ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソニー > ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ
ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ株式会社
Sony Home Entertainment & Sound Products Inc.
Sony logo.svg
Nbf osaki building 2014.jpg
本社が入るNBF大崎ビル
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
141-0032
東京都品川区大崎2-10-1
NBF大崎ビル
設立 2019年平成31年)4月1日
法人番号 9010701029477
事業内容 テレビ、ビデオ&サウンド及びその周辺機器の設計・開発または製造事業、及びこれに関連・附帯する一切の事業
代表者 高木一郎
代表取締役社長
資本金 1億1,000万円(2019年4月)
売上高 5435億4700万円(2019年03月31日時点)[1]
営業利益 219億2000万円(2019年03月31日時点)[1]
経常利益 217億2700万円(2019年03月31日時点)[1]
純利益 169億5800万円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 203億4900万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 1512億3200万円(2019年03月31日時点)[1]
決算期 3月31日
主要株主 ソニー 100%
外部リンク www.sony-hes.co.jp
テンプレートを表示

ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ株式会社: Sony Home Entertainment & Sound Products Inc.)は、 テレビ(ブラビア)、ビデオ&サウンド機器ウォークマンなど)及びその周辺機器の開発、製造、販売などを行うソニーグループ企業

概要[編集]

2019年4月1日、テレビ受像機、ならびにテレビ周辺機器の開発、製造など行っていたソニービジュアルプロダクツとビデオ&サウンド機器の開発、製造などを行っていたソニービデオ&サウンドプロダクツが統合し発足したソニーグループの企業。オーディオ・ビジュアル領域における高付加価値戦略を一層推し進め、将来に向けた新しい顧客価値の創出と、中長期的な成長を目指すとしている。

沿革[編集]

  • 2014年7月1日、ソニービジュアルプロダクツ設立。
  • 2015年10月1日、ソニービデオ&サウンドプロダクツ設立。
  • 2019年1月22日、ソニービジュアルプロダクツとソニービデオ&サウンドプロダクツが統合しソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツが発足することを発表[2]
  • 2019年4月1日、ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ発足。

製品[編集]

テレビ
ポータブルオーディオプレイヤー
ヘッドフォン
スピーカー
レコーダー
オーディオ・ビジュアル

ほか

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ株式会社 平成30年度決算公告
  2. ^ ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ株式会社 発足のお知らせ-Sony Japanニュースリリース

 

外部リンク[編集]