ソニービジネスソリューション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソニービジネスソリューション株式会社
Sony Business Solutions Corporation
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
108-0074
東京都港区港南1-7-1
設立 1989年12月16日
法人番号 9010401044198
代表者 宮島 和雄 (代表取締役)
資本金 1億円
従業員数 約900名
主要株主 ソニー株式会社(100%)
外部リンク http://www.sonybsc.com/
テンプレートを表示

ソニービジネスソリューション (Sony Business Solutions Corporation : SBSC)の主な事業内容:放送用・業務用製品に関するソリューションサービス事業(コンサルティング、ハードウェア・ソフトウェア開発、販売、施工および保守サービス事業) コーポレートスローガン: Value Co-Creation

主なソリューション[編集]

  • デジタルサイネージ
  • 高品質ビデオ会議システム
  • 番組自動送出システム
  • 遠隔講義ソリューション
  • FeliCa PKI Option
  • アナログカメラ/IPカメラ統合管理ソリューション Argonet
  • IPビデオモニタリングソリューション
  • 遠隔集中監視ソリューション
  • データストレージソリューション
  • インフォメーションライフサイクルマネジメントシステム (ILM)
  • 各種業務用AVシステム

事業所(テック等)一覧[編集]

※2010.4.1組織改編により名称変更

取得許可[編集]

  • 届出電気通信事業
  • 特定建設業(電気工事業、電気通信工事業)
  • 電気工事業者
  • 高度管理医療機器等販売業・賃貸業許可
  • 医療用具専業修理業許可
  • 特定労働者派遣事業

社史[編集]

伊藤忠テクノサイエンス株式会社(現 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)との合弁により、法人向けAV/ITソリューションを提供する企業として事業を開始

  • 2007年 3月 ソニーグループが100%出資
  • 2009年 4月 ソニーマーケティング株式会社より放送局等向け保守サービス業務を承継
  • 2009年 9月 ソニー株式会社より法人向けISP事業「bit-drive」を承継
  • 2010年 4月 ソニービジネスソリューション株式会社へ商号変更

内部リンク(Wikipedia)[編集]

関連項目[編集]

  • 鹿島アントラーズ - サプライヤー
  • 横浜F・マリノス - 2015年より、デジタルコンテンツアーカイブパートナー
  • 福岡ソフトバンクホークス - オフィシャルスポンサー
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス - オフィシャルスポンサー
  • デンカビッグスワンスタジアム - 2014年より大型映像装置、送出スタジオなどを手掛けている
  • レベルファイブスタジアム - 大型映像装置を手がけている。
  • 横浜スタジアム - 2013年よりスコアボードなどの大型映像装置を手がけている。
  • 正田醤油スタジアム群馬 - 2014年より大型映像装置を手がけている。

外部リンク[編集]