ゲートキーパー問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ゲートキーパー問題(ゲートキーパーもんだい)とは、ソニー社内から複数のサイトにおいて、自社製品を絶賛、他社製品を貶める書き込みが発見された問題[1]

概要[編集]

ソニー社内から2ちゃんねるなど複数のブログインターネット掲示板などにおいて任天堂などの他社製品を中傷し、自社製品を宣伝、VAIOなど自社製品で不具合を起こしたユーザーに対して攻撃的な書き込みが行われていたことが見つかる。これをきっかけに多くのブロガーらが自身のサイトでドメイン検索を行ったところ、2000年頃から少人数ではとても行えない規模でステルスマーケティングや世論操作と思われる同様の書き込みがあったことが発覚した[2]

本件に関してソニーは、コメントは控えるとしている[2]

「ゲートキーパー」はソニー本社のホスト名gatekeeper??.Sony.CO.JP[注 1]に由来しており、2ちゃんねるといったインターネット掲示板などを通じて広まった。略して「GK」と称されることもある[3][1]

ソニーによるステルスマーケティングのその他の例はソニー#ステルスマーケティングを参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ??には数字が入る

出典[編集]

  1. ^ a b ゲートキーパー【gatekeeper】(GK)”. IT用語辞典 e-Words. インセプト. 2011年10月10日閲覧。
  2. ^ a b “掲示板に「援交書き込み」 「ソニーから」判明、失笑買う”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2007年4月4日). http://www.j-cast.com/2007/04/04006633.html?p=all 2015年4月23日閲覧。 
  3. ^ “妊娠、GK、痴漢なにそれ? 全部ゲーム用語!”. livedoorニュース. ゲーム×コンボ (ライブドア). (2009年4月11日). http://news.livedoor.com/article/detail/4105629/ 2010年6月8日閲覧。 

関連項目[編集]