニー株式会社 グループ・エグゼクティブ[24]
  • 2006年(平成18年)12月 - 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現・株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)代表取締役社長兼グループCOO[25]
  • 2006年(平成18年)12月 - ソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカ・インク(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメントアメリカLLC)会長[19]
  • 2007年(平成19年)6月 - 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現・株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)代表取締役社長兼グループCEO[26]
  • 2007年(平成19年)6月 - ソニー株式会社 グループ役員[27]
  • 2008年(平成20年)3月 - 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現・株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)代表取締役社長兼グループCEO兼SCEワールドワイド・スタジオプレジデント[28]
  • 2008年(平成20年)5月 - 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現・株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)代表取締役社長兼グループCEO[29]
  • 2009年(平成21年)4月 - ソニー株式会社執行役 エグゼクティブ・バイス・プレジデント ネットワークプロダクツ&サービス英語版グループ担当[30]
  • 2011年(平成23年)4月 - ソニー株式会社代表執行役副社長 コンスーマープロダクツ&サービス英語版グループ担当[31]
  • 2011年(平成23年)9月 - 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現・株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)代表取締役会長[32]
  • 2012年(平成24年)4月 - ソニー株式会社代表執行役社長兼CEO[33]
  • 2012年(平成24年)6月 - 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現・株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)非常勤取締役[34]
  • 2012年(平成24年)6月 - ソニー株式会社取締役兼代表執行役社長兼CEO[35]
  • 2014年(平成26年)6月 - 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント非常勤取締役[36]
  • 2016年(平成28年)4月 - ソニー・インタラクティブエンタテインメントLLC設立 非常勤取締役[37]
  • 2018年(平成30年)4月 - ソニー株式会社取締役会長[38]
  • 2019年(令和元年)6月 - ソニー株式会社シニアアドバイザー(現任)[39]

受賞・栄誉[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 平井 一夫”. 日経ビジネス電子版. 日経BP. 2019年12月20日閲覧。
  2. ^ 今日は何の日? 平井一夫氏の誕生日(1960)”. 週刊アスキー. 角川アスキー総合研究所 (2013年12月22日). 2019年12月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e 佐伯真也「ソニー 平井一夫会長 #1「傍流」だからこそ強い」『日経ビジネス電子版』、日経BP、2019年1月11日、2019年12月20日閲覧。
  4. ^ a b c d 本田雅一 (2019-08-10). “ソニー シニアアドバイザー 平井一夫 想定通りに進まなかった波瀾万丈の半生記”. 週刊東洋経済プラス (東洋経済新報社). https://premium.toyokeizai.net/articles/-/21211 2019年12月20日閲覧。. 
  5. ^ a b c 平井一夫 (2016年12月12日). 卒業生の声 平井 一夫. (インタビュー). Global ICU, 国際基督教大学.. https://www.icu.ac.jp/globalicu/interviews/global-alumni/kazuo-hirai.html 2019年12月20日閲覧。 
  6. ^ a b c 平井一夫 (2007年7月26日). 本田雅一の「週刊モバイル通信」 ■ 第386回 ■ SCE 平井一夫CEOインタビュー 「PS3はまず国内500万台を目指す」. インタビュアー:本田雅一. PC Watch, インプレス.. https://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0726/mobile386.htm 2019年12月20日閲覧。 
  7. ^ a b 平井一夫 (2007年10月). 平井一夫 ICUでの最大の発見は「自分は何も分かってない」ということ. (インタビュー). ICU Web Campus, 国際基督教大学.. オリジナルの2008-08-02時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080802043135/http://subsite.icu.ac.jp/prc/webcampus/career/graduates_01.html 2019年12月20日閲覧。 
  8. ^ 平井一夫 (2009年2月2日). 今を輝く同窓生たち 第13回 平井 一夫 ソニー・コンピュータエンタテインメント代表取締役兼グループCEO. インタビュアー:斎藤顕一. 渡辺真理. 国際基督教大学同窓会.. https://www.icualumni.com/interview/guest014 2019年11月18日閲覧。 
  9. ^ 加藤健介「PS3はゲーム機じゃないという!」『All About 趣味』2005年10月31日、2019年12月20日閲覧。
  10. ^ 平井一夫 (2007年9月3日). ソニー・コンピュータエンタテインメント 平井一夫社長兼グループCEOインタビュー 価格付けは重要だが、楽しんで貰えるプラットフォームにすることが先決. (インタビュー). GAME Watch, インプレス.. https://game.watch.impress.co.jp/docs/20070903/scej.htm 2019年12月20日閲覧。 
  11. ^ 平井一夫 (2007年7月16日). Engadgetインタビュー:SCEグループCEO 平井一夫・SCEAジャック・トレットン (後編). インタビュアー:Ittousai. Engadget 日本版, Verizon Media Japan KK... https://japanese.engadget.com/2007/07/15/sce-kaz-tretton-interview-2/ 2019年12月20日閲覧。 
  12. ^ “ソニー、平井氏が副社長に昇格 次期トップの最有力候補に”. 47NEWS (Press Net Japan Co.,Ltd.). (2011年3月10日). オリジナルの2011年4月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110427224722/https://www.47news.jp/CN/201103/CN2011031001000438.html 2019年12月20日閲覧。 
  13. ^ “【PS3情報流出】ソニー、賠償2兆円超える可能性も 次期トップ争いに大きな影響+(1/3ページ)”. MSN産経ニュース. 産経新聞社 (マイクロソフト). (2011年4月28日). オリジナルの2011年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111015011607/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110428/biz11042821200074-n1.htm 2019年12月20日閲覧。 
  14. ^ Brent Lang (2017年5月15日). “Sony Chief Kaz Hirai Says Film Studio Isn't for Sale” (英語). Variety. http://variety.com/2017/film/news/sony-sale-kaz-hirai-1202427699/ 2018年1月13日閲覧。 
  15. ^ 平井一夫 (2007年9月3日). SCE社長 平井一夫氏インタビュー: プレイステーション 3はまだまだ発展途上の前の段階、必ず大きく飛躍できる (3/3). インタビュアー:平澤寿康. ねとらぼ, ITmedia.. https://nlab.itmedia.co.jp/games/articles/0709/03/news003_3.html 2019年12月20日閲覧。 
  16. ^ “ソニーファン必見! 歴代製品約730点を振り返る 銀座でIt's a Sony展開催 平井社長自身のお気に入りスカイセンサーも展示”. 日経トレンディ (日経BP). (2016年11月16日). オリジナルの2019年6月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190618130858/https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/111400654/?P=2 2019年12月20日閲覧。 
  17. ^ 上野英治郎 (2010年6月28日). “日本調剤の三津原社長4.77億円、日本人で最高-役員報酬一覧”. Bloomberg. https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2010-06-28/L4PG6Z07SXKX01 2019年12月20日閲覧。 
  18. ^ ソニー平井社長、電機ひとり負けと追加人員削減でも報酬額突出 社内外から批判続出」『Business Journal』、サイゾー、2014年7月1日、2019年12月20日閲覧。
  19. ^ a b c d e “2008年度 有価証券報告書” (PDF) (プレスリリース), ソニー株式会社, (2009年6月19日), https://www.sony.co.jp/SonyInfo/IR/library/h20_q4.pdf 2019年12月20日閲覧。 
  20. ^ “役員異動および組織変更のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント, (1997年10月22日), https://www.sie.com/content/dam/corporate/jp/corporate/release/pdf/971022.pdf 2019年12月20日閲覧。 
  21. ^ “役員人事のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2003年4月1日), https://www.sie.com/content/dam/corporate/jp/corporate/release/pdf/030401a.pdf 2019年12月20日閲覧。 
  22. ^ “コーポレート・エグゼクティブ人事のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2004年4月1日), https://www.sie.com/content/dam/corporate/jp/corporate/release/pdf/040401a.pdf 2019年12月20日閲覧。 
  23. ^ “コーポレート・エグゼクティブ人事のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2006年7月3日), https://www.sie.com/content/dam/corporate/jp/corporate/release/pdf/060703.pdf 2019年12月20日閲覧。 
  24. ^ “人事・機構改革” (プレスリリース), ソニー株式会社, (2006年12月26日), https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/200612/06-116/ 2020年8月18日閲覧。 
  25. ^ “役員人事のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2006年11月30日), https://www.sie.com/content/dam/corporate/jp/corporate/release/pdf/061130a.pdf 2019年12月20日閲覧。 
  26. ^ “役員人事のお知らせ” (プレスリリース), 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2007年4月26日), https://www.sie.com/corporate/release/2007/070426.html 2019年12月20日閲覧。 
  27. ^ “取締役および執行役 選任について” (プレスリリース), ソニー株式会社, (2007年6月21日), https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/200706/07-061/ 2020年8月18日閲覧。 
  28. ^ “SCEワールドワイド・スタジオ 人事のお知らせ” (プレスリリース), 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2008年2月25日), https://www.sie.com/corporate/release/2008/080225.html 2019年12月20日閲覧。 
  29. ^ “SCEワールドワイド・スタジオ 人事異動のお知らせ” (プレスリリース), 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2008年5月16日), https://www.sie.com/corporate/release/2008/080516.html 2019年12月20日閲覧。 
  30. ^ “役員人事および人事機構改革” (プレスリリース), ソニー株式会社, (2009年3月31日), https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/200903/09-041/ 2019年12月20日閲覧。 
  31. ^ “役員人事、人事および機構改革” (プレスリリース), ソニー株式会社, (2011年3月31日), https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201103/11-040/ 2019年12月20日閲覧。 
  32. ^ “ソニー・コンピュータエンタテインメントの新たな経営体制について” (プレスリリース), ソニー株式会社, (2011年6月29日), https://www.sie.com/corporate/release/2011/110629.html 2019年12月20日閲覧。 
  33. ^ “ソニー、新経営体制の発足 ~“One Sony”でエレクトロニクスの再生、成長、そして魅力的な顧客体験の実現をめざす~” (プレスリリース), ソニー株式会社, (2012年3月27日), https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201203/12-043/ 2019年12月20日閲覧。 
  34. ^ “役員人事のお知らせ” (プレスリリース), 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2012年6月25日), https://www.sie.com/corporate/release/2012/120625.html 2019年12月20日閲覧。 
  35. ^ “ソニー株式会社 役員人事” (プレスリリース), ソニー株式会社, (2012年6月27日), https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201206/12-086/ 2019年12月20日閲覧。 
  36. ^ “役員人事について” (プレスリリース), 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント, (2014年6月25日), https://www.sme.co.jp/s/SME/pressrelease/detail/INFO00039 2019年12月20日閲覧。 
  37. ^ “「ソニー・インタラクティブエンタテインメントLLC」 設立のお知らせ” (プレスリリース), 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2016年1月26日), https://www.sie.com/corporate/release/2016/160126a.html 2019年12月20日閲覧。 
  38. ^ “ソニー株式会社 2018年4月1日付 役員人事” (プレスリリース), ソニー株式会社, (2019年2月2日), https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201802/18-015/ 2019年12月20日閲覧。 
  39. ^ “ソニー株式会社 取締役候補の選任について” (プレスリリース), ソニー株式会社, (2019年3月28日), https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201903/19-029/ 2019年12月20日閲覧。 

外部リンク[編集]

ビジネス
先代:
ハワード・ストリンガー2005年 - 2012年
ソニー会長
2018年 - 2019年
次代:
吉田憲一郎2020年 - )
先代:
ハワード・ストリンガー
ソニー社長
2012年 - 2018年
次代:
吉田憲一郎
先代:
佐藤明
ソニー・コンピュータエンタテインメント(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメント会長
2011年 - 2012年
次代:
アンドリュー・ハウス2017年 - 2018年
先代:
久夛良木健
ソニー・コンピュータエンタテインメント(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメント社長
2006年 - 2011年
次代:
アンドリュー・ハウス
先代:
フィル・ハリソン
SCEワールドワイド・スタジオ(現・SIEワールドワイド・スタジオ)プレジデント
2008年
次代:
吉田修平
先代:
マーティン・ホムリッシュ
ソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカ(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメントアメリカ)社長
1999年 - 2006年
次代:
ジャック・トレットン英語版