ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ株式会社
Sony Olympus Medical Solutions Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
192-0904
東京都八王子市子安町四丁目7-1
設立 2013年平成25年)4月16日
業種 精密機器
事業内容 医療機器の製造販売
代表者 津末 陽一(代表取締役社長)
資本金 5,000万円
従業員数 約140名(2016年1月現在)
決算期 3月31日
主要株主 ソニー51%
オリンパス49%
外部リンク http://www.sony-olympus-medical.com/
テンプレートを表示

ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ株式会社は、東京都八王子市に本社を置く医療機器の製造メーカー。

ソニーオリンパス合弁企業で、出資比率はソニーが51%を握るが、開発や販売ではノウハウを生かしオリンパスが主導、本社もオリンパス技術開発センターに近接した八王子市に置く。

概要[編集]

ソニーが開発している4K解像度技術、3次元技術を採用した高解像度新型外科用内視鏡とそのモニターなど関連商品、医療画像の配信等の統合ソリューション事業を大きな戦略とする方針[1]

オリンパスの医療事業で展開してきた外科用内視鏡関連製品も、引き続き事業を継続する。

ソニーは医療分野で、2020年までに2000億円の売上を上げることを目標とした。社長は、ソニーメディカル事業ユニット副本部長も歴任し、ソニー業務執行役員SVPの勝本徹が就任[2]

年表[編集]

  • 2012年(平成24年)9月:ソニーとオリンパスで設立に向けた合意
  • 2013年(平成25年)4月16日:設立

脚注[編集]

  1. ^ ソニーとオリンパス、医療合弁会社の目算 2013年4月17日 東洋経済オンライン
  2. ^ ソニー・オリンパスが共同出資会社 提携まず医療で 2013年4月16日 日本経済新聞

外部リンク[編集]